銀河英雄伝説 第11話「女優退場」の感想 「女の嫉妬恐るべし」

xx4

感想(ネタバレあり)

今回は女の嫉妬をフレーゲル男爵が利用して、

目障りなラインハルトを追い落とそうとして

失敗したというお話です。

女の嫉妬を利用したフレ―ゲル男爵って頭いいわ

ラインハルトを金髪の儒子と侮り、

ことあるごとに失脚させようとするフレ―ゲル男爵。

そんなフレ―ゲル男爵が目を付けたのは、

かつて皇帝の寵愛を独り占めしていたベーネミュンネ公爵夫人。

この人、

アンネローゼが皇帝の後宮に入って来てから

皇帝の寵愛をアンネローゼに奪われたので

アンネローゼを恨んでいたのです。

それを利用とするフレ―ゲル男爵。

ホントに策士でずる賢いです。

でもこの才能を別のことに使ったら、

貴族の称号に頼ること無く出世できたかもしれないのに。

それとこのフレ―ゲル男爵って

相手が格上になると

途端に尻尾を振るタイプなんですよね。

劇場版「我が征くは星の大海」では

ミュッケンベルガー元帥に取り入っていましたし。

話をベーネミュンネ公爵夫人に戻しますけど、

女の嫉妬は怖いですね。

まあ今回は権力も絡んでいますから余計面倒です。

寵愛があれば国政さえも好きにできますから。

たぶんベーネミュンネ公爵夫人も好き勝手やっていたのでしょう。

だからほとんど自分の才覚で昇進しているラインハルトを

姉のアンネローゼの依怙贔屓のおかげで出世していると

勘違いしたのだと思います。

もちろんいくらかはアンネローゼの力があるでしょう。

でもそれはアンネローゼが寵愛を笠に着て、

皇帝にお願いした訳でなく、

軍部が気がねして

いくぶん出世のスピードを早くしただけですから。

いくら貴族でも

手柄が無いと出世なんてできません。

あとキルヒアイスやロイエンタール、そしてミッターマイヤ―の3人はちょっと迂闊でしたね。

結果的にオーベルシュタインが来なければ危険でしたし。

どうもアンネローゼのことになるとキルヒアイスは冷静さを失うみたいです。

こういうところはラインハルトとよく似ています。

最終的にはフレーゲル男爵が

ベーネミュンネ公爵夫人を切り捨てて幕引きとなりましたが、

フレ―ゲルが

ラインハルトを罵倒するところがホントいいですわ。

フレ―ゲルの声をやっている二又一成さんは、

めぞん一刻の五代君やパトレイバーの進士さんみたいに良い人を演じさせても上手いのですけど、

今作のフレーゲル男爵みたいな悪役でもホント上手いと感じます。

例えばまおゆうの使者なんて憎たらしい演技がすばらしく、

あの演技があったのでメイド姉の演説がより際立ったと思います。

次回は同盟の話。

フレーゲル男爵に並ぶ小者フォーク准将が登場しますw

今回のまとめ三行

・女の嫉妬

・フレーゲル男爵に利用される

・トカゲのしっぽ切りで自裁に追い込まれる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする