デビルズライン第1話「ダークサイド」の感想 「吸血鬼殺人の容疑者は近くに」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

去年のキャスト発表以降、

原作読んでアニメの放送開始を

ずっと待っていたこの作品。

 

ようやく放送が始まりました。

 

1話視聴した感想は「ゆっくり」。

 

昨今のアニメは

とかく端折るのが当たり前なのに

本作はこんなにゆっくりで

いいのかと思うくらいゆっくりです。

 

これは賛否両論あるでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

電車の中で見られてる

 

つかさは大学の同級生である

ミワコと秋村一緒に電車に乗っていますが、

誰かの視線を感じます。

 

デビルズライン第1話より引用

 

 

 

明らかに顔色が悪い男。

こんな男に見られていたら

気味が悪いですわ。

 

特に昨今は

吸血鬼殺人と呼ばれる

猟奇殺人が世間を賑わせていますから

余計に。

 

 

大学の講義前、

友人たちは色恋沙汰のお話。

浮いた話がないつかさ。

可愛いのに勿体ない。

というか、

ミワコがガードして

他の男が近寄れないんじゃないの?

1人を除いて。

 

そしてやってくるその例外。

つかさの隣に座る秋村。

 

デビルズライン第1話より引用

 

見るからに人畜無害そうな雰囲気を

漂わすこの男。

完全につかさを狙ってますわ。

 

でもどうやらつかさは

秋村の告白を一回断ったみたいですね。

 

友人としてならいいけど、

恋人はちょっと違う感じって

ところでしょうか。

 

確かに若い頃は

人畜無害タイプは

つまらなさそうって感じるでしょうからね。

 

どうせ恋するなら

少し危険な香りがする男がいい。

 

例えば電車の中で

つかさを見ていたあの顔色の悪い男とか。

 

 

スポンサーリンク

秋村の正体は?

 

再び発生した吸血鬼殺人。

今度は初動が良かったのか

警察は犯人を追跡しているようです。

 

オレンジ色に光る眼、

そして長い牙。

 

どうみても人間じゃありません。

 

警察は特殊事案として

公安5課を投入します。

 

犯人と対峙する公安5課のジル。

 

ここからはアクションシーン。

もう動く動く・・・というよりは

コマ送りを早くしているような演出。

 

この手の演出は最近あんまり

見なかったかも。

 

最後はスライディングキックで

エンド。

 

ジル強いわ。

でも犯人がかなり血を吐き出しているけど

警察があそこまで

犯人痛めつけていいのでしょうかねえ。

 

まあ特殊事案だから

許容範囲なのかもしれませんが。

 

 

一方その頃、

つかさは秋村と二人きりで

帰宅中。

でもそこにあの顔色が悪い男が。

 

つかさの手を引っ張り

走る秋村。

 

そして人目のないところへ。

おいおい、

こういう時は人ごみに

紛れるか、

警察に行くのが一番だろうが。

 

もしかして

この機に乗じて既成事実作る気か?

 

でも寸でのところでヘタる秋村。

 

これで終了と思ったら、

「よう吸血鬼」と

あの顔色の悪い男が

つかさと秋村の間に。

 

実はこの顔色の悪い男、

公安5課の刑事だったのです。

 

安斎というこの刑事は、

秋村が吸血鬼殺人の容疑者であることを

つかさの前で暴露します。

 

それを認めない秋村。

そりゃあそうです。

好きな子の前で殺人の容疑者、

それも強姦致傷のと言われたら

パニくりますわ。

 

でもDNAの型も一致しているようで

否認しても無駄。

 

そしてダメ押しに自分の指を切り、

血を秋村に見せる安斎。

 

血を見た秋村の目は

オレンジ色に。

 

おいおい、

これってある意味

プライバシー侵害だろ。

人の知られたくない事実を暴露されたのだから。

 

公安5課って

超法規的措置が認められているのでしょうかね?

 

 

最後は睡眠剤で

秋村を眠らせた安斎。

 

ショックのためか、

それとも安斎に突き飛ばされて

足を怪我したためか、

歩けないつかさを

背負って家まで送る安斎。

 

結構いい奴じゃん・・・じゃね~よ。

犯人(秋村)をほっぽりだして

行くなよw

 

 

スポンサーリンク

最後はキス

つかさをマンションまで

送ってきた安斎。

 

しかしつかさの口元についた

血を見た瞬間、

安斎の眼もオレンジ色に。

 

そう安斎も吸血鬼、

いや鬼だったのです。

 

衝動を抑えきれず、

つかさにキスする安斎。

 

デビルズライン第1話より引用

 

それも舌を入れての

ディープキスって・・・。

 

ここで今回は終了です。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

前述したように

ストーリー展開がかなりゆっくりです。

まあ、あのキスシーンを

1話のラストに持ってくるために

敢えてスローペースにしたのかもしれませんが。

 

あと何気に風景だけのシーンを

多用しすぎな感じがします。

 

少しならそれほど気になりませんが

結構多かったの気になりました。

 

もしかして制作の状況が

ギリギリなんでしょうかねえ。

 

作画的にどうよ?

ってところもありましたし。

 

それと声優さんについて。

やっぱり上手い人ばかりなので

演技は安心して聞けました。

 

よくこれだけの声優さんを

キャスティングできたなと思いますわ。

 

特に第1話でいいと思ったのは

秋村役の下野さん。

優しい声なので秋村の2面性をどこまで

表現できるかな?と思ってましたが

流石プロって感じですわ。

 

 

 

さて、

次回以降まだまだつかさに

災難が振り掛かりますが

どのようにアニメで表現するのでしょうか?

 

次回も楽しみです。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

  • 顔色の悪い男に見られてる
  • 吸血鬼殺人の犯人は身近にいた
  • いきなりのディープキス