それが声優!第10話「進路」の感想 「他作品のキャラばっかり考えたり目で追ったりしてしまう」

感想(ネタバレあり)

今回はりんちゃんの親離れ

ならぬ親友離れの回でした。

スポンサーリンク

りんちゃんが大人になっていく

引っ込み思案で

一人では何にもできなかった

りんちゃんが、

親友のサヨちゃんと

違う進路に進むことを自分で決めます。

15歳であることを考えたら

辛い決断だったかもしれませんが、

自分で決めたことに

意義があると思います。

そういえばサヨちゃん役の佐倉綾音さんも

確か中学ぐらいから

声優活動しているのですよね。

今や押しも押されぬ人気声優になった

佐倉さんですが

りんちゃんみたいに

進路で悩んだりしたことあったのでしょうか?

その辺の話も聞いてみたいですね。

BDの特典かWEBラジオで

佐倉さんのゲスト回ないかしら。

別の作品のキャラを思い浮かべるのは声優ファン特有の症状です

今回の本人ゲストは

第2話にも登場した神谷浩史さん。

なぜ神谷さんだけ2回登場・・・

やっぱり原作者と同じ事務所だからでしょうか。

同じ事務所と言えば

りんちゃんの母親役

佐藤聡美さんでしたね。

りんちゃんの実家は

和菓子屋さんですから、

佐藤さん=りんちゃんのお母さん=和菓子屋さん=鬼畜和菓子

と思ってしまうのは

別の作品の影響を受け過ぎなんでしょうw

そういえば佐倉さんも

あの作品の主人公だったし、

この際あと2,3人ごちうさ声優を

出して欲しかったですわ。

あと何気にりんちゃんと

サヨちゃんが大きいパフェを食べたお店。

あれハヤテやヒナギクが

バイトしているお店ですよね。

なんかピンク色の髪の毛の

どっかの生徒会長みたいな人が

チラッと映った気がしましたがw

まあ、りんちゃんもサヨちゃんも

あの学校の中等部に通っているので

学校から近いのでしょうね。

でもりんちゃんとサヨちゃんが

ナギを見たらどう思うのでしょうか?

折角以前釘宮理恵さんの

ゲスト回あったのだから

あそこでりんちゃんとナギを

出して欲しかったですわ。

ED聞いてまた聞きたくなった

最後のEDですが、

今回はウテナのOPでした。

アニメは見てなかったのですけど、

曲が良いので

思わずCDシングル

買ってしまったのですよねえ。

やっぱりキングレコード全盛期の曲は

いいですわあ。

何かフルでもう一度聞きたくなりました。

ホントこのEDは危険です。

ノスタルジーを掻き立てられて

オンラインでポチりたくなってしまいますわ。

それまで見越してこのEDにしたのなら

あの銭が命の原作者さま、

恐ろしいですわ。

次回のタイトルは自己管理。

3人のうちの誰かが病気にでもなるのでしょうか。

次回も楽しみですね。

今回のまとめ三行

・進路に悩むりんちゃん

・浩史再び

・サヨちゃんとは違う進路へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする