アルスラーン戦記第21話「別れの詩」の感想 「ギーヴ追放の茶番で組織固め!!そして出撃へ」

感想(ネタバレあり)

今回は内部分裂騒ぎから

ギーヴの追放、

そしてアルスラーンの出撃までのお話です。

組織をまとめるためには

犠牲が必要。

そして犠牲になるのは

いつも組織になじめない者。

もちろん犠牲になったように

見せかけて実は・・・

ってパターン多いですけどね。

今回のギーヴもそのパターンです。

スポンサーリンク

既に打ち合わせ済です

人が集まれば

軋轢が生まれるのは仕方ありません。

特に武人は

自分に自信がある者が多いため、

特にその傾向にあります。

アルスラーン陣営もそれとは無縁ではなく、

ナルサスやダリューンも頭を痛めています。

そんな中

決定的なことが。

イスファーンとギーヴとの間に

喧嘩が起こります。

イスファーンは万騎長だったシャプールの弟。

そしてギーブは

シャプールを射殺しています。

(ちなみにイスファーンの声は

シャプールの声をやった小西さんでしたw)。

いくら仕方が無かったとはいえ

自分の兄を射殺したギーヴを

許せるものではありません。

ここで出てきたのはアルスラーン。

二人を仲直りさせると思ったら

何とギーヴを追放してしまいます。

アルスラーンらしくないことをすると思ったら、

ナルサスが事前に根回しをしていたらしく、

ギーヴは別の任務のために

アルスラーンの元から離れることになったみたいです。

目的は王都奪還

さてギーヴを追放して

家臣たちの軋轢を何とか治めたアルスラーンは

ようやく王都奪還に向けて出兵します。

まず手始めに

サンマヌエル城攻略を目指しますが、

ザラーヴァントをはじめとする

新参者たちは武勲を求めて突進、

まんまとルシタニアの罠に

かかってしまいます。

ホント猪武者は・・・

まあ小説版だと

ザラ―ヴァントは最初こそ猪武者ですが、

あとで土木作業の名手であることが

明らかになりますけど。

ここでアルスラーンは

勝利のためにザラーヴァントたちを

見捨てることもできますが、

アルスラーンは

そんなことできる訳ありません。

ザラーヴァントたちを助け

さらなる忠誠を誓わせます。

ちなみにザラーヴァントたちの居場所を

間接的にアルスラーンたちに教えたのはギーヴ。

ギーヴはこれから

アルスラーンたちを影から助ける存在に

なりそうですね。

あとヒルメス皇子は

アルスラーンの王都奪還に合わせて

何か行動を起こすみたいですね。

でも王都奪還までアニメでやるのでしょうか。

もう10月期から始まる

ガンダムの予告CMが流れているのですけど・・・

今回のまとめ三行

・旧臣と新しい家臣達の軋轢

・楽士追放

・王都奪還に向けて出陣

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする