おそ松さん(第2期)第9話「キャンペーン発動!」「ゲームセンターイヤミ」「トト子とニャー(2)」の感想 「一松って予想通りねちっこい」

感想(ネタバレあり)

今回は3本立て。

1本目と3本目はともかく、

2本目のイヤミのゲーセンネタ、

あれの元ネタ知っている人

どれくらいいるのでしょうか?

そっちの方が気になりますわ。

おそ松は他人に気を使ってないことが良くわかった

蛍光灯が気になって眠れない一松。

再三寝ようと他の兄弟にお願いするけど、

ラノベに夢中のチョロ松と

YouTubeに夢中の

おそ松・トド松は全く聞き入れません。

仕方がないので

羊ならぬ猫を数え始める一松。

そしたらなぜか熟女猫や

照英猫を思い浮かべてしまいますw

まさか照英さん再登場するとはw

まあ、絵だけだったけど。

そしてやっぱり眠れない一松。

おそ松たちも

一松のためにまめ球にしたり、

外で寝れば?アドバイスしたりと

いろいろやってあげますが

完全に自分本位で考えているのバレバレ。

さすがにキレた一松は

あるキャンペーンの開催を宣言します。

それが

「兄弟であっても

もっと気を使っていこう

キャンペーン」

11月28日午前3時16分に始まった

このキャンペーンにより、

一松以外の5人は地獄を見ることになります。

事あるごとに

気を使うというキーワードで

他の兄弟を締め上げる一松。

おそ松だけは余裕綽々でしたが

どんどんおそ松だけが

狙われるようになって。

これって他の兄弟が空気読んだ一方、

おそ松が普段の行いを

変えなかったせいですよね。

どれだけおそ松の普段の行いが

他の兄弟に気を使ってなかったかが

よくわかります。

まあ長男ということも

あるでしょうけど、

それ以上におそ松自身の性格に

問題あったのでしょうね。

一松の干渉に耐え切れなくなったおそ松は

キャンペーンの終了を主張しますが・・・。

おそ松はタイミングを逃しましたね。

他の兄弟がキャンペーンを問題視した時に

主張していれば・・・。

まあ自業自得ですわ。

元ネタわかる視聴者がどれだけいるの?

自販機の下から

300円ゲットしたイヤミ。

そのお金を持ってゲーセンへ。

昭和の臭いが漂ってきそうな

ゲーセンですが

こういうゲーセンも味があっていいのですよねえ。

それに合わせたかどうかは

しりませんが

イヤミはいつもの

ピンクのスーツではなく、

なぜか見たことない格好。

でも昭和50年代生まれのおっさんなら

ピント来るような格好ですわ、これ。

微妙にデザイン変えていますが

ゲームセンター嵐じゃんw

私だっておぼろげにしか

覚えていないのに

今視聴者の中心である

10代20代の人達じゃ

絶対わからんだろw

前回のイルカに乗った少年のパロといい、

狙いがズレているような。

さてなけなしの300円を使って

凄技を見せまくるイヤミ。

これって

イヤミが楽しむというより、

イヤミがどれだけゲームが上手いかを

ちびっ子に見せつけて

イヤミがちやほやされたいだけだろw

現にちびっ子たちは

イヤミの呼び方を

子供が絶対つき合ってはいけないおじさん

師匠

父ちゃん

に変化させてるしw

そして300円使いきって

やりきった感のあるイヤミ。

しかしイヤミの前に

ゲーセンの店長であるチビ太が

立ちふさがります。

そして・・・。

どうしてこのオチにしたw

トト子は炎上狙い?

Cパート。

チビ太のおでん屋台で飲んでいる

トト子ちゃんとニャー。

ニャーは営業の一環で

パシャパシャ画像を取りまくって

それをすぐにインスタに。

こうやってSNS活用するのが

大事な営業ですからねえ。

でも食事している時に

こういうことされると

物凄くムカつく。

どうやらそれはトト子ちゃんも

一緒だったようで、

トト子のおでんの汁攻撃が

ニャーに炸裂!!

熱くて転げまわる画像を

パシャパシャとって

アップするトト子ちゃんぐっじょぶw

でもこういうのアップすると

炎上するのですよねえ。

しかしトト子ちゃんは

それも狙って拡散させているのかも。

炎上させれば

知名度だけは上がりますから。

アンチも増やすけどw

今回のまとめ三行

・気を使うことは大事

・元ネタわからん視聴者続出じゃね?

・トト子のライバル潰し

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする