食戟のソーマ 餐ノ皿(第3期)第6話「囚われの女王」の感想 「アリスの手引きでえりなが家出!!そして行きついた先は?」

感想(ネタバレあり)

えりなパパの登場、

そしてえりなの祖父

仙左衛門の総帥解任と

いきなりストーリーが進んだ本作。

えりなパパは一体

何をやろうとしているのでしょうか?

まあ個人的には

創真の登場に満面の笑顔になった秘書子が

創真にどんな感情を抱いているか

そっちの方が気になるのですけどね。

極星寮のOBとえりなパパには因縁がある?

外国で偶然再会する

城一郎(創真パパ)と堂島先輩。

一緒に極星寮の全盛期を築き上げた二人ですが

会ったとたん堂島先輩は

城一郎に小言を。

何かこの二人、

創真とタクミを想起させますわ。

そんな二人の元に

遠月のクーデターの話が舞い込み、

その首謀者の名前に驚愕します。

首謀者であるえりなパパは

城一郎や堂島先輩と同時期に

十傑だったのです。

食戟のソーマ 餐ノ皿第6話より引用

まあ他にもいろいろと因縁があるのですけど

それは後々明らかになるでしょう。

気になる方は原作読みましょうね。

えりなの忌まわしき過去

さて遠月学園の実権を握った

えりなパパが最初にしたこと。

それは秘書子をえりなの秘書から解任。

食戟のソーマ 餐ノ皿第6話より引用

今まではえりなのスケジュール管理から

身近な世話まですべて秘書子が一人で

担っていましたが、

それを辞めさせこれからは

えりなパパ自身がえりなを管理することに。

口では秘書子の労を労っていますが

明らかに厄介払いです。

一方その夜、

極星寮の創真の元に

1人の来客があります。

来客はえりなパパに追われた

えりなの祖父仙左衛門。

意外にも直接話をするのって

これが初めてなのですね。

さて仙左衛門が創真の元に訪れた理由。

それはえりなのことでした。

えりなの過去について

創真に語り始める仙左衛門。

実はえりながあんな

ひん曲がった性格になったのは

えりなパパの教育のせいだったのです。

外部と遮断して

暗い部屋でひたすら味見の毎日。

そして美味しくない料理は

料理ではないという思想をすり込ませる。

神の舌を研ぎ澄ませるのには

良い方法かもしれませんが

その副作用でどんどんと性格が

ひん曲がるえりな。

そりゃあこんな教育されたら

あんな傲慢な性格になりますよ。

結局この教育は

仙左衛門がえりなパパを追放するまで

続くことになります。

その後は語られませんでしたが

仙左衛門は

たぶん秘書子をえりなの秘書にしたりして

少しづつ性格の矯正を試みたのでしょうね。

でもえりなパパの復活で

今までの苦労が水の泡になる可能性大。

そう考えたから

仙左衛門は創真に

何とかして欲しいと頼みに来たのです。

この辺はジャンプアニメの王道の展開ですね。

心を開かないヒロインって

大概過去にトラウマがあり、

それを知った主人公が異論な手を使って

ヒロインの心を解放させる。

ベタな展開ですが

燃える展開でもあります。

まあ、創真は自身は

えりなの過去や性格云々よりも

自分の作った料理をえりなに食べさせて

「美味しい」と言わせるために

頑張るようですけどね。

食戟のソーマ 餐ノ皿第6話より引用

結局その過程で

えりなが救うことになるのでしょうけど。

逃亡先は極星寮

えりなパパに管理される生活。

えりな自身も本当はまっぴらごめんだと

思いますけど、

秘書子を失った今、

自分では何もできません。

しかし現状を良しとしない者が

えりなを連れ出すことに。

それはえりなの従姉妹のアリス。

もともとアリスはえりなが大好き。

そして幼少期、

そのえりなとアリスの仲を引き裂いた

えりなパパが大嫌いなアリスは

秘書子や黒木場と共に

えりなを救うために

えりなを屋敷から連れ出します。

でも先のことを全く考えてなかったアリス。

えりなを匿う先を確保していなかったのです。

後先考えないのは

ホントアリスの欠点ですよね。

雨まで降ってきてお先真っ暗。

そこに一人の女性がやってきます。

やってきたのは田所。

何とえりなたちは知らず知らずに

極星寮の横までやってきていたのです。

おい、あれだけ大きい建物なのだから

誰か気付けよw

田所の案内で

極星寮の中に案内されるえりなたち。

そして話の流れで

えりなを匿うことになります。

でも極星寮の面々は匿うことに消極的です。

だってえりなを匿えば

新総帥であるえりなパパの

心証を害することになるでしょうし、

何よりこれまでのえりなの言動に

少なからず反発がありますので。

でも大丈夫、

えりなの過去を知れば

きっとこいつらは手のひら返しするはず・・・。

秘書子がそう思ったかどうかは知りませんが

秘書子はえりなの過去を

極星寮の面々に話します。

その結果、

えりなに同情した極星寮の面々は

えりなwelcomeにw

ホントこいつら単純。

そしていつの間にか「えりなっち」という

あだ名までつけられてしまい、

極星寮の面々のペースに巻き込まれ行きます。

創真が何もしないでも

極星寮に入ればえりなは救えるんじゃね?

って感じがしますわ。

食戟のソーマ 餐ノ皿第6話より引用

ただ秘書子曰く、

えりなはえりなパパの計画に

必要不可欠な存在。

絶対に奪回に動くはず。

まあCパートで

えりなパパが自分の野望のために

動き始めましたからね。

果たしてえりなと極星寮の面々は

どうなってしまうのでしょうか?

今回のまとめ三行

・秘書子解任

・えりなの過去

・えりなの逃亡先は極星寮

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする