干物妹!うまるちゃんR(第2期)第12話(最終話)「みんなとうまる」の感想 「うまるはやっぱり干物妹だ!」

感想(ネタバレあり)

今回で本作も最終回。

メインキャラ総登場って感じですね。

何気にシルフィンママまで出ていたし。

そして最後は干物妹で

終わるなんてさすが監督わかってますねえ。

えびなちゃんたち4人組のシーンも

いいですけど、

やっぱりぐうたらうまるですよ。

視聴者が求めいるのは。

スポンサーリンク

ジャパニーズピザ(お好み焼き)で大興奮

ピザが食べたいと

駄々をこねるうまる。

それを見たタイヘイ、

何かのスイッチが入ったようです。

夜、

なぜかボンバーとアレックスが

やってきます。

そしてうまる達の前には

ホットプレートが。

え?

ホットプレートでピザ?

さすがのホットプレートでは

チーズがしっかりと溶けませんよ?

と思ったら

タイヘイが作るのはお好み焼き!!

おいおい、

確かに人によっては

お好み焼きを日本のピザと

形容する人いるけど

別もんですぜ。

そして当然

うまるは猛反発。

ボンバーとアレックスがいるのに

いつものように転げまわって

反対の意思表示。

うまるのこの姿を見せるということは

それだけボンバーとアレックスを

信用しているのでしょうかねえ。

アレックスはともかく、

ボンバーが切絵ちゃんに

このうまるの本性を話したら

どうするつもりなんでしょうか。

まあ、ボンバーはうまるのこととして

話しても

たぶん切絵ちゃんがこまるのこととして

認識するでしょうから

問題ないか。

つ~か、こまるの設定を

いつになったら切絵ちゃんに

うまるは話すのでしょうかねえ。

話すのが遅くなれば

遅くなっただけ切絵ちゃんの

受けるショックは大きいのに。

お好み焼きを作るにあたって

重要なこと。

それは具材です。

ボンバーは肉、

アレックスは海鮮類で対立。

どっちも引く様子はなさそう。

これに対してタイヘイは

ネギ納豆という

関西人に喧嘩を吹っ掛けるような

具材で作るつもりのようです。

あかん、

関西人は納豆の粘り気じゃなくて

臭いが苦手なんやで。

熱を加えると臭いも強くなるから

絶対にあかんw

でもこれには

ボンバーとアレックスが

反発し収集が付かない状態に。

そこでうまるが折衷案というか

自分が食べたいミックスを提示。

まあそこしか収まる手立ては

ないでしょうね。

という訳で

具材はミックスに決定。

早速作り始めるタイヘイ。

そして一番重要なひっくり返す工程へ。

ここでタイヘイ、

この重要な工程をうまるに託します。

以前ホットケーキで

ひっくり返しに失敗しているうまる。

そのトラウマを克服させるため・・・

という気持ちはタイヘイには

さらさらないでしょうけど、

大役を任されたうまるは慎重に

ひっくり返します。

そして成功、

完成したお好み焼きを切り分けて貰い、

最初にがっつくうまる。

自分で作ったのですから

美味しくない訳ありません。

やっぱり料理は手作り、

うまるもこの時だけは

そう思ったことでしょうねえ。

たぶん次の日には

またピザピザ言ってそうですが。

お兄ちゃんへのプレゼント

クリスマスのプレゼントに

ゲーム機を強請るうまる。

欲しいのはゲームですけど、

どうやら本体同梱版を強請っている様子。

しかし2万円って値段はどうなんでしょうねえ。

誕生日だったらともかく、

クリスマスプレゼントにしたら

結構良い値段ですわ。

タイヘイの帰りを待つ、

うまるとえびなちゃん。

残りの二人は今回欠席。

そこでえびなちゃんが

タイヘイにクリスマスプレゼントを

贈るつもりでいることを知るうまる。

これはまずい。

えびなちゃんがあげるのに

自分が何もあげないなんて

良い格好したがりの

うまるには許されません。

それにえびなちゃんにも体裁が悪いし。

という訳で

えびなちゃんと一緒に

セレクトするつもりだったと

出まかせ言って

えびなちゃんと一緒に

タイヘイのプレゼント選びです。

でもその前にえびなちゃんへの

プレゼントを。

うまるはえびなちゃんに白い

ベレー帽みたいな帽子をプレゼント。

これがすごく似合ってる。

帽子との相乗効果で

えびなちゃんが一層綺麗に見えますわ。

一方えびなちゃんも

ここで用意していたうまる用の

プレゼントをうまるに渡します。

何とこれも帽子。

それもうまるがいつも着ているフードと

同じようなの耳がついたやつ。

もしかして

えびなちゃん、

うまるのフード姿を知っている?

そんな訳ないか。

たぶんハムスターを飼っているので

このデザインのやつにしたのでしょうね。

時間が過ぎ、

うまるやえびなちゃんへのプレゼントと

夕食の材料を購入するため

ショッピングモールに

タイヘイがやってきます。

待ち構えるうまるとえびなちゃん。

そしてタイヘイにプレゼントを渡します。

こんなところで渡さんでもいいやろに。

まあ早くプレゼントを渡して

タイヘイの喜ぶ姿を見たかったのでしょうねぇ。

果たして何をプレゼントをしたのか?

それはご自身で視聴してご確認ください。

成績優秀者でもヘタレな叶

お兄ちゃんに褒められたい。

ヒカリちゃんの願いをどうにかして

かなえたい叶課長ですが

タイヘイをどうやってうちに招待すれば

いいのか思い悩みます。

高校の時は

料理本を渡すという大義名分が

ありましたが

今回はそんな都合が良いものが

思いつきません。

それに去年のクリスマス、

タイヘイを誘おうとして

見事に失敗していますからね。

他人を誘うって

意外と大変です。

さすがに高校の特進クラスでも

そんなもん教えませんから。

普通に事情を話せば

タイヘイも来てくれるでしょうけどね。

しかし叶課長もピエロですわ。

だって肝心のヒカリちゃんは

自分でタイヘイのところに行って、

何度もタイヘイの手料理を

食べているのですから。

この事実を知ったとき、

叶課長がどんな反応をするか

見てみたいです。

そういえばヒカリちゃん、

実の姉(叶課長)からも

変わっていると思われているようです。

パンが好き、

まで普通ですが、

デッカイ地球儀に抱き付き

ぐるぐるするのは確かに

変わっているかも。

お正月はみんなで

お正月、

うまる達はシルフィン家に集まっています。

みんなシルフィンママが用意した

着物を着てお正月という雰囲気に浸ってますねえ。

そしてお正月といえば

数々の遊びがあります。

それを一つずつやっていく4人。

羽付きに

福笑いに

カルタに

お正月の遊びを堪能する4人。

ホント4人のシーンは

ほっこりしますねえ。

2期になって4人のシーンが激増し、

4人のシーンが好きな人には

至福の一時だったでしょうねえ。

やっぱりうまる=干物妹

ちょっと早めのEDが終わってCパート。

タイヘイから1万円、

ボンバーから5000円、

アレックスから2万円を

お年玉として貰ったうまる。

今年は切絵ちゃんも

お年玉を渡そうとしましたが

どうやらそれは断ったようです。

うまるが今年のお年玉の合計が

3万5000円と言っていたので

仮に切絵ちゃんから貰っていれば

計算が合わなくなります。

だから切絵ちゃんからの分は

返還したと考えるのが普通かと。

さてこれだけの大金をどうするか?

うまるはすべて500円玉に交換して

豚さん貯金箱に入れるという方法を

選択します。

500円玉にしておけば

一度にたくさん使えないでしょうし、

豚さん貯金箱に入れておけば

取り出すのが面倒なので

あんまり使わないはず。

うまるにしてはよく考えています。

しかしうまるは干物妹。

少々の不都合や障害があっても

欲望を抑えることはできません。

結局友達と遊んだり

ゲームを買ったりする毎に

500円貯金を切り崩した結果、

残金ゼロ円にw

さすが干物妹、

その称号に恥じない

浪費ぶりです。

しかしここで

問題が発生。

何といつもの4人で遊ぶ約束をしていたのに

軍資金がない。

さあどうする?

もちろん残っている方法は

一つしかありません。

タイヘイの強請るうまる。

そしてタイヘイは?

ここで本作終了です。

最後は干物妹として終わるのは

嬉しいですねえ。

4人組で遊ぶのもいいですけど、

やっぱりうまるちゃんと言えば

この干物妹ですからねえ。

ぐうたらして

お兄ちゃんに甘えるうまるが

やっぱり一番ですわ。

名残惜しいですが今回で最終回。

ただ原作の続編がスタートしているので

ある程エピソード貯まれば

3期の制作も可能かもしれません。

ファンとしては

BDや原作買って

応援するのも手だと思います。

私は最近購入してなかった

原作の最終巻を購入するところから

始めようと思っております。

干物妹! うまるちゃん 12 (ヤングジャンプコミックス)

新品価格
¥555から
(2017/12/25 07:53時点)

と思ったら、

キンドル版まだ発売

してないじゃね~か(2017年1月発売予定)。

紙と電子書籍版は

同時発売してくれ。

今回のまとめ三行

・手作りお好み焼きは最高

・タイヘイをどうやって誘うか悩む叶

・干物妹エンドで終わり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする