「冴えないラジオの育てかた♭」出張版スペシャルステージ(in ファンタジア文庫大感謝祭2017)の感想 「本編終わっても逃げ道はあるじゃない」

感想(ネタバレあり)

ファンタジア文庫大感謝祭。

そのステージイベントとして

今年も冴えカノステージが開催されました。

ただ原作小説の最終巻となる

第13巻が発売されてしまい、

冴えカノステージが見れるのも

今年で最後かもしれません。

では今回はどんな風だったのでしょうか?

時事ネタの影ナレから

最初は冴えカノイベントの恒例、

影ナレからです。

今回は明日が総選挙の投開票ということで

選挙ネタ。

ファンタジア文庫の女性キャラによる

水着コンテストの結果を選挙速報風にして

流します。

結果は冴えカノからエントリーした

加藤がトップ。

まあ、加藤人気が凄いですから

これはある程度予想できましたよね。

一方同じく冴えカノから出馬した

えりりは6位に。

えりりは加藤におめでとうを言いますけど、

当然の如く、

ディスるのを忘れません。

でもえりりはまだ出馬できただけマシ。

だってメインヒロインの一人なのに

出馬さえできなかった人が・・・。

まあこれに関しては

中の人が後で愚痴を言ってましたけど、

中の人的には別のキャラで

出馬していたので。

そして影ナレの最後は

昨日発売した原作13巻の話に。

どうやらえりりはまだ中身を

読んでないらしく、

結末を知らない体(てい)のようです。

私もまだ読んでないですけど、

ツイッターなどをみれば

えりりは・・・。

やっぱり立ちっぱなし

影ナレが終わり、

安野さん、大西さん、

そして茅野さんが登場です。

「冴えないラジオの育てかた♭」出張版スペシャルステージより引用

ファンタジア文庫の感謝祭、

冴えカノは4年連続4年目の出場ということで

もうファンタジア文庫の顔的な存在ですね。

でも3人も言ってましたけど、

原作が終わったしまったので

この記録も今年で途切れてしまうかも。

さて今回も会場はいっぱいということで、

後ろのお客さんにも見えるように

立ったままステージを

進めようと言う茅野さん。

確か去年も茅野さんがそう言って、

ずっと立ちっぱなしでしたよね。

お客さんのことをしっかりと考える

茅野さん、

流石ですわ。

そして話は原作13巻の話に。

安野さんと大西さんが

まだ読んでいない一方、

なぜか茅野さんは発売2日前に

入手できたそう。

どうやら今回の影ナレが

詩羽先輩が原作13巻を読んでいるという

前提で話が進むような構成になっていたので、

茅野さんには前もって渡されたのではないか?

と茅野さんは推理していまいたが

果たして真相はどうなんでしょうかねえ。

ちなみに大西さんは

まだ読んでないけど、

ある程度の結末は知っているらしく、

原作者の丸戸先生や

キャラデザの深崎先生に

ちくちく文句のメール(LINE? )

をしているようです。

まあね、

詩羽先輩にはまだ

恋するメトロノームがありますが

えりりには・・・。

某日曜朝の番組のオマージュで振り返り

来週発売される

BD4巻の宣伝が終わった後は

特別コーナー、

「冴えんでーもーにんぐ」。

これは冴えカノ2期のシーンを振り返って

えりり本勲さんと霞ヶ丘親分が

良かったら「あっぱれ」、

ダメだったら「喝」を入れることに。

完全に日曜朝のあの番組のオマージュ

ですけど、

オマージュだからいいよね(たぶん)。

今回振り返ったシーンと

二人の評価を羅列すると、

1番目、

倫也と詩羽先輩が二人でゲームシナリオを書き直し、

詩羽先輩がお肌けしながらベッドに倒れ込むシーン。

えりり:喝(えりりが出てない)

詩羽先輩:あっぱれ(倫理くんの声がいい)

2番目、

倫也がモールで加藤に帽子を買ってあげるシーン

えりり:喝(えりりが出てない)

詩羽先輩:あっぱれ(二人の演技が素晴らしい)

3番目、

新幹線ホームで倫也と詩羽先輩がキスするシーン

えりり:喝(そうとしか言えない)

詩羽先輩:あっぱれ

泣きの4番目、

那須高原でえりりの絵を倫也が褒めたシーン

えりり:あっぱれ

詩羽先輩:あっぱれ

このコーナー、

別にあの番組オマージュする必要なかったんじゃね?

最後はお知らせ

次はお知らせのコーナー。

時間がないので

かなり飛ばし気味でしたが、

お知らせは、

・原作13巻、

・BD4巻、

・BD5巻のジャケット画像、

・ラジオの宣伝、

・ラジオのまとめCDと

ドラマCDの話

以上でした。

「冴えないラジオの育てかた♭」出張版スペシャルステージより引用

この中で気になったのは

ラジオのドラマCDの話。

どうやらあの3人に口ぶりだと

収録やってしまったようですね。

男性キャラは一体どうなったのでしょうか?

本当に全男キャラは松岡さんが

やらされたのか興味がありますわ。

あとラジオはどうやら

このイベントの後に収録するようですので

もう送らないと・・・。

最後はお別れのご挨拶です。

茅野さんは応援があれば(感謝祭に)また出れる。

大西さんは原作サイド(丸戸先生やファンタジア文庫?)

にプレッシャーをかけろ。

そして安野さんは本編終わっても、GirlsSideなど

逃げ道があるという話を。

3人ともまだまだ止める気全くないようですね。

今回は大きな発表ありませんでしたけど、

まだ12月にはイベントありますし、

そして恋するメトロノームはまだ続いています。

是非次に繋げるために

BDや原作を買ったり、

感想メールをファンタジア文庫などに

送るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする