アニメ作品を応援するためにはやっぱりお金を使うのが一番!!

続編を作って欲しい。

アニメが終わる時期になると

こんな呟きを良く目にします。

では続編を作ったほしいと思ったとき、

視聴者としては現実にどうやって

それを伝えるべきでしょうか?

まあ伝えるだけならば

SNSで呟いたり、

原作ものだったら原作者にファンレターを

送ればその気持ちは伝わるはず。

でも熱意だけでは

どうにもならないのが現実世界。

アニメ制作も突き詰めれば

お金を稼ぐ営利行為ですからね。

では続編を作ったほしいと思ったとき、

ファンとしては続編制作を後押しするために

何をすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

BD&DVDを購入する

一番手っ取り早いのがこれ。

配信のシェアが増えてきたので

昔ほどの威力はないようですけど、

やはりBD&DVDの売り上げは

作品の人気に直結しますので。

ただBD&DVDは高いのが難点。

普通のアニメの場合、

2話収録のBDで定価が7000円くらい。

1クール12話分とすると全6巻ですから

42000円かかることになります。

さすがにこの値段だと

若い人には辛いですよ。

学生は言うに及ばず、

社会人歴数年の人もポンと出せる値段では

ありません。

それに最近は早くて1年くらいで

ボックスが発売されますからね。

そんなに早く出されたら、

正規版を買うの躊躇してしまいますわ。

原作を買う

原作がラノベや漫画の場合、

その原作を買うことも

作品の応援となります。

原作がある場合、

アニメ制作は原作の宣伝ということも

多く、

実際原作が売れたことで

BD&DVDの売り上げが低い作品が

続編制作に繋がった例は多いです。

そしてラノベや漫画は

1冊500円前後のものが多いのもいいですよね。

(まあ、どっかのダークファンタジーみたいに

原作が高くてもバカ売れするのがあるけど)。

500円前後ならば

学生だって買うことができるでしょうし。

関連グッズを購入する

作品によりますが

フィギュアや文房具やお菓子が作られる場合が

あります。

ああいうのも馬鹿にはできません。

アニメに出資する制作委員会には

最近グッズを制作するメーカーが入っている場合も多く、

当然自社が作った製品が売れれば

続編に金を出してくれるかもしれませんしね。

グッズの価格はホントにピンからキリ。

1万円を超えるものから

数百円のものまで。

地方でもコンビ二で

買えるものもありますし、

地方にないものでも

通販使えばどこでも入手できますしね。

有料配信サイトと契約して応援した作品を視聴する

最近の作品は

配信サイトで配信されるのが一般的。

そのおかげで多少のタイムラグがあっても

地方でもアニメが視聴できるようになっています。

もちろん配信サイトは無料ではなく

有料となりますが

そういうところと契約して

応援する作品を視聴すれば

その視聴したデータが蓄積されていきます。

そうなれば少しでも契約者を増やしたい

有料視聴サイトも

視聴数が多い作品は

高額でも配信権を購入しようと

お金を出したり、

場合によっては制作委員会に入って

新作の製作費を出すことも。

好きな作品を繰り返し視聴して

応援になるのですから

これほど良いことはありませんわ。

終わりに

昨今はどこでも無料で

何でも手に入ります。

そして、

そういうもので済ませたい気持ちは

わかります。

でも応援したい作品には

ある程度お金をおとしましょう。

それが続編に繋がるかもしれませんから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする