グランクレスト戦記第10話「裏切りの刃」の感想 「Cパートでフラグ立てるな」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

前回スタルク征伐を完了させたマリーネ。

そしてそのついでに

ミルザーを体を張って

味方にすることに成功します。

 

これで後顧の憂いは

なくなりました。

 

後は祖父の代からの仇敵、

アルトゥークを滅ぼすのみ。

 

いよいよ、

ヴァルドリンドVSアルトゥークの

最終決戦が始まります。

 

 

スポンサーリンク

アルトゥークへの侵攻開始

 

進軍するマリーネの元に

ダルタニアの君主サイードが死亡し、

息子であるミルザーが後を継いだとの

知らせが舞い込みます。

 

先代のサイードは原作では商売にしか興味がなく

親アルトゥークの考え方。

 

当然前回マリーネの刃になると誓った

ミルザーにとっては目の上の瘤ですので・・・。

 

グランクレスト戦記第10話より引用

 

進軍を再び開始させるマリーネ。

目標はヴィラールの居城である

一角獣城です。

 

アルトゥーク側の迎撃準備

 

マリーネ率いるヴァルドリンド騎士団の侵攻。

当然ヴィラールは迎撃の準備を行い、

また味方である君主たちへ指示を出します。

 

グランクレスト戦記第10話より引用

 

レガリアとキルヒスには陸上兵力派遣を。

ハマーンには巨大軍船「海の宮殿」の派遣を。

セーヴィス王であるラシックには

マリーネの従属国であるオゼールへの侵攻を。

そしてテオには同じくマリーネの従属国であり、

テオが守る常闇の森への侵攻しようとしている

ブルタヴァ軍の迎撃を命じます。

 

 

 

マルグレットが合流

 

迎撃準備を進めるヴィラールの元に

かつてヴィラールの魔法師長を務めていた

マルグレットが逃げ込んできます。

ミルザーがマリーネに寝返ったという情報を持って。

 

元々ヴィラールが皇帝になることを

希望していたミルザー。

 

しかし運命とやらを優先し、

好機を逃すヴィラールに愛想を尽かし、

マリーネの誘いに乗ったのです。

 

そしてマリーネとの約束を守るために

父であるサイードを殺害して、

自分に従わない部族を滅ぼした。

 

マルグレットの部族もミルザーに

従わなかったので

マルグレットを除いて全滅の憂き目に。

 

ただマルグレットが

ヴィラールの元へ逃げ込んで来たのは

ヴィラールに取ってはプラスになります。

 

現在の魔法師長ラウラは

優秀な魔法師ですが

戦争や外交はイマイチ。

 

そういう分野に精通している

シルーカがいればいいのですけど、

シリーカはテオと行動をも共にして

ここにいないし。

 

だからシルーカと同等か

それ以上に戦争や外交を得意にする

マルグレットのヴィラール陣営復帰は

大きな武器となるでしょう。

 

 

海戦はアルトゥーク側の優勢に

 

ダルタニアの海軍を率いて

アルトゥーク領の沖合に侵攻するミルザー。

 

グランクレスト戦記第10話より引用

 

すぐにアルトゥーク海軍との戦闘開始です。

ミルザーは単身敵船に乗り込み、

船員をなぎ倒していきます。

 

しかしアルトゥークの軍船の船長は

ミルザーを倒せば自分達の勝ちだと

判断したのでしょう。

 

自ら船に火を放ち、

ミルザーを船の道連れにしようとします。

船員たちを脱出さえ、

自分1人でミルザーを逃がさないようにする船長。

 

でもミルザーは一騎当千の猛者。

さすがに船長1人で抑え込むことはできません。

一騎打ちの末、

船長を倒し船を脱出するミルザー。

 

ミルザーの活躍などで

海戦はダルタニア優位に傾きますが

それを一変させたのが鏡を使った光光線。

 

光光線の攻撃で

ダルタニアの船が1隻、

また1隻と焼かれて行きます。

 

これまでほとんど出番がなかった

ヴィラールのところの

メガネっ子魔法師のコーリン。

 

グランクレスト戦記第10話より引用

 

 

まさか光線使いだったとは。

本人は罪悪感を覚えているようですが、その威力をみれば今後もこの攻撃を強要されるのは確実でしょう。

 

 

日が変わり、

戦場にハマーンの海軍を到着します。

ハマーンが誇る巨大軍船「海の宮殿」。

他の軍船が小さく見えるくらいの巨大軍船であり、

何と大砲まで完備。

 

船ごと突っ込んで敵船を沈めるという

ラムアタックぐらいしかできない

ダルタニア海軍に大砲を防ぐ手はありません。

 

つ~か、

こういう時こそミルザーは

敵船に乗り込むべきだろ。

 

でも海の宮殿の周りは

ハマーンの海軍できっちり固めているので

さすがにミルザーでも

乗り込むのは無理なんでしょうね。

 

もやは劣勢を立て直すのは絶望的と

判断したミルザーは、

軍船を浜辺に乗り上げて

物資と兵だけでも救おうとします。

 

マリーネが期待したミルザー。

少なくともこの時点では

マリーネの役に立っているか微妙です。

 

 

劇場王ソロンの最期

 

一方陸上の戦闘では

ヴァルドリンド騎士団が

その実力を見せつけます。

 

騎兵のみ率いてヴィラールを助けにやってきた

レガリア伯セルジュの軍勢を粉砕、

セルジュは魔法師であるエレットと共に

ヴァルドリンド騎士団から逃げる始末。

 

このままだと自分が危ないと感じたセルジュは

エレットに何とかしてくれと頼みこみます。

 

弟のイゴールの献策を受け入れ、

歩兵が到着するまで待ってれば

こんなことにならなかったのに。

 

兄であるヴィラールを慕うのは

いいですけど、

そのせいでヴィラールの足を引っ張るのは

どうかと思いますわ。

 

 

さて、エレットは

キルギス王のソロンに連絡済み。

ほどなくして

キルヒスの軍勢とソロンが到着し

セルジュとエレットは九死に一生を得ます。

 

ただヴァルドリンドとしても

ヴィラールの弟であるセルジュを

戦場で討ちとる好機。

そう簡単に逃す訳にはいきません。

 

そのためソロンとキルヒス軍は

セルジュ達を逃すために

時間稼ぎをすることに。

 

ソロンは劇場王という二つ名の

由来となった舞台俳優張りの

大きな声と人を引き付ける魅力とで

キルヒスの兵士たちの士気を高め、

ヴァルドリンド騎士団と戦います。

 

しかしそれでも

ヴァルドリンド騎士団の前に敗北。

最後の1人になるまで戦ったソロンは討ち取られ、

文字通りキルヒス軍は全滅してしまいます。

 

グランクレスト戦記第10話より引用

 

 

ヴィラールの戦略では

セルジュ率いるレガリア軍と

ソロン率いるキルヒス軍は

ヴァルドリンド騎士団に対抗するための

大事な兵力だったのですが、

セルジュのアホのせいで

その貴重な兵力が当てに

できなくなってしまいました。

 

 

フラグが立った

 

Cパート。

陸戦ではレガリア軍とキルヒス軍を

当てにできなくなったのは痛いですが、

海戦で勝利したため、

一角獣城に籠城しても十分に対抗可能です。

 

だってまだハマーンは健在ですし、

テオやラシックもいます。

 

そして連合の親ヴィラール派の援軍だって

期待できますしね。

 

でも最後の最後で

まだ登場してない人物が・・・。

 

グランクレスト戦記第10話より引用

 

 

いろいろと

Cパートでフラグが立ってしまいましたわ。

 

そして次回のタイトルが

「一角獣城、落つ」。

 

おい、完全にタイトルで

どうなるかわかるやんけ。

 

で、でも城が落ちても

ヴィラールが健在だったら

まだ戦えますから(震え声)。

 

ヴィラールさえ健在ならばね。

 

今回のまとめ三行

・ヴァルドリンド騎士団が侵攻開始

・ミルザー無双も海戦はアルトゥークが優位に

・ソロンが戦死

 

 

グランクレスト戦記の感想
スポンサーリンク
konwaをフォローする
スポンサーリンク



Aかん:声優・アニメ感想ブログ