ブレンド・S第10話「おしえて、あげる♡」の感想 「ブラックコーヒーは大人のお姉さんの味」

感想(ネタバレあり)

今回は麻冬さんメイン回

と見せかけて

どちらかというと夏帆ちゃんが

メインだった気がしますわ。

秋月氏に何らかの感情を

抱いているのに

それを素直に言えないところが

いいですねぇ。

スポンサーリンク

麻冬さんに告った末路

アバンでいきなり

告白される麻冬さん。

トークアプリのアドレス書かれた紙を

渡されます。

これは今時って感じですね。

でもアプリだと

「軽くお話するところ始めましょ」

って感じで案外成功しやすいのかも

しれません。

それに対する麻冬さんの答え。

渡された紙を折って紙飛行機に。

その紙飛行機を店の外に飛ばして

告白に対する返答終了。

ブレンド・S第10話WEB予告より引用

いつもの妹属性で答えてますけど、

これはかなり傷つく返答ですわ。

まあ麻冬さんが言う通り、

真剣に交際を申し込むなら、

携帯の番号とメールのアドレスを差し出して

本気度を示す方が

生半可な気持ちではないと

伝えることができるでしょうし、

妹属性と体型というところに喰いつき

告ってくる奴は確かに信用できません。

今は小っちゃいもの好きは・・・ですし。

ブレンド・S第10話WEB予告より引用

だいたいそういう表面上の

麻冬さんだけ見て告った奴って、

プライベートの黒い麻冬さんを見たら

どう思うのでしょうねぇ。

それに麻冬さんは

彼氏なんぞ作ったら

時間がなくなると思っている様子。

麻冬さん的には彼氏よりも

キッズアニメをリアルタイム視聴する方が

大事なようですから。

その後は

麻冬さんの体型の話に盛り上がり。

つ~か麻冬さん135cmしかなかったのね。

そりゃあコンプレックス覚えますわ。

当然この身長だから

店長に壁ドンされても・・・。

壁ドンって

お互いの顔が近づくので

ドキドキするのですけど、

さすがに身長差があり過ぎると

滑稽というか、

悲しみしか生みません。

ちなみに麻冬さんは

弟よりも身長が低く、

家で一緒に洗いものする時は

箱の上に乗って弟と

同じくらいの身長になるように

調整しているようです。

何か涙を誘いますわ。

麻冬さんは大人のお姉さん

スティーレに出勤する前、

ふとゲーセンに立ち寄った麻冬さんが

見たもの。

それは多くの人々が注目する中、

一人太鼓ゲーで遊んでいる夏帆ちゃん。

何でも夏帆ちゃん、

次の追試で赤点とったら

ゲーム禁止になるらしく、

そのストレス解消と

禁止前に思いっきりゲームを

楽しむつもりだったようです。

それなら追試の勉強して

赤点取らないようにしろよと

ツッコみたいですわw

訳を聞いた以上、

知らんぷりもできません。

夏帆ちゃんに勉強を教えることにした麻冬さん。

そんな二人がやってきたのは

コーヒーショップ。

ここなら静かに勉強できます。

まあ今はファミレス並みに

勉強禁止のコーヒーショップも

少しづつ増えているのですけどね。

ブラックコーヒーを飲む麻冬さんは

ホント大人のお姉さんって感じです。

見た目はJCですが

頭脳はJDですのでギャップ萌の人には

たまんないかも。

まあ一般的なギャップ萌とは種類が

違うかもしれませんが。

その一方夏帆ちゃん。

持ち歩いているタブレット端末の中身は

ゲームだらけ。

それならスマホでいいじゃんw

そりゃあ、お母さんも

赤点取ったらゲーム禁止と

言うでしょうし、

麻冬さんだってキレますわw

そういえば麻冬さんの

将来の夢は小学校の先生か

保育士らしいです。

子供たちと一緒に遊ぶ麻冬さんって

可愛い感じがしますが

少しでも子供が生意気なこと言ったら

思いっきり〆るイメージがw

秋月氏にじゃれる夏帆ちゃんが可愛い

家でも一生懸命勉強しているために

目の下にクマができてしまった夏帆ちゃん。

客商売でこれはいけません。

そこで麻冬さんがメイクをして

夏帆ちゃんのクマを見えなくすることに。

さすがJD、

化粧のやり方もばっちり。

そしてついでに苺香にも

化粧をしてあげる麻冬さん。

しかし夏帆ちゃんにしろ、

苺香にしろ、

顔が整っているので

化粧しても劇的に変わることがないので

麻冬さんはちょっと残念なご様子。

誰か地味な顔をした奴いないかしら?

と思った時に出勤している秋月氏。

あ~あ、何と間が悪い。

これは麻冬さんたちの

玩具になること確定ですわ。

そして案の定、

玩具になって

化粧をさせられた秋月氏。

体格と顔のアンバランスが

気持ち悪すぎますわw

さんざん玩具にして遊んだ後、

メイクを落とした秋月氏に

話掛ける夏帆ちゃん。

自分がメイクして貰ったことに

気付かなかった秋月氏に

不満のようです。

この時点で

夏帆ちゃんの気持ちに察するべきなのに

なぜか察することができない秋月氏。

百合大好きな癖にラノベの主人公みたいな

鈍い感性ですわ。

でも夏帆ちゃんが

あまりに煩いので

思わず、

「元もままで十分可愛いってことだよ」

と口に出してしまいます。

夏帆ちゃんの気持ちは

察することができないくせに

夏帆ちゃんに気があるようなことを言う秋月氏。

テンプレなのは

セリフじゃなくてあんたの鈍感さだわ。

赤点回避したけど何だか寂しい

麻冬さんに勉強を見て貰った甲斐があり、

赤点回避に成功した夏帆ちゃん。

でもこれで麻冬さんに

勉強見て貰うことも終わりです。

何だか寂しさを感じる夏帆ちゃん。

そして・・・。

Cパート。

スティーレの控室で

コーヒーを飲んでいる夏帆ちゃん。

どうやら飲んでいるのはブラックコーヒー。

これは大人の女性に

一歩でも近づきたいという

気持ちの現れなのかもしれませんね。

今回のまとめ三行

・麻冬さんに告った奴の末路

・麻冬さんがマンツーマンで教えてくれる

・秋月氏に絡んでいく夏帆ちゃん

以上、ブレンド・S第10話「おしえてあげる♡」の感想 「ブラックコーヒーは大人のお姉さんの味」の記事でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする