おそ松さん(第2期)第3話「げんしまつさん」「チョロ松と一松」「トト子の挑戦」の感想 「全部照英さんが持っていったわ」

感想(ネタバレあり)

個人的に俳優さんやタレントさんが

声優するの好きではありません。

だってだいたい下手だから。

でも今回登場した照英さん上手でしたねえ。

もちろん本職の声優さんに比べたら

まだまだですけど、

これぐらいできるならば

十分だと思いますわ(ゲストキャラならば)。

まあでも今回の話、

結構ぶっ飛んだ話が多かったのに

全部照英さんが

持っていってしまった感じがしますね。

原始時代のあれを見てしまったので

原始時代。

6つ子はマンモスの交尾を見てしまいます。

当然それで発情してしまった6つ子は

女の子に手を出して・・・ということはなく、

自分でスッキリするための道具を作り始めます。

こんなところが6つ子らしいですね。

でも当然6つ子のやること。

どんどんエスカレートしていき、

そして・・・。

よく地上波でこんな内容流せますねぇ。

絶対BPOに告げ口するやつ出てくると

思いますわ。

レアな組み合わせは辛い

他の兄弟がパチンコに行ってしまい、

二人だけになったチョロ松と一松。

6人でいる時は何も思わないのに

2人になってしまうと気まずい。

そんな日常生活のあるあるを

見事に再現してお話です。

確かにこんな場面結構ありますからね。

こういう時は無視するか

積極的に話しかけていくか

選択しなければいけませんけど、

どちらも上手く行かず、

嫌な空気感に。

やっぱり波長があわないのでしょうかねえ。

シコ松と闇松。

中の人たち(担当する声優さん)は

一番相性良さそうなのに。

最後は残りに6つ子が帰ってきて

エンドですけど、

この手の話、

また作られるかもしれませんね。

6人いるからいろんな組み合わせできるので。

まあ、カラ松と組み合わせると

みんな無視するでしょうから、

実質5人で組み合わせることになるかもw

照英さんによる照英さんのための話?

爆食女王決定戦に出演しているトト子。

アイドルやっているはずなのに

もしかしてキャラ付けの一環で

出場したのか?

それともこれを踏み台にして

ギャル曽根みたいにバラエティタレントに

転身するつもりなんでしょうか?

まあどっちにしろ本人はやる気満々。

練習も願掛けもしっかりやってきたので

かなり自信があるようです。

当然トト子の大ファンの6つ子に

応援にやってきますが、

この6つ子に絡んできたのが

爆食女王決定戦のMCを務める照英さん。

名前も顔もそのまんま。

さらにCVはまでご本人がやるなんてw

前述したように

本職の声優さん以外が

声優の仕事するの、

個人的には嫌なんですけど、

今回は十分に合格点ですわ。

これぐらいの演技をしてくれれば

イライラせずに視聴できます。

さて番組のMCそっちのけで

6つ子とじゃれ合う照英さん。

サインしたり、

物をあげたり、

喧嘩したり、

一緒に泣いたりやりたい放題。

それに一々ツッコむトト子ちゃんは

爆食いの方に集中しろと言いたいですけど、

ツッコミながらトップを独走するトト子ちゃんは

爆食いの才能があったのかもしれませんね。

練習だけではあそこまで食えませんが。

しかしこの話、

最後のオチが普通過ぎて

イマイチでしたね。

それが残念だったかも。

今回のまとめ三行

・地上波でそれを流すか

・シコ松と闇松の会話が意外と面白い

・照英さんづくし

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする