WORKING!!!第11話「愛と追憶のなにか」の感想 「佐藤八千代がカップルになったと思ったら小鳥遊が迷走を始めた」

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

 

ようやく佐藤が八千代に告白しました。

第1期シリーズから視聴していたので

こっちも感無量です。

 

あのヘタレの佐藤が

告白できるまで成長したとは。

 

まあ周りの後押しがあったことと

八千代も満更でなかったからですけどね。

 

ただ問題なのは八千代と店長の距離。

 

店長は店長で

八千代の自立を促すために

距離を取ろうとしますが、

それが八千代をおかしくしてしまいます。

 

仕方なく佐藤が間に入って

元に戻しますけど、

それで良かったのか佐藤と

思わずにはいられません。

絶対胃に穴あくぞ。

 

スポンサーリンク

小鳥遊が迷走を始める

 

さて佐藤と八千代がくっついたことで、

店長がワグナリア内の恋愛を解禁します。

 

どうやら店長は

小鳥遊と伊波のことを気付いていた様子。

伊波が作ったパフェを食べて

それで伊波の気持ちを知ったのかもしれません。

前回明らかになった通り、

店長はパフェを食べることによって

そのパフェを作った人の気持ちが分かるという

チートスキルを持っているので。

 

でもこのチートスキル、

たいして役に立たなそうですけどね。

パフェ作る人なんて限られているし。

 

さあ障害が一つなくなりました。

さらに佐藤と八千代がくっついたことで

今なら勢いだけで上手く行く可能性大。

でもここで素直になればいいのに

なぜか小鳥遊が迷走。

伊波との関係を見直すため

なぜかことりちゃんの姿に。

 

さすがのぽぷらも引いています。

ことりちゃん大好きだったのに。

 

スポンサーリンク

お泊りで視聴者のニヤニヤが止まらない

 

小鳥遊迷走し過ぎ。

さっさとこっちもくっつけよ。

 

八千代の告白して

胃痛に悩む佐藤は

2週間もバイト休むことに。

 

さすがに心配になった八千代が

佐藤の部屋を訪問。

もうニヤニヤが止まりません。

 

楽しい時間を過ごすうちに終電になり、

八千代はお泊り。

 

でもやっぱり手を出せない佐藤は

ヘタレであり紳士だと思います。

だからこそ人気があるんでしょうね佐藤は。

 

まあお泊りして手を出さない紳士なんて

現実世界ではまずいません。

終電無くなっちゃったというのは

女性側からのある意味サイン。

これがわからないとその時点で

三下り半となるはずですから。

 

 

次回のタイトルは

「ワーキング・ガール?」

 

もしかしてこれは

ことりちゃんのことを指しているのでしょうか?

そうすると次回も小鳥遊はことりちゃんのままか。

もう伊波に何か起こらないと

この状態を打破できないかもしれませんね。

 

例えば伊波の方も男装するとか。

まあ以前やろうとして

失敗したけど。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・やっと1組くっついた

・ワグナリアで恋愛解禁

・ことりちゃん再登場