宇宙よりも遠い場所第12話「宇宙よりも遠い場所」の感想 「待ち続ける日常の終わり」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

報瀬ちゃんが南極に来た理由。

それは母親である貴子さんを

待ち続ける日常とさよならするため。

 

今回貴子さんが消息を絶った場所に

行くことになる報瀬ちゃん。

 

果たして報瀬ちゃんは

気持ちに踏ん切りを付けることが

できたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ホントに終わるの?

 

いよいよあの場所に向かうことに。

天文台の建設予定地であると共に

貴子さんが消息を絶った場所。

 

吟さんとかなえさんは

報瀬ちゃんたちにも声を掛けます。

 

でもなぜかそれに飛びつかない報瀬ちゃん。

 

ずっと待ち続ける日常を終わらせるために

南極にやってきたはずの報瀬ちゃん。

南極に来れば、

夢のようにずっと続いているこの日常も

終わるはず。

そう思っていたのに、

南極に来ても何ら変わりません。

 

だからこそ、

貴子さんが消息を絶った場所に行って

何も変わらなかったら・・・。

 

終わらせるつもりだった

待ち続ける日常がさらに続く。

 

そりゃあ報瀬ちゃんじゃなくても

怖くなりますし、

躊躇しますよ。

 

スポンサーリンク

揺れ動く報瀬ちゃん

 

悩む報瀬ちゃんに対して、

キマリたちはほっとく決断をします。

こればっかりは報瀬ちゃんが決めることですからね。

そしておそらく、

キマリたちは報瀬ちゃんの決定を

尊重するつもりなんでしょう。

 

冷たいと思う人もいるでしょうけど、

友人だからこそ

ほっとけるのでしょうね。

弓子さんが言ったように。

 

 

その報瀬ちゃんは

吟さんと二人きりで話します。

 

宇宙よりも遠い場所第12話より引用

 

貴子さんが死んだ事実は変わらない。

そう報瀬ちゃんに話す吟さん。

 

そして吟さんは報瀬ちゃんに

人に委ねず自分で決めるように話します。

 

自室で100万円を封筒から出して、

バイトしてその100万円を稼いだ軌跡を

思い出す報瀬ちゃん。

 

南極に行きたいという一心で

貯めた100万円。

その稼いだ軌跡を思い出すことで

報瀬ちゃんは決意します。

 

貴子さんの最期の地、

宇宙(そら)よりも遠いその場所に

行くことを。

 

 

スポンサーリンク

雪上車で出発

ヘリで物資を運び、

それを雪上車に積みこむと

いよいよ出発です。

 

 

雪上車の遅さにびっくりですが、

南極ですからね。

冒頭でかなえさんが言ってた通り、

クレパスなど危険な場所だらけなので。

 

そして昭和基地周辺より低い気温に

悪戦苦闘のキマリたち。

 

今まではどちらかというと

南極が過酷という描写が

ほぼありませんでしたが、

今回はまさに南極が極寒の地である

というのがよくわかる描写が多いです。

 

夜、

外はブリザードが吹き続ける中、

雪上車の中で寝ているキマリたち。

でも報瀬ちゃんだけは眠れません。

 

丁度目を覚ましたキマリは

報瀬ちゃんに話掛けます。

 

みんなと一緒だから南極が好き。

報瀬ちゃんと一緒に南極に来たことで

青春することができた。

 

感謝で一杯のキマリ。

だからこそキマリは

報瀬ちゃんのために頑張るつもりなんでしょうね。

 

報瀬ちゃんが南極に来た目的を

達成させるために。

 

スポンサーリンク

永遠に続くと思われた日常の終わり

 

ようやく目的地に到着します。

 

宇宙よりも遠い場所第12話より引用

 

吟さんとかなえさんは感慨深いものが

あるようですね。

 

貴子さんの希望だった天文台、

小淵沢天文台の建設。

 

このために戻ってきたのです。

 

その一方、

何か冷めている報瀬ちゃん。

 

今一つ実感が沸かないのかもしれません。

泣いている吟さんを冷静に見てるし。

 

しかしキマリたちは違います。

報瀬ちゃんのために

貴子さんの残したものがないか

探し始めます。

それも必死な形相で。

 

キマリたちもわかっているのです。

終わらない日常を終わらせるためには

何か切っ掛けというか

報瀬ちゃんが夢から覚めるためのものが

必要なことに。

 

そして日向ちゃんと結月ちゃんが見つけます。

1台のノートパソコンを。

 

でもこれだけでは貴子さんのものか

どうかわかりません。

 

と思ったら、

パソコンの裏に1枚の写真が。

紛れもなく、

貴子さんと小さい報瀬ちゃんの写真。

 

宇宙よりも遠い場所第12話より引用

 

パソコンを受け取った

報瀬ちゃんは自室で

そのパソコンのスイッチを入れます。

 

パスワードを入力し

ログインするとメールソフトに

報瀬ちゃんが送ったたくさんのメールが。

 

メールを受信するのを見ていた

報瀬ちゃんは泣きじゃくります。

 

自分が送り続けていたメールは

貴子さんに届いていなかった。

 

それを目の当たりにしたことで

ようやく貴子さんがいないということを

実感できたのです。

 

宇宙よりも遠い場所第12話より引用

 

悲しい現実。

そしてこれこそが

報瀬ちゃんが望んだものなのです。

 

悲しいけど、

ずっと続いていた日常の終わり。

これでようやく報瀬ちゃんは一歩進めるのです。

 

部屋の外で

キマリたちも泣きじゃくります。

 

宇宙よりも遠い場所第12話より引用

 

キマリたちもいろいろ思うところが

あるのでしょうね。

 

自分達が正しことをしたか

確信持てないのかもしれません。

 

自分達が貴子さんのパソコンを見つけたことで

報瀬ちゃんに辛い思いをさせたと

思っているかもしれません。

 

これで報瀬ちゃんの

待ち続ける日常を終わらせることができて

報瀬ちゃんが前に進めると

考えているのかもしれません。

 

このキマリたちの涙は

たくさんの意味を含んでいるのだと

思います。

 

 

今回はここで終了。

 

今回はヤバい。

毎回ヤバいでも今回は特に

いしづか監督、

泣ける話作る上手過ぎですわ。

 

さあいよいよ

次回が最終回。

どういう〆方をするか

物凄く気になります。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・天文台建設へ

・貴子さんのパソコン発見

・終わらない日常の終わり