WORKING!!!第10話「その女シズカ」の感想 「ようやくラスボス小鳥遊母登場!!その存在感と傍若無人ぶりはさすが」

感想(ネタバレあり)

兄弟の真ん中って

意外と手が掛からないので

ほっとかれることが多いみたいですね。

小鳥遊家でもその傾向で、

真ん中である3女のこずえは

小鳥遊母からほっとかれているみたいです。

でもだからって

真柴兄妹を呼び出して絡むのはどうでしょうか。

まあ、絡み酒に付き合ってあげる

真柴兄妹もやさしいのですが。

あと街灯の上に登るのは止めましょう。

迷惑です。

それにしても真柴兄妹は優しいですね。

何やかんやいって

飛び出したこずえを探しに

いったのですから。

元ヤンだからつながりを大事に

しているのでしょうかねえ。

スポンサーリンク

ラスボスがようやくお出まし

そしてようやく登場した小鳥遊母。

ラスボス感半端ないです。

声をやっているの折笠愛さんだし。

山田母役の井上喜久子さんといい、

音尾奥さんの岩男潤子さんといい、

90年代からアニメ見ているアニオタとしては

嬉しい限りのキャスティングです。

たぶんキャスティングしている人が

私と同じような90年代の声優ブームに

熱狂した人なのかもしれません。

さてこの小鳥遊母、

WORKINGに出てくるキャラの中で

一番傍若無人な人みたいです。

峰岸と復縁した一枝を言葉でいたぶるし、

病弱体質の泉には脅して料理作らせるし、

こずえは無視するし、

こんなのが親だったら早死にしそうです。

まあ、だから薬や魔術そして兵器など

いろいろなもので幸せになろうとした

旦那さん早死にしたのでしょうけど。

あと宗太の伊波の仲も

既に知られているようです。

たぶん峰岸がご注進したのだと

思いますが。

さすがに危機感を覚えた宗太は

伊波に対してちょっとだけ積極的になります。

視聴者としてはニヤニヤ展開ですけど、

このまま進んでくれるのでしょうか。

WORKINGのことだから

一波乱まだありそうですけど。

店長の特殊能力

そして今回珍しく

店長もかなり登場していました。

八千代の代わりに掃除やって

他のバイトの仕事を増やしたり、

スキルアップを理由にして

パフェを作らせたり、

迷惑をかけ放題。

でもパフェを食べるだけで

作った人間の感情が分かるなんて

すごい能力です。

この能力で

どうやら八千代の感情についても

ハッキリ分かった様子。

店長は一体どういう行動を

とるのでしょうか。

八千代の背中を押して

佐藤とくっつける・・・

ってやりそうにないか。

普通に考えたら

佐藤にヤキを入れるでしょうね。

たぶん店長って

高校生の時から思考方法

変わっていないような気がするので。

今回のまとめ三行

・小鳥遊母を恐れる小鳥遊一家

・こずえだけはほったらかし

・パフェの味で感情がわかる店長

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする