【AnimeJapan 2018】「グランクレスト戦記」スペシャルステージ 生中継の感想 「ゲームに登場させるって言っているのに」

感想(ネタバレあり)

2018年3月24日と25日に開催される

アニメジャパン2018。

そのステージイベントの一つとして

グランクレスト戦記のステージイベントが

開催されました。

アニメジャパンのイベントなので

アニメメインの話になるかと思ったら、

ゲームの方がメインになっていた

感じでしたね。

出演は、

テオ役の熊谷さん、

シルーカ役の鬼頭さん、

ア―ヴィン役の中村さん、

アイシェラ役の上田さん、

モレーノ役の松岡さん、

プリシュラ役の高森さん、

マリーネ役の茅野さん

という豪華な布陣。

こんだけのキャストを

集めたのはさすがですわ。

イベントは

熊谷さんと鬼頭さんがMCとして

回すという形。

一番キャリアが若い2人には

かなり大変だったみたいです。

熊谷さんはずっと

汗が止まらないと言ってましたし、

最後の最後でやってしまいましたから。

スポンサーリンク

挨拶とイベントの意気込み

出演者が登壇すると

まずは挨拶と意気込みを話すことに。

長々と書くと面倒なので、

敬称略で簡単に書き出します。

中村:真面目な挨拶

上田:最近本編に出てないことを強調

松岡:日野さん~と大声で叫び、マイクが音割れ

高森:本編に出てない

茅野:最近出番あるけど、酷い目にあってる

中村さん以外は

その印象からブレないこと言ってた感じですね。

ただ中村さんは後で・・・。

キャストのお気に入りのシーンは?

挨拶と意気込みの話が終わると

キャストのお気に入りのシーンに。

これも簡単に書くと、

中村:クララが死ぬシーン、クララ役の沢海さんの演技が印象的だった

上田:9話のテオとシルーカ、マリーネとミルザーの対比。

松岡:2話のモレーノがテオやシルーカが戦ったシーンと捕虜になったシーン。

高森:アレクシス様のシーン、特にアレクシスとマリーネが出会うシーン?

茅野:上田さんが話している時に「私もそのシーンをあげるつもりだった」と言って話に加わる。そしてあのシーンのせいでまだ引きずっていると暴露。自分もミルザー役の羽多野さんもアドリブ入れたけど、全カットされたと告白。

こんな感じだったと思います。

普通は自分が演じたキャラの

シーンを上げるのが定番ですが、

松岡さんと茅野さん以外

自分のキャラとは違うシーンを上げるとは。

それだけ他のキャラの印象が

強いのでしょうかねえ。

ゲームに出すと言っているのに・・・

次はゲームのオリジナルキャラを

考案するコーナーです。

ニコ生で集計を取って

1位を取ったキャラがゲームの登場させる

という話に。

これに金の臭いを嗅ぎつけた

中村さんはギラギラしてます。

ゲームに登場=ギャラが入る。

こういう感じ。

それが他の声優さんにも伝染して

金がご褒美とという認識が共有化しますが、

ご褒美は熊谷さんと鬼頭さんの

サイン色紙なのに・・・。

そのことを話した後も

サイン以外にギャラが生じるとという

考えを捨てない声優さんたち。

みなさんガメツイですわw

さてそれでは肝心のオリジナルキャラですが、

これがまた酷い。

著作権をガン無視(中村、松岡)。

著作権は無視してないけど、

自分の事務所の後輩の持ちキャラに

似たものを出す(茅野)

人狼(高森)

普通の可愛い鳥だが何だか闇が深い(上田)

バルギャリー殿下の仲間(鬼頭)

プロレスラー(熊谷)

もう趣味全開な上に

ゲームに出せないキャラばっかり考えてるw

使えそうなのは鬼頭さんと高森さんの考えた奴だけ。

そしてニコ生の結果は・・・。

はい、中村さんが考えた

某藤子不二雄アニメに出てくる

侍キャラに似ているものが1位に。

これにはさすがにビビった中村さん。

自分で辞退しました。

ということで

ゲームに登場するのは

茅野さんが考えたキャラに。

あれはあれで

七つの大罪とすり合わせが

必要だと思いますけどね。

お別れの挨拶

あっという間にお別れに時間に。

ここまで上手く司会を務めていた

熊谷さんですが、

まさか最後の挨拶で松岡さんの番を

飛ばすなんて。

まあ、それだけ緊張していたのでしょうね。

後で松岡さんに謝っている姿が

目に浮かびますわ。

それ以外は普通に挨拶が行われて

イベントは終了。

体感では一瞬で終わった感じですね。

それだけ面白かったということなんでしょう。

前述したように

アニメのイベントというよりは

ゲームのイベントだった感じですね。

それだけゲームに大金投入しているので

できる限り宣伝しなければいけないのでしょう。

ゲーム自体はかなり面白そうです。

この手の戦記物の場合、

IFを体験できるのが醍醐味。

PS4版の方はヴィラールが戦死しない

ルートも用意されているみたいなので

それだけでもプレーする価値があると

思いますわ。

アニメは次回からテオがメインに

なって話が進んでいきます。

一度脱落した方も

総集編を見ればある程度

これまでのお話がわかるように

なっているので、

総集編を見た上でまた

見始めることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする