グランクレスト戦記第2話「野心」の感想 「ラシックの野心小っちゃすぎ」

感想(ネタバレあり)

流浪の君主だったテオは

偶然助けた魔法師シルーカと契約し、

気付いたら領地持ちに。

異例の大出世ですが

当然その反動がある訳で・・・。

今回はその反動に関するお話がメインとなります。

キャラの簡単な紹介と各話で

どのような行動をしたかについて

まとめた記事作りましたので

興味がある方はどうぞ。

【グランクレスト戦記】キャラの紹介と各話での動向まとめ

スポンサーリンク

周りは敵ばかり

シルーカのおかげで

領主の地位についたテオ。

しかし問題山積です。

まずは周りの状況。

テオが奪った領地の周りは

ほぼすべて大工房同盟側に所属しており、

幻想士連合側についたテオは

彼らの敵になります。

さらにどこの誰だかわからん奴が

いきなり領主になったと言っても

周りが承認する訳ありません。

それどころか

領地拡大の良いチャンスと考えて

侵略しようとする奴が出てくるでしょう。

でもそれこそシルーカの策謀。

どいつもこいつもテオの領地を全部頂こうと

考えるので、

連携を取ろうとしません。

だって連携したら

テオたちを滅ぼしても

取り分減ってしまいますからね。

連携を取らない以上、

敵は個別で戦いを挑んでくる。

つまり確固撃破ができるという訳です。

おそらく個別に攻め込まれても

自分(シルーカ)がいれば

対処できると考えているのでしょうねぇ。

この魔法師、

ホント怖いわ。

さてア―ヴィンの情報によりと

一番最初に攻め込んできそうなのは

東隣りのラシック。

かなりの野心家らしく、

分不相応の戦力を蓄えているらしいです。

そういう人物ならば

テオの領地というご馳走を

見逃す訳ありませんね。

ア―ヴィンの報告を受けたシルーカ、

助っ人を呼ぶことを決めます。

そしてその使者として

シルーカが白羽の矢を立てたのが

ケットシーの時期王様のこの方、

    グランクレスト戦記第2話より引用

バルギャリー殿下です。

まあ、どう見ても猫にしか見えませんけど。

そんなケットシーの時期王にシルーカは

アイシェラを連れてきて欲しいと

依頼します。

かなり渋る猫ですが

報酬に魅かれて承諾します。

案外軽い猫・・・ケットシーですわ。

シルーカがテオと契約した理由

現在のテオの領地は

村落3つ。

村々に税を課することを

渋るテオ。

税金がないと領地経営なんて

できないのに。

まあ領民からすれば

税金なんてない方がよいですけど、

税金は領主に守ってもらう対価みたいな

意味合いもありますし、

税を取らないと逆に領民に不信感が

生まれると思いますけどね。

領主としてダメダメのテオですが

どうしてシルーカはテオと契約したのでしょう。

今回その理由をシルーカが話します。

決め手はテオの理想。

私利私欲ではなく天下万民を思う気持ちに

心打たれたようです。

グランクレスト戦記第2話より引用

そしてたぶんテオが青臭くて

扱いやすいと思ったのでしょうね。

ただテオって青臭いけど

思考は結構柔軟なので

知識や経験を積めば

なかなかの人物になる予感がしますわ。

まあそれぐらいの伸びしろがないと

戦記物の主人公として失格ですけどね。

ラシック出陣

居城の前に

配下たちを集めるラシック。

そして士気を上げます。

野心溢れるこの御仁の前では

配下の兵たちが

高揚するのも頷けます。

この時点ではよっぽど、

テオより主人公感出ていますからね。

まあ声が某アニメのアインズ様と同じというところも

かなりのウエイトを占めてますけどw

それにラシックには心強い相棒がいます。

魔法師モレーノ。

ラシックと契約したエーラム魔法大学出身の

魔法師。

そしてシルーカと面識がある人物。

チャラそうで強そうには見えませんけど

こういう人って能力高いのですよね。

なんせ声が某アニメの桐原君・・・じゃなかった、

キリトですからw

ラシックの兵士は50人、

それに傭兵が5人。

さあ出陣です。

・・・これで戦力増強に務めたって

どんだけこの辺の領主小規模なんだよ。

助っ人到着

一方テオの城には

シルーカが待ちに待った人物が

到着します。

グランクレスト戦記第2話より引用

彼女の名前はアイシェラ。

シルーカの姉弟子にあたる人物で

シルーカとは切っても切れぬ間柄の人物。

まあシルーカを溺愛している感じから

どういう属性の人物か、

察しの良いはわかるかもしれませんけどね。

これはシルーカの義父が出てきた時に

明らかになります。

アイシェラが到着したことで

勝ちを確信したシルーカですけど

果たして?

城の前に布陣して

ラシックの軍勢を待つシルーカたち。

テオを後方に置き、

テオの護衛に兵士を配置。

前線はシルーカ、アイシェラ、そしてア―ヴィンで

支えるようです。

第1話でシルーカ達を襲った兵士が

魔法師1人で100人の兵士を相手にできると

言ってましたけど、

それがホントだったらシルーカだけでも

おつりがきますわ。

まあ、相手にも魔法師である

モレーノがいますから、

シルーカはモレーノと相殺、

結局アイシェラとア―ヴィン次第か。

軍勢を3つに分けたラシックに

対してシルーカ達も分散。

1人で一隊相手にすることに。

しかし一般の兵士はシルーカの前では

赤子のように非力。

岩を出現させる魔法で包囲し、

岩をわざと出現させなかった通路に

殺到した兵士を雷の魔法で一網打尽。

さすが魔法師、

シルーカ無双ですわ。

と思ったら、

ここに天敵出現。

最初からシルーカを狙っていた

モレーノさんとの一騎打ちが始まります。

互いに煽り合う二人。

モレーノ煽る声は

落第騎士の英雄譚の桐原君を

彷彿とさせます。

つ~か透明になって奇襲掛けるの

まんま桐原君じゃんw

それにしても松岡さん、

ホント煽る演技上手いですわ。

しかしシルーカも負けていません。

シルーカみたいに自分自身の評価が高い人って

煽り耐性が弱い一方、

煽りが上手い傾向にありますからね。

ただ両人とも魔法師。

剣はそれほど強くはないはず。

原作ではモレーノが剣術に強い訳とか

説明文があったと思いますけど、

アニメではバッサリカット。

まあ学園でモレーノはどういう人物だったとかは

確かになくてもいいですけどね。

息が乱れてきた

シルーカ。

そこのテオが助勢に参上します。

グランクレスト戦記第2話より引用

そして・・・。

グランクレスト戦記第2話より引用

戦場に響き渡るテオの声。

モレーノを捕縛した旨の宣言を聞いたラシックさん。

何と降伏を決意します。

魔法師一人捕らえられただけで

降伏って聞き分け良すぎだわ。

終わりに

ラシックの聖印を吸収し、

代わりに従属聖印をラシックに与えるテオ。

これでテオとラシックは主従の関係になりました。

グランクレスト戦記第2話より引用

そしていろいろ不満を言うモレーノに

ラシックが言ったのは、

テオの元で1国貰えば良い云々かんぬん。

おいおい、

ラシックの野心ってそれだけで

満足するのかよ。

ラシックの野心小っちゃすぎる。

たぶんこの時点では

テオより十分器が大きいと

思うのですけどね。

勿体ない。

ただこれが本音かどうかは

わかりません。

大事なモレーノが

この件を負い目に思わないために

わざと小っちゃい野望しかないと

偽った可能性も・・・さすがにないか。

そしてCパート。

好色伯ことヴィラールさんが

ようやく喋りました。

ヴィラールさん自身は

シルーカが自分と契約せず、

テオと契約したことをそれほど

怒っていませんが、

ヴィラール配下のマルグレットは

激おこ状態。

これはタダでは済まない雰囲気ですね。

ヴィラールが最後につぶやいたところで

今回は終了です。

原作1巻前半の山場が

案外すんなり終わりましたね。

小規模な戦いだから

こんなもんかもしれませんが

戦闘シーンがちょっと淡泊過ぎたかも。

戦記物では戦闘シーンが花ですから

もうちょっと盛り上げて欲しかったです。

事前に公開されたPVでは

迫力あるような感じでしたが

今回のラシック戦の戦闘シーンを

通して見ると、

メリハリが付き過ぎというか

落差が。

まあ、戦いはこの後も続きます。

今回の戦いがお遊びと思えるくらいの

重い戦いが。

おそらく次かその次ぐらいにあるであろう

同盟との攻城戦を楽しみに待つとしましょう。

今回のまとめ三行

・ラシック・モレーノ主従が攻め込んで来た

・シルーカとモレーノの一騎打ち

・ラシックと従属させることに成功

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする