『銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE』第1話「永遠の夜の中で」の感想 「各個撃破で完全勝利目前のはずが・・・」

感想(ネタバレあり)

いよいよ放送が開始となった

新銀河英雄伝説。

ストーリー的には旧OVA版と

さほど変わりませんが、

今回の新銀英伝は原作に

より忠実に描かれているようです。

では第1話はどのような感じだったのでしょうか?

スポンサーリンク

包囲されたのではなく確固撃破する好機

ゴールデンバウム朝銀河帝国、

自由惑星同盟、

そしてフェザーン自治領。

この3つの勢力が拮抗した世界。

ってもうすでにここからおかしい。

帝国と同盟はともかく、

フェザーンの国力考えても

同列に並べるのはどうかと。

それに形式的にはフェザーンは

帝国の自治領ですし。

私のような原作ファンの多くは

ここでツッコミを入れたではないでしょうか?

さてそんな情勢の最中、

ローエングラム伯ラインハルトが率いる

帝国軍遠征艦隊は

同盟領である

アスターテ星域に進軍しています。

アスターテ星域にはすでに

敵である同盟軍が待ち構えており、

その数3個艦隊約4万隻。

これに対して帝国軍は2万隻あまり。

数では同盟軍が圧倒的に有利であり、

さらに同盟軍は数を生かして

帝国艦隊を

包囲殲滅しようとしているのです。

これは過去、

帝国軍が同盟軍に大敗を喫した

ダゴンの殲滅戦と同じ形。

銀河英雄伝説第1話より引用

それを踏まえて

ラインハルト旗下に配属されている提督たちは

ラインハルトに意見具申ためにやってきます。

ラインハルト自身、

提督たちがどういう意見具申をするか

だいたい予想できたいたと思います。

だって戦力で布陣の状態を考えれば

まず戦わず撤退すべきと考えるのが

普通ですから。

案の定、

口火を切ったシュターデン中将は

撤退すべきとラインハルトに具申します。

このまま戦端を開いても殲滅されるだけ。

だったら退却した方がマシ。

そして退却しても

その責任はすべて艦隊司令官が被るもの。

今回一時的に配属された自分には関係ない。

シュターデンはそこまで

考えているのかもしれません。

しかしラインハルトはこの進言を却下します。

なぜから、

現在の状況は包囲殲滅される危機ではなく、

各個撃破する好機と考えているから。

確かに同盟軍の方が数が多いです。

しかし包囲殲滅するため

艦隊毎に行動しており、

その数の優位を戦術面で使えない状態。

艦隊毎の連携が

取れていない状態、

つまり1個艦隊VS1個艦隊で

戦えば帝国軍の方が数が多いのです。

もちろん戦闘で何が起こるかわかりません。

今は分散していても、

戦闘が始まったら

同盟軍も作戦を変更して

一か所の戦力を糾合するかもしれませんから。

撤退案を却下された提督たちは

明らかに不満タラタラ。

でも指揮官である

ラインハルトの命令に背くだけの

度胸がある奴もいないようです。

所詮その程度の奴らということでしょう。

ファーレンハイト少将以外は

不満を抱えたまま帰っていきます。

第4艦隊撃破

3個艦隊4万隻の兵力で

帝国軍を包囲殲滅する。

これが同盟軍の基本戦略です。

帝国軍は

包囲殲滅を逃れるために

撤退するか、

一定の宙域に留まり守りを固めるはず。

用兵の常識から考えれば

そうするはずなのですが、

各個撃破を図る帝国軍は

まっすぐに同盟軍第4艦隊に攻撃を仕掛けます。

銀河英雄伝説第1話より引用

まだ戦闘に突入しないと考えていたため

全く戦う準備をしておらず、

帝国軍の妨害電波のために

思うように迎撃できません。

もう戦いは一方的。

妨害電波のためにデータリンクを潰され

シールドさえ張れない状態。

そのため次々に撃沈されていく

同盟軍の艦艇。

銀河英雄伝説第1話より引用

ラインハルトが意図した通り、

1個艦隊VS1個艦隊の戦い。

そして

正面からぶつかった以上、

数の勝負となります。

第4艦隊だけだと数で劣り、

それに加えて戦う準備ができてなかったのですから

すぐに決着がつきました。

第4艦隊は敗退。

銀河英雄伝説第1話より引用

第4艦隊旗艦レオニダスも

ご覧の通り、

宇宙を浮遊する鉄くずに。

当然生存者なんていません。

たぶん司令官たるパストーレ中将も・・・。

これにて第1戦目終了。

帝国軍の完勝です。

第6艦隊殲滅

当初の予定通りの行動を取る第6艦隊。

艦隊司令のムーア中将は呑気に飯を食っています。

銀河英雄伝説第1話より引用

そこに敵が意外な方向から現れたと

ムーア中将に報告するラップ少佐。

しかしムーア中将は

その情報を信用しません。

ムーア中将の予想では

帝国軍は第4艦隊と戦っているはず。

そんなに早く

こっちに来るはずがないと。

確かに一般的な戦いだったら、

敵を撃破後すぐに掃討戦に移り、

一隻でも多くの敵艦を撃破するのが常識です。

だからその常識から考えると

帝国軍がこっちに来るはずがない。

そういう結論になるのです。

でも帝国軍は

同盟軍の想定を超える行動を取って

第4艦隊と戦端を開いたのですから、

その常識とやらで予想すること自体

間違っているのですけどね。

帝国軍の砲火で

旗下の艦隊が大損害を受けて

ようやく本当に敵が来たことを

認識したムーア中将。

ここでラップ少佐は

混乱を避けるために

時計回りで艦隊を動かし、

敵の後背に付くべきだと具申しますが

ムーア中将はその具申を却下。

艦隊を反転させて

この宙域で戦おうとします。

しかしこんな戦闘宙域で

反転しようとすれば

混乱するだけ。

結局反転しようとして

さらに混乱した第6艦隊は

まともな反撃ができず、

旗艦以下多くの艦隊を失い

敗退しました。

ホント同盟軍の提督たちって無能揃いですわ。

調子に乗ってフラグ立てちゃった

第4、第6と

2つの艦隊を撃破した帝国軍。

後は第2艦隊を撃破すれば

ほぼパーフェクト勝利です。

艦数で言えば、

帝国軍遠征艦隊約2万隻に対し、

同盟軍第2艦隊は約15000隻。

正面からぶつかれば

当然数が多い帝国軍が負ける訳ありません。

だからこそラインハルトも

かなり余裕があるです。

銀河英雄伝説第1話より引用

しかしキルヒアイスは

まだ浮かない様子。

確かに帝国軍は勝ちつつある。

でもラインハルトのような天才が

同盟軍の中にいたら・・・。

そんなことあるはずはない。

そう言わんばかりにラインハルトは

軽口を叩きますが、

それ完全にフラグですから。

さて同盟軍第2艦隊は

旗艦パトロクロスが損傷し、

艦隊の指揮を次席幕僚のヤン准将が

取ることになります。

ヤンが艦隊に向けたスピーチを傍受し、

それを聞くラインハルトとキルヒアイス。

自分の命令に従えば負けないという

ヤンのスピーチを聞いたラインハルトは

それを大言壮語と評価。

そしてさっさと勝負を決めるために

陣形を再編させます。

ラインハルトが新たに取った陣形は

紡錘陣形。

艦隊を密集させて

敵艦隊の中央突破を図るのに

使われる陣形です。

紡錘陣形に再編された

帝国艦隊は同盟軍第2艦隊に突入します。

この攻撃により

中央突破が成功。

第2艦隊は二つに分断されます。

でもここでラインハルトは

嫌な予感が浮かびます。

そして・・・。

銀河英雄伝説第1話より引用

今回はここで終了です。

終わりに

第1話はここで終了。

アナウンスされていた通り、

原作準拠でしたね。

旧OVA版との違い(キャラデザなど以外)を簡単に列挙すると、

・同盟軍の各艦隊の数が均一ではなかった(旧OVA版では各艦隊1万3000隻ずつだった)

・フォーゲル中将にセリフがあった

・第4艦隊の旗艦レオニダスが艦橋付近が大破して漂っている描写があった

・ラップが戦死するシーンがなかった(ペルガモンが撃沈するシーンのみ)

・キルヒアイスが「エル・ファシルの英雄と呼ばれた男」と「ヤン・ウェンリー准将」というキーワードを連呼しなかった

・第2艦隊内の描写がほぼなかった

こんなところでしょうか。

これ以外にも違うところがたくさんあるので、

間違い探し感覚で見比べると

面白いかもしれませんね。

さて総評ですが、

第1話は旧OVAと比較しても

十分すぎる出来だと個人的には思います。

私自身そこまで期待していなかったことも

良い方に作用したのかもしれません。

まあ、この新銀英伝と旧OVA版とは

別ものと考えて視聴しなければ

あら探しばっかりになってしまいますからね。

旧OVA版が好きな方も

別作品として視聴することをお勧めします。

次回第2話のタイトルは

「アスターテ会戦」。

たぶん少し時間が戻って

第2艦隊内の話が中心になると思います。

次回も楽しみです。

なおこの記事で書き切れなかったことを

補足の形で記事にしております。

よろしければどうぞ。

『銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE』第1話の補足説明記事を作ってみた

今回のまとめ三行

・確固撃破する作戦を披露

・第4、第6艦隊相手に完勝

・第2艦隊に勝利しつつあったはずが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする