グランクレスト戦記第7話「白亜の公子」の感想 「暗殺されそうになったけど結果オーライ?」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

ハルーシアで開催される

連合の君主会議に出席することになった

ヴィラール達。

しかしハルーシアに向かうには

同盟側に属する

クロ―ヴィスとフォーヴィスが邪魔。

 

そこでヴィラールは

君主会議への手土産として

クロ―ヴィスとフォーヴィスの

討伐を決意。

 

フォーヴィスに本隊の別動隊として

セーヴィス王ラシックの軍勢を

差し向けます。

この軍勢にはテオとシルーカ、

それにミルザーが参加。

 

ミルザーは毒蛇という異名を持つ

ブラニス男爵を殺害して城を奪い

功績をあげます。

 

そして今回、

テオはブラニス男爵と共に

討伐軍に降伏しない

ラドヴァン男爵の城を

攻略することになるのですが…。

 

 

スポンサーリンク

舌先三寸で降伏させる

ラドヴァン男爵に降伏を勧めるため、

一人でやってきたテオ。

 

グランクレスト戦記第7話より引用

 

 

ラドヴァンが守る城を攻めるには

まずその手前にある街を攻撃しなければ

なりません。

 

当然街を攻撃すれば

住民に被害が及びますし、

時間が掛かります。

 

それを避けるためにも

ラドヴァンを説得しなければいけないのです。

 

まあ、前回ミルザーが

武力でブラニス男爵の城を落としており、

ミルザーと違う道を模索する

テオが同じように武力で城を攻め取ったら

話がなり立ちませんからねw

 

住民が回りを取り囲む中、

ラドヴァンと対面するテオ。

 

グランクレスト戦記第7話より引用

 

テオはラドヴァンに降伏を勧めますが

予想通りラドヴァンは了解しません。

 

さあ、ここからが人たらし名人テオの

腕の見せ所です。

 

持ちあげたり脅したり

いろいろな言葉を使い

ラドヴァンの心を揺さぶっていきます。

さらに周りで見ている住民も利用して

最終的にはラドヴァンの説得に成功。

 

それどころか、

ラドヴァンはテオに従属したいと

言い出す始末。

 

何かテオって

三国志の劉備をモデルにしているような

気がしますわ。

 

フォーヴィスとクロ―ヴィスを平定

 

ミルザーとテオの活躍で孤立無援となった

フォーヴィス王ジェリコ・オリック。

 

最後はラシックと一騎打ちで

決着を付けることになり、

結果ラシックに敗北。

 

これにてフォーヴィスの平定が

完了しました。

 

しかし大軍率いて攻めたのに

最後は一騎打ちで勝負をつけるなんて

ラシックはどんだけ自分で戦うのが

好きなんでしょうか?

 

フォーヴィスが落ちたと知った

クロ―ヴィス王は

慌ててヴィラールに使者を送り、

同盟を捨て連合に鞍替えすることを誓います。

 

これでクロ―ヴィスの平定も終わり。

フォーヴィス・クロ―ヴィス2か国を

連合のものにした功績は絶大。

 

会議でもヴィラールの発言力が増すのは必至。

 

さあ、いよいよ会議です。

 

 

 

会議で仇敵と初対面

 

ハルーシアに到着したヴィラール。

テオやシルーカと合流して

いざ、会議へ…と言いたいところですが

すぐに会議は開かれません。

 

まずは舞踏会に出席するヴィラール達。

 

会議の前に親睦を深めるという

狙いがあるのかもしれませんね。

グランクレスト戦記第7話より引用

 

 

 

1話以来の登場となるアレクシス以外に

いろいろな新キャラが登場。

既に大量のキャラが出ているのに

また貴族キャラがいっぱいw

 

新キャラに関しては

別の記事で詳しく書きますので

そちらを参照してください。

たぶん明日(2月18日)までには

書き加えますので。

 

さてこの舞踏会で

ヴィラールはテオにある人物を

紹介します。

 

その人物の名前は

ぺデリコ・ロッシーニ。

 

グランクレスト戦記第7話より引用

 

 

そう、テオの故郷

システィナ島の領主であり

テオが一番憎む君主です。

 

テオがここまで怒りの表情になるは

初めてかも。

 

一方のロッシーニも

システィナ島の英雄コロネーロの

名跡をテオが名乗っているのを知り、

テオの目的を察した様子。

 

コロネーロ家は

システィナ島の英雄の名跡でしたが

ロッシーニ家に裏切られて滅亡。

 

そのコロネーロを名乗る以上、

テオの目的はロッシーニ家を潰すことだと

瞬時に悟ったという訳。

 

固い、というか

強く握って敵意をむき出しにする

テオとロッシーニ。

 

この初対面が

今度どんな影響を与えるのでしょうか?

 

と思ったら

すぐに影響が出ましたわ。

 

アレクシスがやってきた

宿舎に帰ってきたテオとシルーカ。

そこに1人の客人がやってきます。

客人の名前はアレクシス。

 

何とハルーシア侯が一人で会いに来たのです。

確かに舞踏会で

ヴィラールに紹介された時、

また会いたいという話をしてましたけど、

シルーカが考えたように

普通は社交辞令ですよね。

 

でも本当に会いにやってくるとは。

 

で、テオとシルーカと

お話をすることになるのですけど、

内容はシルーカのために

爵位と領地を捨てたテオを褒めたたえ、

また自分がどれだけマリーネのことを

愛しているかということ。

 

ここまで清々しい

おぼっちゃんキャラは久しぶりに見たかも。

よっぽどこれまで苦労

していないのでしょうねえ。

 

既にマリーネの方は

アレクシスなんて眼中にないような

そぶりを見せているのに

女々し過ぎるわ。

 

でもマリーネも本音では

どう思っているかわかりませんけどね(意味深)。

 

暗殺者の狙いはテオ?

 

何やかんやでテオとアレクシスは

非公式の友人となります。

 

テオとしては連合の首脳と

コネクションができて万々歳。

 

一方アレクシスも

本音を言える友人ができて

大満足。

 

アレクシスは

そのまま帰宅しようとしてますが

何と刺客の襲撃を受けます。

 

グランクレスト戦記第7話より引用

 

 

まあ、こんなおぼっちゃんでも

連合の盟主。

そりゃあ、命だって狙われますよ。

と、思ったら

刺客たちのフラッグの加護を

見たら

それはロッシーニ家のもの。

 

つまり刺客たちの狙いは

アレクシスではなく、

テオだったのです。

 

テオが自分の権力を脅かす前に

消そうとロッシーニは考えたのでしょう。

 

でも完全に裏目に出ましたね。

寄りにも寄ってアレクシスが

訪問している時に襲撃するなんて。

 

目的は違っても

連合の盟主を襲撃したという事実に

代わりありません。

 

当然刺客の素性がハッキリしたら

ロッシーニ家は連合の公敵になるのは確実。

 

逆にテオに取って

これは絶好のチャンスですね。

第2話でロッシーニ家が連合側ということで

同盟に鞍替えを考えたくらいです。

 

このままテオもロッシーニも

同じ連合側だったら

ロッシーニ討伐の大義名分が

ありませんでしたが

ロッシーニが連合を除名されれば

攻める大義名分が手に入るのです。

 

相手が勝手に踊って利益を得るなんて

テオは運が良すぎですわ。

 

 

終わりに

 

今回で会議の最後まで行くと思ってましたが

どうやら次回に持ち越しのようですね。

 

ほぼ原作通りで

もちろんカットされたところもありましたが

今回はいつも以上に上手くまとまっていたと

思いますわ。

それでもラドヴァン男爵の説得のところは

少しわかりにくかったですけどね。

 

あそこはラドヴァン男爵の心情が

わからないとどうして降伏したのか

わかりにくいですからね。

 

こういう時こそナレーションがあれば

それで説明できるのでしょうけど。

 

既に公開されている次回のあらすじによると

次回はマリーネとアレクシスの出会いの話も

あるようですね。

たぶん原作5巻の内容となるのでしょう。

そうなるとまだ登場していないキャラも

出てくるかもしれません。

 

今から楽しみです。

 

今回のまとめ三行

・ラドヴァン男爵を降伏させる

・仇敵ロッシーニと初対面

・アレクシスと友人関係に

 

グランクレスト戦記の感想
スポンサーリンク
konwaをフォローする
スポンサーリンク



Aかん:声優・アニメ感想ブログ