それが声優!第9話「マネージャー」の感想 「双葉が褒められれば当然紺野さんも嬉しい」

感想(ネタバレあり)

今回は双葉が所属する

青空プロダクションの新人マネージャー

紺野さんメインの回でした。

声優のマネージャーがメインのアニメって

あんまりありませんよね。

つ~か、

誰も作りたいとは思わないでしょう。

アニメ製作の裏側を余すことなく描いた

あのSHIROBAKOでさえも

声優のマネージャーさんにスポットを

当てることはなかったですからね。

だから今回は大変貴重な回だと言えます。

ただ今回は

構成的には今までの話を

紺野さん視点で見るもので、

ある意味総集編的な感じも

しなくはありません。

まあ、スピンオフみたいで

今までしっかりと視聴してきた

視聴者の方なら確実に楽しめた

と思います。

スポンサーリンク

マネージャーさんの仕事も重労働

紺野さんって

集さんと同じく顔色を変えない

クールビューティな女性だと思っていましたが、

内心いろいろ思っていたのですね。

それに日々雑務もありますし、

声優と変わらないくらいきつそうです。

だから牛丼ばかり食べて

体力をつけているのかもしれません。

個人的に好物なだけかもしれませんけど。

今回の名前出し本人ゲストは

日高のり子さんでした。

ナディアやらんまを見ていた

世代の私としては

嬉しいゲストさんです。

でも日高さんって

声が全くかわりませんよね。

たぶんかなり努力されていると

思いますけど。

ただ残念なのは

これまでの他のゲストさんより

喋る機会が無かったこと。

まあ双葉と絡むところが

あまりなかったから

仕方ないのかもしれませんけど。

紺野さんの努力を無にしなかった双葉はエライ

さて最後のパート、

紺野さんが必死の売り込みで

取ってきたアフレコの仕事。

終わった後

双葉は紺野さんに飛びつきます。

双葉が褒められたことを

自分のことのように喜ぶ紺野さん。

これこそマネージャー業の醍醐味

というやつなんでしょう。

このコンビもホント良いですね。

でも社会人なのですから、

遅刻使用な時は電話しておきましょうねw

今回のEDはスレイヤーズのOP。

懐かしいところをついてきます。

これぞキングレコードの全盛期って

感じがしますね。

90年代はキングにあらずば

アニメに非ずって感じでしたから。

右を見てもキング、

左を見てもキング。

ホントそういう時代でした。

あの頃私キングが出している

CDにいくらつかったのだろうw

次回のタイトルは進路。

どうやらりんちゃんメイン回になりそうです。

今回のまとめ三行

・影ながら双葉を見守るマネージャこんこんのお話

・どんだけ牛丼好きなの

・声優から感謝されるとやっぱり嬉しい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする