だがしかし2 第1話「ビッグカツとペペロンチーノと・・・」の感想 「絶対盗聴器仕掛けているだろ」

感想(ネタバレあり)

コアなファンの要望に応えたのか

どうかは知りませんが、

あの駄菓子アニメが帰ってきました。

だたし放送時間が

第1期の半分になっちゃいましたけどw

第1話はメインキャラのみ登場。

新キャラは2話以降に登場みたいです。

なお本作はU-NEXTのサイトで

最新話のみ無料で視聴できます。

https://twitter.com/watch_UNEXT_A/status/951652844255391744

放送されない地域のみなさんは

是非こちらで視聴しましょう。

スポンサーリンク

ビッグカツとトンカツは別もの

アバンで衝撃的なシーンが

流れましたが

それから遡り、

真夏の日の出来事。

ココノツパパがどっかに行ったので

仕方なくシカダ駄菓子店の店番やっている

ココノツ。

そしてふと、

トンカツという言葉を発してしまいます。

まあ、そんな言葉を発しても

普通は何にも起こりません。

普通は。

しかしココノツは嫌な予感、

というかこの言葉に反応して

あの人物がやってくるのではないかと

思ってしまいます。

そしてココノツの予想通り、

ホントにやってきました。

ほたるさんがw

つ~か、

どうやってココノツが

トンカツと言ったのをキャッチしたのよ?

もしかして盗聴器でも

仕掛けている?

真夏の日なのに

走ってきたほたるさんは

ちょっとだけグロッキー状態。

さすがに熱い時の全力疾走は

いけませんわ。

さて気を取り直して

ビックカツをご飯の上に

乗せて食べ始める2人。

当然ココノツがツッコミを入れますが

ほたるさんはどこ吹く風。

すぐにビックカツの誕生秘話は

話し始める始末。

ああ、1期の時と

全然変わっていませんね、

このパターンw

ペペロンチーノの駄菓子あったのね

サヤ師の喫茶店で

駄弁っているココノツと豆。

ふとサヤ師が

「ペペロンチーノ食べたい」と

言ってしまいます。

はい、Aパートと同じパターン、

やっぱり言葉に反応して

走ってくるほたるさん。

まさかサヤ師の喫茶店にも

盗聴器を。

そしてやっぱり走ってきたので

グロッキー状態に。

ほたるさん学習能力ゼロやw

さて今回ほたるさんが紹介するのは

駄菓子のペペロンチーノ。

見た目はカップめんですが

大きさ的に小さ目。

メインで食べるものではなく、

小腹が空いたときに

食べるようなもんなんでしょうね。

しかしこのペペロンチーノ、

普通のカップめんとは違うところが。

それはスープ粉末による

リバーシブル。

麺を戻す時に使うお湯を

捨てず、

粉末スープをすべて入れれば

塩ラーメン風に、

お湯を捨てて

粉末スープを半分だけ入れて

混ぜるとペペロンチーノに。

さらに余った残り半分のスープを

お湯に溶かせば

即席の温かいスープに。

何という汎用性の高さ。

こんな駄菓子があったなんて。

やっぱり駄菓子の世界は

奥が深いですわ。

そして今回はここで終了。

15分なのであっという間ですが

間延びしないので

時間短縮はよかったかも。

次回はどんな駄菓子が出てくるか?

また新キャラが登場するのか?

そしてアバンで流れた

荒れ果てたシカダ駄菓子、

3か月の間に一体何が起こったのか?

いろいろ謎があって

次回以降も楽しみですわ。

今回のまとめ三行

・荒れ果てたシカダ駄菓子

・ビッグカツの原料は豚肉に非ず

・ペペロンチーノの駄菓子はリバーシブル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする