グランクレスト戦記第1話「契約」の感想 「流浪の君主が魔法師と契約して領地持ちになっちゃった」

感想(ネタバレあり)

ようやく始まった本作。

半年以上前からニコ生特番やっていたので

結構長い間待った感覚ですわ。

第1話は無難にまとめた感じですね。

原作読んでる者からすると

端折り過ぎって思わなくもないですが。

キャラの簡単な紹介と各話で

どのような行動をしたかについて

まとめた記事作りましたので

興味がある方はどうぞ。

【グランクレスト戦記】キャラの紹介と各話での動向まとめ

スポンサーリンク

祝いの式典が絶望へ

魔法都市エーラム。

ここで1組の夫婦の結婚式が行われる。

大陸を2分する同盟と連合の盟主の

娘と息子の。

この結婚式で盟主の持つ聖印が統合されて、

皇帝聖印(グランクレスト)が誕生するはずだった。

そんな式典、

誰だって参加したいと思うはず。

ところその式典への出席を面倒と考える女性が一人。

名前はシルーカ。

魔法大学で優秀な成績であるがために

結婚式に出席することになった彼女。

式が始まるギリギリに式場に到着するシルーカ。

そして始まる結婚式。

これで大陸の安寧が訪れる。

と誰もが思っていたその時、

シルーカは式場に混沌が集まるのを察知します。

一刻の猶予もないため

あえて新郎新婦を遮り、

混沌と対峙しようとしますが

混沌の存在にまだ気付いていない人達から見ると

シルーカは結婚式に

乱入した不埒者にしか思えません。

当然シルーカは邪魔をされてしまいます。

この邪魔さえなければ

混沌を沈め結婚式が続行されたかもしれません。

グランクレスト戦記第1話より引用

しかし現実は残酷です。

混沌のために

新婦と新郎の父親たちは

首チョンパされ、

結婚式も中止になってしまいます。

しかしこの時のシルーカの行動が

シルーカの運命を狂わせることになるとは

シルーカ自身も考えもしなかったでしょうねえ。

運が悪い

好色伯と呼ばれるアルトゥール伯の元に向かう

シルーカとその侍従であるア―ヴィン。

ア―ヴィンは結婚式でシルーカを行動を

邪魔した人であり、

その時のこともあり

今はシルーカに仕えています。

それはともかく、

シルーカが好色伯の元へ向かう理由、

それは好色伯と契約を結ぶため。

どうしてこうなったかという理由は

この1話では深く掘り下げませんでした。

原作ではこの辺でしっかりと理由の説明が

あるのですけど、

それはたぶん2話以降に持ってくるのでしょうね。

最初から説明多いとテンポが悪くなるので。

好色伯という名前が

付いているくらいですから、

魔法師の容姿で契約を決めているはず。

そう思い込むシルーカですが果たして?

さて好色伯のところに向かう

シルーカ主従を通せんぼする者たちが

現れます。

シルーカたちを足止めしたのは

この辺の領地を治める君主の部下たち。

好色伯は連合所属、

そしてここの領主は同盟所属。

相手陣営の向かう魔法師を通せんぼするのは

当たり前だと説明する兵士の親玉。

結婚式が無事に終わっていれば

同盟と連合が統合されて

平和を謳歌していたかもしれませんのに

結婚式が失敗に終わった結果、

同盟と連合は再び対立しはじめたようですね。

複数の兵士と対峙する

シルーカとア―ヴィン。

好色伯のところに行きたくない

と考えるシルーカは自暴自棄気味。

だからこそ、

この足止めをストレス解消の好機と考え、

この兵士たちとやり合う気満々のようです。

口では兵士たちに好きにすればと

油断させるようなこと言っているのにw

シルーカって結構性格悪いかも。

そんな時、

両者の間に一人の若者が

割り込んできます。

若者の名前はテオ。

グランクレスト戦記第1話より引用

どうやらか弱い女性が

襲われていると思い

助けに来たようですね。

まさに白馬に乗った王子様って

感じのテオ。

さぞ強いのだろうと思ったら

雑魚兵士相手に怪我させられるわ、

動きも遅いわ。

さらに聖印が小っちゃい。

上に画像を載せて大公たちの聖印と比べれば

一目瞭然。

この人本当に主人公なの?と

思えてきますわ。

それでも何とか兵士たちを退けることに

成功したテオ。

そんなテオに興味をもった

シルーカはテオに試練を与えます。

まあ、実際にはテオの聖印を強くするために

わざとこういうことをしたのですけど。

テオの前に現れる2つの頭を持つ

魔犬オルトロス。

苦戦しながらも

何とか倒すことに成功するテオ。

さっきの兵士と戦ったときよりは

剣の腕がマシになったような気も。

オルトロスの混沌から

聖印を吸収するテオ。

この世界では聖印の量が

君主のステータスのようなもの。

大量の聖印を集めると

それだけ位階(爵位)も上がっていくのです。

オルトロスを倒して

位階が上がったテオは

魔法師一人と契約を結ぶことが

できるようになります。

あ?

そうです。

シルーカがテオに試練を与えた理由。

もちろんテオの強さを見ることも

理由でしたが

もう一つの理由はテオが魔法師と

契約できるだけの位階になるための

聖印を集めさせるためだったのです。

でも何で魔法師と契約できるだけの

聖印を集めさせたのか?

当然自分がテオと契約するために。

おいおい、

まだ会って間もない流浪の君主と

契約するなんて軽はずみ過ぎるだろ。

まあそれでも好色伯と

契約するよりはマシだと

シルーカは考えたのでしょうね。

どんだけ嫌われているんだ

好色伯はw

グランクレスト戦記第1話より引用

契約を完了して

主従となったテオとシルーカ。

まず手始めにここの領主の館に向かいます。

この領地を奪うために。

領主になっちゃった

契約の赴く途中の魔法師を襲撃する。

その行為は魔法師を統括する魔法協会を

無視したも同然。

下手をすると聖印をはく奪されて

領地を失うかもしれない愚行だったのです。

契約魔法師が苦言しますが

領主は取りあいません。

そんなところにやってくるテオたち3人。

テオ達を前に

手も足も出ない領主は降伏。

グランクレスト戦記第1話より引用

そしてその証として

シルーカは

領主の聖印をテオに割譲させます。

これでまたテオの聖印が大きくなりました。

そしてこの領地も

そっくりそのままテオのものに。

一人の魔法師を助けたことで

流浪の君主から

領地持ちの君主となったテオ。

まさにシンデレラストーリーを

駆け上がるようですが

このまますんなり行くとは限りません。

さあ、ここから天才軍師(魔法師)

シルーカさまの大活躍が始まります。

というところで

第1話はここで終了です。

面倒な説明を省いたので

テンポはかなり良かったですね。

ただしかなり端折ったところが多いので

その分後の話数にその説明とかを

入れるのは大変でしょうけど。

原作読んでいる者だったら

脳内補完ができますけど、

原作読んでない人からすれば

わからないことだらけかもしれませんね。

特にどうしてシルーカが

好色伯と契約することになった所とかは。

個人的は十分楽しめました。

次回以降も期待ですわ。

今回のまとめ三行

・皇帝聖印誕生せず

・テオとシルーカの出会い

・領地乗っ取り成功

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする