WORKING!!!第9話「危険な事情」の感想 「元義兄のおかげで小鳥遊と伊波の仲が進展する」

感想(ネタバレあり)

今回もてんこ盛りでした。

付き合っていないのにいちゃつく

小鳥遊と伊波、

佐藤と八千代、

山田でなくてもイライラしますよね。

さっさとくっ付けよと。

視聴者は第1期から思っていましたが。

スポンサーリンク

佐藤と八千代は両想い?

そんな中ぽぷらが

あることに気付きます。

八千代も佐藤に気があるかもしれない。

まあ、店長ののろけ話ばっかりしていれば

気が無いようにも見えなくはありませんが、

気があるからこそ

話ができるとも考えることができますからね。

毎回店長の話を長々と聞かされる

佐藤はたまったもんじゃないですけどw

ただ絶対八千代は

そのことに気付いてないでしょう。

気付くまで

あとどれくらい時間がかかるのでしょうかねえ。

峰岸が原因で急接近

さてワグナリアに

小鳥遊の元義兄である峰岸がやってきます。

この人が来るといろいろ問題が起こりますが、

やっぱりやらかしてしまいました。

伊波に不用意に近づいて

殴られてしまったのです。

どM歓喜と思ったらさっさとその場を立ち去り、

行った先は元奥さんの一枝の弁護士事務所。

なんとそこでまさかの求婚!!

もちろん一枝さんに。

これは恥ずかしい、

求婚する方が良いですけど、

される方は恥ずかしすぎます。

まあ、事態を収拾するためには

一時的にも求婚を拭け入れるしかありません。

一枝さん不憫です。

後で峰岸をぼっこぼこにしたのも

情状酌量の余地ありです。

峰岸的には嬉しすぎる

展開かもしれませんが。

一方峰岸を殴ってしまった

伊波の方も動揺しています。

最近は男性を殴っていなくて、

ようやく男性恐怖症が治ったかもしれないと

思っていたのに、

峰岸が不用意に近づいてきたので

殴ってしまった。

それも伊波は

峰岸と面識なかったですし。

そんな混乱状態の伊波を慰める小鳥遊。

伊波の手を握っても殴られません。

これって、男性恐怖症が治ったのではなく、

小鳥遊だから触っても大丈夫なんでしょうね。

伊波の仲では、

小鳥遊>男性恐怖症なんだと思います。

でもこれで小鳥遊と伊波の仲が

さらに進展するような気がします。

その点では峰岸グッジョブとなるのでしょうか?

認めたくはありませんが。

キャラが薄くなるのは大問題

あと奥さんが見つかったので

音尾さんがずっとワグナリアにいたみたいです。

どうやらあの奥さんと親しくなると

影が薄くなっていく様子。

ぽぷらや山田が

後ずさりするのもわかります。

影が薄くなったら

アニメのキャラとして致命傷ですからw

さて来週はラスボス

小鳥遊母が登場しそうな感じですね。

一体どんな人物なんでしょうか。気になります。

今回のまとめ三行

・片想いでは無く両想い?

・音尾夫婦の影の薄さは異常

・伊波が殴ったおかげで復縁

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする