食戟のソーマ 餐ノ皿(第3期)第7話「崩れゆく学園」の感想 「食戟?まだ諦めてないんだ」

感想(ネタバレあり)

前回アリス達の手引きで

極星寮に匿われることになったえりな。

その一方えりなパパは

新たなる秩序建設のために

ある計画を実行に移します。

今回その余波が極星寮を

襲うことになりますが・・・。

全部解体だよ

遠月の新総帥となった

えりなパパの政策、

簡単に書くと、

(1)ゼミや同好会などの独立団体は全部解体する

(2)新しくセントラルという団体を設立

(3)メニューや調理法は全部セントラルと十傑が考えるから

というもの。

つまりこれ以降、

生徒は指示されたものを

そのまま作るだけ。

単純作業する労働者になれと

いう訳です。

ただセントラルや十傑の技を

すべて習得できるようになるのですから

実社会に出た後は

その技術を使って名声を得ることだって

できるでしょうから、

普通の生徒たちにも恩恵はあるのです。

自分で創意工夫はできなくなりますけどね。

えりなパパの演説が終わるのと

同時に各ゼミ各同好会へ

解散通告書が届けられます。

そしてその解散通告書は

極星寮にも。

さすがに演説終了と同時では

ありませんでしたが。

どうやら極星寮も半独立国みたいな

感じだったので対象に入ったようですね。

しかし他のゼミや同好会には

黒服が通告書を持ってきたのに

なぜか極星寮には

十傑の顔芸担当の叡山先輩が

わざわざ持ってきてくれます。

食戟のソーマ 餐ノ皿第7話より引用

この辺は叡山先輩の

屈折した心理が現れていますね。

これまで創真は

叡山先輩の

ビジネスの邪魔(アニメ1期のから揚げ)

をした上に

叡山先輩が差し向けた刺客(アニメ2期の美作)を

返討ちにしています。

いわば叡山先輩の顔に

泥を塗ってきた存在なのです。

だから叡山先輩は

自分で書類を創真に渡して

創真が悔しがる顔を見たかったのでしょう。

でも創真は簡単に

悔しがるような男ではありません。

そして何より

遠月には食戟があります。

どんなことでも

食戟に勝てばひっくりかえせる。

だから創真も諦めないのです。

どうやら他の同好会やゼミも

同じように考えているようで

叡山先輩の元へは

たくさんの食戟の申し込みが

来ているみたい。

他のにも十傑いるのに

どうして叡山先輩のところばかりに

来ているのかは謎ですが

叡山先輩はすべての食戟を

受けるみたいです。

よほどの自信があるのか、

それとも・・・。

食戟は死んだ

叡山先輩は最初の食戟を行います。

相手は串うち研究会の会長。

叡山先輩が負ければ

えりなパパの計画がおじゃんとなる

大事な食戟。

でも何かおかしい。

叡山先輩は料理に集中してない。

それに気付く創真。

別に相手が弱いと

見下している訳ではありません。

だって食戟の結果は決まっているから

集中する必要がないのです。

料理を食べる前に結果が表示され、

叡山先輩の圧勝。

そう、叡山先輩は

食戟の審査員を自分の息の掛かった人間に

していたのです。

さすが叡山先輩、

やることが汚い。

ヘイトが集まることを

平気でやってのける叡山先輩って

かなり精神的なタフなんでしょうね。

食戟のソーマ 餐ノ皿第7話より引用

そして食戟へ

演算先輩が

審査員を味方にしている以上、

食戟しても意味はない。

それを知って

叡山先輩に殺到していた

食戟の申し込み全部が撤回されたようです。

叡山先輩は食戟をする条件として

挑んだ者の退学を求めているので

わが身可愛さで撤回するのは当然ですね。

少しでも勝てる可能性があれば

挑むかもしれませんが

現状勝つ可能性ゼロですもん。

暗い雰囲気に包まれる極星寮。

過去の話をして

昔を懐かしみますが

やっぱり結論は極星寮を離れたくない。

それを静かに聞いていた創真。

明らかに何かを決意した顔です。

そして翌朝、

創真は叡山先輩に食戟を挑みます。

食戟のソーマ 餐ノ皿第7話より引用

寮のみんなのためじゃない、

自分の技術を磨く城を守るために。

ここはホント格好いい。

これこそジャンプアニメの主人公ですわ。

創真を目の敵にする叡山先輩も

異論はありません。

食戟成立です。

そして始まる食戟。

でもその前に

優しい叡山先輩は

創真にいいことを教えてあげます。

極星寮に退去期限10日と言ったけど、

あれは嘘だ。

今から食戟やる間に

強制退去させるよと。

部下に命じて。

さすが叡山先輩、

小物感出し過ぎてヤバいですw

今回はここで終了。

次回は創真と叡山先輩の食戟本番。

極星寮のことも気になりますが

審査員はすべて敵という状態で

創真は叡山先輩に勝利することが

できるのでしょうか?

まあね、ここで勝たないと

創真は退学になってしまうから

勝敗は予想できるでしょうけど。

この後のストーリーが気になる方は

原作17巻と18巻を読みましょう。

今回のまとめ三行

・全部解体するよ

・食戟?それおいしいの?

・創真と叡山先輩の食戟が始まる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする