【漫画】ゆるキャン△第1巻の感想(ネタバレあり) 「タイトル通り緩いけどそこがやっぱり魅力」

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今クール(2018年冬)

テレビアニメが放映される本作。

丁度Amazonで第1巻が無料配布されていたので

読んでみることに(この記事を読む時期によっては

無料配布が終了している可能性がありますので

ご注意ください)。

 

つい最近、

記事で作品応援するなら金使えって

書いたばかりですが、

応援するにしてもまずは

どんな作品か見極めなければ

いけませんので。

 

で、肝心の読んだ感想ですが、

タイトル通りです。

緩いキャンプ入門漫画ですねえ。

でもだからこそ、

肩を張らず読みことができ、

キャンプしてみたいという気持ちにさせてくれます。

 

それとキャンプといえば

普通は夏のイメージですが

少なくともこの1巻は冬キャンプ。

 

寒いだけで良いところなしと

思いがちの冬キャンプですが

冬キャンプのメリットが存分にわかる1冊でもありますね。

 

 

スポンサーリンク

第1巻の簡単な内容について

 

第1巻では

キャンプ初心者のなでしこと

ソロキャンパーのリンちゃんの

二人の出会いと

なでしこが野外活動サークルの一員として

活動を始めるところが描かれています。

 

富士山を見るため

キャンプ場にやってきたなでしこ。

でも寝落ちしてしまい

気付いたら夜。

そこで出会ったリンちゃんに

助けられたことで

キャンプに興味を持つなでしこ。

 

早速学校で見つけた

野外活動サークルに参加。

 

そしてリンちゃんも同じ学校であることが発覚。

その後1回リンちゃんの

ソロキャンプに乱入した後、

 

野外活動サークルは山梨、

リンちゃんは長野、

それぞれ冬キャンプをすることになりますが・・・。

 

というところで1巻は

終了です。

 

 

まったりした空気感が心地よい

 

きらら作品ということで

まったり感がどこからも伝わってきます。

でもキャンプってそういう

まったりした空気を

味わいたいからやるものでもあるので

キャンプという題材はベストチョイスかと。

 

そしてきらら作品といえば、

天然キャラと天才(達人)キャラ。

本作の場合は

なでしことリンちゃん。

二人ともキャラが立ってますねぇ。

 

リンちゃんと絡みたがるなでしこが

可愛いですし、

クールな癖に

なでしこを放っておけないリンちゃん。

見ているだけでニヤニヤしてきます。

 

これ以外にも

野外活動サークルの二人と

リンちゃんの友人の斎藤さん、

あとなでしこのお姉ちゃんがメインとなりそうですが、

一押しはやっぱり斎藤さん。

 

野外活動サークルが困っている時に

斎藤さんが助けてあげて、

なでしこがリンちゃんと同じ学校だと知ることを

アシストしたところは

思わず笑ってしまいましたわ。

 

あと犬派というところも

個人的に嬉しいですw

 

 

終わりに

 

 

テレビアニメの方は

視聴するかどうか迷っていたけど、

視聴決定ですわ。

あと2巻以降たぶん買って応援します。