【2017年12月】松岡禎丞さん関連のイベントやニコ生の話題をまとめてみた(2018年8月10日更新)「冴えカノフェスで熱唱する姿見たかった」

スポンサーリンク

 

2017年ももう終わり。

という訳でいつものやつです。

今月のメインは

やっぱり冴えカノFes。

参加できた人が羨ましいですわ。

 

なお先月の松岡さんの動向を確認されたい方はこちらからどうぞ。

 

【2017年11月】松岡禎丞さん関連のイベントやニコ生の話題をまとめてみた(2018年8月8日更新)「まさか松岡さんがツッコミするなんて」
松岡さんの動向記事2017年11月版です。今月はエロマンガ先生関連で松岡さんの話題がたくさん出てきました。また柏田Pとご一緒した番組でまさか松岡さんがツッコミに回るとは。

 

 

スポンサーリンク

12月3日:冴えカノFes

 

昼夜の2公演あったこのイベント。

参加された方のつぶやきを見たら

神イベントだったみたいですね。

 

詳しくは参加された方のつぶやきをご覧ください。

 

昼の部について。

 

まずは影ナレからのオープニング。

すでにこの時点でカオス状態で

松岡さんは汗びっしょりに。

昼公演の最初から全力投球、

さすが松岡さんです。

 

オープニングでは

キャストのみなさんが挨拶しましたが、

2期で出番が少なかった

矢作さんと赤﨑さんが自虐的な話を。

もちろん場を盛り上げるための発言だったと

多くの人が思ったことでしょう。

 

しかしこの二人、

このネタをこの後も事あるごとに

言っていたそうで

本気で出番少なかったのを

恨んでいる可能性がw

 

ま、まあ、

お二人が演じたキャラ(美智留と出海)が

活躍するのは

原作の8巻以降ですから、

そこがアニメ化すれば

出番が増えるはずです(たぶん)。

 

オープニングが終わると

トークコーナー。

明らかに地上波のバラエティの名前を

パクった「冴えトーーク」。

 

映像化しないからと言って

結構危ない橋を渡りますねえ。

 

松岡さんがMC役だったそうですが

ファンの方のつぶやきを見たら

結構上手く回していたみたいです。

 

今回の出演者は

松岡さん的に親しい女性声優さん

ばかりだったので、

それもプラスに働いたのでしょう。

 

 

 

 

 

さて、

トークコーナーで話題になったのは

茅野さんと大西さんのイチャイチャ、

2期で出番が少なかった赤﨑さんと矢作さんが

どっちがセリフ数が多かったのか、

安野さんと大西さんの席の間に

ゴミが置かれるアフレコ現場の話。

そしてなぜか安野さんの理想のヒロインで、

ときメモの虹野〇希の画像が写し出されたこと。

 

トークコーナーもいろいろカオスだったようです。

 

トークコーナーが終わると次は

朗読劇。

倫也たちがカラオケボックスに

打ち上げに来たという設定で

朗読劇の合間にキャラソンを歌うという

演出だったそうです。

うん、どことなく

先月開催された

どっかのEマンガフェスと

演出似てますね。

 

さらにキャラソン以外にも

カラオケボックスの隣の部屋に

OPを歌った春奈るなさんや

EDを歌った妄想キャリブレーションのみなさんが

いたという設定で

♭のOPとEDを披露するとは

よく練られていますわ。

 

 

最後はアンコール。

君色シグナル、

青春プロローグ、

そしてメインキャスト全員で

檄!帝国華撃団を熱唱されたそうです。

もちろんメインキャスト全員なので

松岡さんも熱唱。

 

うん、アンコールだけでも

チケット代の価値がありそうですわ。

 

 

夜の部では

劇場版制作決定の映像が流れ、

喜びのあまり大西さんは大泣きしたとか。

 

事あるごとに冴えカノ愛を

語っている大西さんなら

号泣しても仕方ありませんわ。

 

スポンサーリンク

12月10日:「TVアニメ第4期『弱虫ペダル GLORY LINE』放送直前、TVアニメ第3期名エピソード上映イベント<Vol.3>」

 

来年1月スタートの弱虫ペダル第4期に先駆けて

第3期を振り返るイベントです。

 

 

 

第19話と20話を振り返るイベントに

松岡さんが事務所の先輩である

下野紘さんと一緒に参加しました。

 

アニメの中では現実とは逆に

下野さん演じる鏑木の先輩にあたる

青八木を演じる松岡さん。

 

19話と20話は

銅橋との死闘の話ですので

この二人がゲストなのは納得ですね。

 

さてイベントでは

下野さんと松岡さんが

作品に関するトークを繰り広げたようです。

 

例えば

キャラを演じる時は

現実の先輩後輩を意識せず

演じたそうです。

まあ当たり前ですわな。

 

 

1期の頃はほとんど喋らなかった

青八木。

2期3期となるうちに

セリフの数が増えてきましたが

それと同時に人間離れしたような

体型になったりする場面があって

松岡さんファンとして

喜ぶべきか悲しむべきか微妙ですけど、

4期も期待しております。

あんまり出番ないかもしれませんが。

 

詳しい内容は

こちらの記事でご確認ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

12月11日:鋼の年末スパロボ感謝祭&忘年会

 

スパロボの新作に

バディコンが参戦ということで

松岡さんが出演されました。

 

 

最近は落ち着いた感じで

ニコ生に出演することが多かった

松岡さんですが、

この番組では

一瞬でわかるくらい緊張されていました。

 

まあ、桧山さんや緑川さんという

大先輩と一緒に出演ですから

緊張しない若手声優なんていませんよね。

 

特に緑川さんは、

松岡さんがガンガンGAで昔好きだったと言っていた

サイバー〇ォーミュラで

主人公のライバルの声を担当していましたから。

 

 

ただやっぱり緊張しすぎ。

緊張のあまり、

昔の悪い癖(いろいろ考えるうちに間ができる)

も出てましたし。

 

でも危ないところで

飛んでくる桧山さんの突っ込み。

さすがベテランって感じです。

 

その一方、

下の画像のように笑顔のシーンも

たくさんありましたので

ご本人は結構楽しかったのかもしれませんね。

 

鋼の年末スパロボ感謝祭&忘年会より引用

 

 

そして最後の挨拶、

しっかりとゲームの宣伝も入れて

挨拶としては満点だったと

思いますわ。

 

 

スポンサーリンク

12月16日:ソーマステージイベント

 

ジャンプフェスタのソーマステージ。

主人公の創真を演じる松岡さんも参加しました。

 

ただ石田さんと諏訪部さんという

存在感抜群の二人の先輩男性声優が

一緒だったために

かなりおとなしめだったそうです。

 

 

 

 

まあ、焼きそばにタバスコを大量に入れたり、

焼きそばに愛情を入れるため「萌え萌えキュン」

をする先輩たちに敵う訳ありません。

 

まだまだ中堅以上の男性声優さんとの差は

大きい感じです。

 

 

 

スポンサーリンク

12月16日:【ジャンプフェスタ2018】ポケモン レインボーロケット団ステージ DAY1

 

 

ソーマのステージに引き続き、

ポケモンのステージイベントにも参加の松岡さん。

アオギリに洗脳された松岡さんと

一般のお客さんがポケモンバトルをするという構成で

松岡さんは全3戦戦うことに。

 

さすがに未成年者が相手なので

松岡さんは手加減しているようにも

見えましたが、

ニコ生のコメントにあった通り、

本気出して負けた可能性も。

 

松岡さんは技の名前を叫んだり、

派手なリアクションをしたり、

結構気を使っているように見えました。

 

気を使ったといえば

MCである小野坂昌也さん。

 

ラジオなどでは際どい発言して

共演の声優さんをタジタジにする御仁ですが、

今回は小っちゃいお客さんが多いステージと

いうことでかなり抑えめでしたね。

 

松岡さんに対するツッコミも

かなり抑制していたし(あれでも抑えている方です)。

 

波乱が起きるか期待してましたが

案外スムーズに終わった感じです。

 

 

スポンサーリンク

12月21日、23日:演劇企画CRANQ 6th STAGE Sound play 2『プリモ・ピアット~聖夜のヒミツ~』

 

本格的な朗読劇。

松岡さんは3公演に出演です。

 

 

先輩声優さんばかりなので

松岡さん緊張してそうですけど、

同時に演じるのが楽しかったとも思います。

 

 

 

 

感想の呟き見ると

アドリブをたくさんぶっこみ、

他のキャストを困らせているみたいです(良い意味で)。

ただし松岡さんのアドリブに慣れている

伊藤かな恵さんはそれを利用したようですけどw

 

それにしても

ツイッターの画像見ると

松岡さん、無駄な筋肉が取れて

スマートになった感じがしますわ。

 

 

スポンサーリンク

12月22日:Merry Christmas! ソードアート・オンラインゲーム生配信

 

毎年恒例のSAOのクリスマスのニコ生特番です。

当然松岡さんは参加、

さらに今回は同じ事務所の巽悠衣子さんも参加。

 

 

冒頭の影ナレから

松岡さんのクリスマスの予定を

聞こうとする巽さん。

事務所の先輩容赦ありませんねえ。

結局沈黙した松岡さん。

その結果、

「松岡禎丞 クリスマス 白紙」と

認識されることに。

 

これ台本通りなんでしょうか?

案外巽さんなら

これぐらいブッコミそうな気もしますが。

 

最初こそこんな感じですが

後は普通のゲーム広報番組って感じでしたね。

数人酔っぱらって

ぐでんぐでんになった以外はw

 

松岡さんに関しては

随所でゲームをプレーする場面があり、

かなり手慣れている感じでした。

さすがガチ勢ですわ。

 

またゲーム以外だと、

ゲームの主題歌を担当するLISAさんと

街で偶然出会ったけど、

それを内田真礼さんと勘違いした話をしたり、

いろいろな女性キャラとの添い寝機能について

意見を求められて

 

「(キリトは)アスナに刺されろ」と言ったり、

 

マリッジリングに喰いついたり、

大活躍でしたわ。

 

ただかなりお疲れのようで

時々動かなくなる場面が多数、

さらに今回はいつも以上に

鼻を触ったり、

梅干を食べたような顔をすることが

多かったと思います。

 

やっぱり朗読劇のやっている最中、

ニコ生に出演してさらに

アニメJAMにも出演するって

キツイですよ。

 

さすがに松岡さんがOKしても

マネージャーさんが説得するように

した方が良いと思いますわ。

 

あとケーキの件、

巽さんの助言で

ケーキ本体ではなく

苺を食べることになりましたが

それでも辛そうでしたね。

あれはできれば

松岡さんが食べようとしたら

それを巽さんか二見Pが横取りするとか

演出で誤魔化すように

するべきだったかも。

 

 

スポンサーリンク

12月22日:『エロマンガ先生』特番 藤田茜サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー!

 

SAOのニコ生の放送開始に遅れること1時間、

始まったのがこの番組。

 

SAOの方を裏切った(?)

三木さんと柏田Pがトナカイの着ぐるみきて

出演してましたが

やっぱり藤田さんのサンタコスプレには

敵いませんわ。

 

ちなみに三木さんたちは

松岡さんたちのことを

裏切りもんと言ってました。

 

たぶんこっちの特番の放送日程と

SAOの放送日程が被っていたので

それを指して裏切りったと判断したのでしょう。

放送日程を先に公開したのはこっちだったですし。

 

さて、

今回は松岡さんの話題は出ないだろうと

思ったら、

そういえばあれがありましたよ。

藤田茜布教の旅byグランクレスト戦記。

 

先月のグランクレスト戦記のニコ生で

番組最初の10分ぐらいを占拠して

まさかの藤田茜さんの売りこみw

 

その模様をこの特番で流していました。

それに関して藤田さんはかなり恐縮しており、

松岡さんに謝っていましたね。

全部悪いのはおじさん二人(柏田、三木の両氏)なのに。

 

松岡さんの名前が出たのは

これぐらいでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

12月24日:アニメJAM2017

 

毎年恒例のアニメJAM。

今年もトリニティセブンで出演です。

 

トリニティといえば、

日笠・佐倉・りえしょんと

楽屋裏で死闘(?)を演じている

松岡さん。

今回はどうなんでしょうかねえ。

りえしょんあたりが

ラジオで楽屋裏の話してくれると

いいですけど。

 

今年は昼夜2公演。

去年あった作品の朗読パートが

なくなり、

クイズパートとライブパートのみ。

 

朗読パートの

アドリブが

松岡さんの最大の見せ場だったので

松岡さんのファン方たちは

結構残念だったかもしれませんね。

 

しかし朗読パートがなくても

やっぱり見せ場を作るのが松岡さん。

 

クイズパートのじゃんけんで

またグ―を出したり、

挨拶で他の作品の決め台詞を

入れて笑いを取ったり、

さすがの一言です。

 

 

スポンサーリンク

12月26日:TVアニメ「グランクレスト戦記」放送前特番 『グランクレスト戦記 ROAD to LORD』

 

先月松岡さんが酷い目にあったこの番組。

松岡さんの名前が出てきました。

 

まずはオープニングで

鬼頭さんが松岡さんに

改めて前回のことを謝罪。

 

謝罪と言っても

重苦しいやつではありません。

まあこれぐらいのレベルの

謝罪でいいと思いますね。

 

つ~か、

あれ松岡さんが

前振りしているのですよ。

 

鬼頭さんがシルーカの

コスプレするかどうかの件で

思わず鬼頭さんの体を見ちゃった松岡さん。

 

それがあったので

 

 

松岡:「自分さっき(鬼頭さんの)体見ちゃったから」

松岡:「手加減しなくて(いいよ)」

 

という風に発言してます。

これを聞いたら

前振りだと判断して

全力で叩かないといけないと

考えるのが普通です。

 

あと何気に柏田Pの

(松岡さんと鬼頭さん)どっちが先輩?という

発言も大きく影響したと思います。

 

次は

番組スタートから14分付近、

熊谷さんと鬼頭さんが着替えている間に

柏田Pが藤田茜さんの謎の売りこみに

松岡さんを巻き込んだ話を再びすることに。

 

ちなみにあの後、

グランクレストをグランドクレスト

と間違ったことで

柏田Pは角川書店に怒られ、

原作者の水野先生のところに

謝罪にいったそうです。

 

そりゃあ担当Pが

タイトル間違えるの前代未聞ですもん。

怒られるのも仕方ありませんし、

松岡さんが焦るのも当然です。

 

 

あと何気に

高森奈津美さんが

松岡さんのことを「優しいから」と

言っていたのが印象的でした。

 

「さくら荘」や「電気街の本屋さん」

などで共演しているので

松岡さんの性格などを

しっかりと把握しているのでしょうねえ。

 

 

 

スポンサーリンク

12月27日:【ダンメモ】ダンまち情報局オラジオZ #14年末拡大SP

 

ダンメモの広報番組。

今回も松岡さんの話題が。

 

まずは開始17分付近。

 

助演女優賞を受賞したアイズの件で、

某エピソードの話を

松岡さんと大西さんと石上さんと高橋さんが

どっかの収録現場で

話題にしたそうなのです。

 

この某エピソード、

ベル君が目からビームを打つわ、

アイズがロボという設定だわ、

メインストーリー無視のやりたい放題。

これは一見の価値がある

エピソードだと思います。

 

あとこのメンツがそろって

雑談したの某収録現場って

たぶんソーマのアフレコ現場でしょうね。

 

ゲームの収録だったらこのメンツを

一堂に集める必要性ありませんし。

 

 

次は開始21分付近。

松岡さんが演じたベル君が

主演男優賞を取った件で

アフレコ時の松岡さんの話が。

 

これはゲームのエピソードを体験しなければ

わからないのですけど、

通常のベル君とは

遠くかけ離れた演技を

松岡さんがやって

ダンメモの野澤P以下

アフレコ現場にいたスタッフの皆さんを

大爆笑させたらしいのです。

さすが松岡さんと言ったところでしょうか。