ゆるキャン△第12話(最終話)「ふじさんとゆるキャンガール」の感想 「そして二人は思い出の場所で再び出会う」

 

感想(ネタバレあり)

 

今回で本作も最後。

今回はクリスマスキャンプの続きからです。

クリキャンはここからが本番。

なでしこたちがキャンプを楽しむ姿を

視聴者も堪能しましょう。

 

 

スポンサーリンク

数年後の未来?

コンロ用のガス缶を買いに行っていた

リンちゃんが戻ってきたようです。

でもリンちゃんのバイクが違うような。

何かリンちゃんのおじいちゃんが乗っていた

バイクに似ています。

 

メットを外すリンちゃん、

心無しかちょっと大人びて美しくなった感じ。

短時間でこんなに変わる?

 

ゆるキャン△第12話より引用

 

と思ったら、

変わったのリンちゃんだけじゃない。

野クルのメンバーと斎藤さんも

大人になってるじゃん。

 

そして一人遅れて到着するなでしこ。

って、

空飛ぶテント!!

 

OPのテントが飛ぶシーンが

まさか現実だったとは・・・。

 

そんな訳ない。

どうやらなでしこの空想だったようです。

 

そりゃあそうでしょうよ、

流石になでしこが起業して

企業のCEOに就くなんて

荒唐無稽にもほどがあるわw

 

でもなでしこですからねえ、

意外と起業ぐらいは

やってしまうかもしれませんわ。

 

 

四尾連湖で会った火おこしお兄さんの正体

食事が終わり、

交代でお風呂タイムです。

 

千明ちゃんたち3人が

先に入っている間、

なでしことリンちゃんは

鳥羽先生をお喋りします。

 

そしてその中で驚愕の事実が

判明するのです。

 

四尾連湖で鳥羽先生と

一緒にいたあの火おこしお兄さん。

 

実は鳥羽先生の妹さんだったのです!!

あの風貌で女性だったなんて。

こりゃあ夏コミでは姉妹カプの

薄い本が発売されるかもしれませんね。

 

いやいや、

そんなことはどうでもいいです。

 

何でも鳥羽先生たちの親御さんが

キャンプ好きだったらしく、

その影響で鳥羽先生たちも

時々キャンプをするようになったとか。

 

やっぱり誰かの影響を受けたのですね。

 

リンちゃんもお爺さんの影響を受けたし、

なでしこはある意味リンちゃんの影響受けているし。

 

 

さて千明ちゃんたちと交代して

お風呂に入った後は、

何と動画鑑賞会。

 

この日のために千明ちゃんが

いろいろ準備していたのです。

 

まあ準備したのは有料動画サイトに

登録したくらいですけど。

 

みんなでワイワイガヤガヤ

見る動画って楽しいですからね。

千明ちゃんグッジョブですわ。

 

ゆるキャン△第12話より引用

 

朝食そして日の出

 

翌朝、

先に起きるリンちゃん。

まだ寝ているなでしこを起こしてあげます。

 

今朝の料理当番はなでしこ。

美味しい料理を作ってもらうためにも

起きて貰わなければ。

 

なでしこが考えた朝食は日本の朝ごはん。

味噌汁に和のおかずにご飯。

見てるだけでも食欲が沸いてきますわ。

 

そして食べ終わったところで丁度

朝陽が富士山の横から顔を出します。

 

ゆるキャン△第12話より引用

 

まさに絶景。

これもキャンプの醍醐味ですね。

 

 

 

 

年が暮れていく

 

クリキャンも終わり、

後は年越しのみ。

 

部室は狭いので

掃除は簡単。

この部室の数少ないメリットですね。

 

そういえば千明ちゃん、

クリキャンの時に

斎藤さんを野クルに勧誘したそうです。

 

実際にキャンプを経験して

テンションが上がっているはず。

タイミングとしては最適だったはずですが

見事に撃沈。

 

斎藤さんも

リンちゃん並みにブレませんね。

 

来年もこの部室のままの可能性大ですわ。

 

さて、

千明ちゃんたちと部室の大掃除を

終えたなでしこの元に

リンちゃんからLINEが。

 

何と斎藤さんが郵便局でバイトするらしく、

なでしこも誘ってきたのです。

リンちゃんを媒介にして。

 

バイト探しに苦労していたなでしこには

渡りに船です。

二つ返事でOKするなでしこ。

 

これで念願のキャンプ道具を

自分で働いたお金で揃えることができますね。

 

 

思い出の場所で再び出会う

季節が移り、

たぶん春。

 

なでしこは1人自転車でどこかに向かっています。

トンネルを超えた先に見えた看板。

そこに書かれていたのは本栖湖。

 

そう、なでしこは

リンちゃんと最初に出会った本栖湖のキャンプ場に

やってきたのです。

それもソロキャンプで。

 

たぶんリンちゃんの影響で

ソロキャンやりたくなったのでしょうね。

 

テントを設営し、

テーブルとチェアーも設置。

そしてテーブルの上に置いたのは

なでしこが欲しがっていたランプ。

 

郵便配達のバイトしてようやく

買えたのでしょうかねえ。

 

ゆるキャン△第12話より引用

 

なでしこが一息ついたところで

リンちゃんからLINEが。

 

どうやらリンちゃんも

ソロキャンをするらしく、

キャンプ場に向かっている途中のようです。

 

そこでなでしこは

互いにキャンプ場の写真を撮って

どこのキャンプ場か当てあいすることに

します。

 

なでしこが画像を送った後、

リンちゃんも画像を送ってきますが

その画像に写っていたのは・・・。

 

 

初めて出会った場所で

再び出会うなでしことリンちゃん。

 

いいですねえ、

最後のシーンとしては最適ですわ。

 

そしてこのシーンで

本作は終了です。

 

終わりに

終わっちゃいましたね。

ホント本作は体感時間が短いです。

 

普通に視聴していて

短いと感じるのは

面白い証拠ですからね。

 

この先

なでしこやリンちゃんや

千明ちゃんやあおいちゃんや

斎藤さんやチクワがどうなるか?

気なる方は是非原作を買いましょう。

 

また何度も見返したい方は

BD&DVDを購入するのもいいでしょう。

いろいろ付録が付いているようなので。

 

さらにアニメが終わっても

舞台となった山梨を中心に

様々なイベントが用意されていますので

まだまだ楽しむことができます。

 

そして最後に。

良い作品を作って頂き、

原作のあfろ先生や

アニメスタッフのみなさんに感謝です。

 

今回のまとめ三行

・テントが飛んだ(なでしこの空想の中で)

・火おこしお兄さんは女性だった

・思い出の場所で再び出会う