ワンパンマン第1話先行上映の感想 「やる気が感じられないヒーローが強すぎる」

感想(ネタバレあり)

昨日ニコ生で10月開始予定のアニメ「ワンパンマン」の

選考上映会があったので見てみることに。

スポンサーリンク

私はワンパターンのヒーローものが嫌い

ハッキリ言って

私はアクションものはあまり好きではありません。

別に暴力が嫌いとかそういうのではなく、

最初こそヒーローが圧倒的に強いけど、

途中で難敵が出てきて

ヒーローが悩み苦しみ、

そしてようやく難敵倒してハッピーエンド

というワンパターンが

好きではないからです。

本作も視聴する前は

そんな風に思ってました。

でも本作はそんじょそこらの

ヒーローものと一線を画していましたね。

やる気がないのに強い主人公はヒーローものでは斬新かも

主人公はやる気がないように見える

趣味でヒーローやっている人。

トレードマークは

一本も髪の毛が残っていない頭。

私も同じ髪型(?)なので

この時点で親近感が湧きましたw

この主人公も

もともとはヒーローに

憧れていたけど、

一生懸命修行した結果

どんな敵でも一発で倒してしまい、

どんどんやる気が

なくなっていっているようです。

修行して強くなるのはある意味

ヒーローものでデフォですが

普通はすぐに強敵が出てきて

その努力が無効化されるもの。

ところが本作の場合は

その努力の結果が凄すぎて

出てくる敵がこの主人公に

全く歯が立たないのです。

実際最初に出た

リアルバイキンマンみたいな怪人(声は中尾隆聖さんw)を

一発で粉砕、

その後も回想でカニの怪人倒したり、

地底人を倒したり、

某巨人もどきを倒して

どんどん主人公のやる気を

減退していくのがよくわかります。

まあ、夢の中で

地底人と熱い戦闘してましたが

結局夢でしたし。

つ~か、

実力伯仲の勝負を夢見るなんて

そんなヒーロー今までいなかったw

まあ強いて挙げればドラゴンボールの悟空

くらいでしょうかねえ。

ヒーローって

基本目的達成のために

戦うのであって、

戦うことはあくまで過程。

でも本作の主人公は

昔はともかく、

今は戦うこと=目的

になってますから。

普通のヒーローものが好きな人にはイマイチかも

この作品見る人を

選ぶかもしれませんね。

グロ多めなのはともかく、

主人公がやる気を出して戦う

熱い展開は期待できないし。

でも出演する声優さんが

豪華なんですよね。

小野坂さんとか玄田さんとか

狙っているとしか思えないキャストだしw

だから切るに切れないと言った感じでしょうか。

今年の10月期は見たい作品が少ないので

視聴決定(仮)ですかね。

今回のまとめ三行

・趣味でヒーローやっている主人公

・地底人とのマジ戦闘

・ただの夢だった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする