【旧OVA】銀河英雄伝説第56話「地球へ」の感想 「自業自得の地球の歴史をユリアンと学ぶ」

感想(ネタバレあり)

今回の56話は人類の過去の歴史を

ユリアンが振り返るという話です。

確か第2期にも

同じように話がありましたね。

あっちは確か銀河帝国の歴史の話でしたが。

今回はその銀河帝国が出来る前の話で、

メインは地球の自業自得の歴史となります。

敵を作ったのはよかったけれど

13日戦争と呼ばれる熱核兵器の応酬で

壊滅的被害を受けた地球。

人口も10億まで減少してしまい、

誰も戦争に懲りた結果、

統一政府が樹立されます。

その後は復興から発展へ。

宇宙に進出した人類は

その生活圏を広げていき、

まさに人類の繁栄の時代を築きます。

しかしその一方、

格差も広がっていきます。

生活圏が拡大した人類ですが

地球とそれ以外の経済的格差が広がり、

それが両者の対立に発展していったのです。

そして地球以外の植民星を力で押しつけるために

軍事力を増大。

その結果軍部が腐敗してやりたい放題。

何かこの辺は

アースノイド(地球連邦)と

スペースノイド(サイド3)の対立を

想起させますね。

まあ、銀英伝の原作者の田中芳樹先生は

某ロボットアニメに

多大な影響を受けたらしいですから、

そこからヒントを得たのかもしれませんけど。

第一次産業を放棄して

資本で植民星を支配して旨みを得ている

地球にとって、

植民星が自分達のコントロールを離れて

独立されたら

大損ですし、

それ以上に地球に対してなにをしでかすか

わかりません。

そこで地球は制御できる敵を作り、

その敵が地球と植民星を仲違いさせようとしていると

盛んにフェイクニュースを流し

植民星を地球側に付かせようとします。

地球の敵に選ばれたのは

シリウス星系。

反地球の急先鋒だったシリウスは

地球にとっては十分制御できる敵だったのです。

しかし地球のシリウス非難は

予想外の結果を産み出します。

地球があれだけシリウスを非難するのは

シリウスが地球をとっちめることができる

力を持っているから。

だったらシリウス側に味方すると決した

植民星が続出したのです。

その結果、

とうのシリウス自体が地球に対抗できると

思い始めて軍備の増強を始めます。

制御できる敵であったはずのシリウスが

その気になってしまった。

これほど滑稽なことはありません。

地球は自分たちの手で

自分達のライバルを育ててしまったのですから。

しかし寸での差で

地球はシリウス潰しに成功します。

シリウス星系の首都星ロンドリーナを

奇襲した地球軍は、

シリウス星系軍の大半を撃破。

圧倒的な勝利を収めたのです。

ただ地球軍はここで止まりませんでした。

ロンドリーナの富が集積される都市、

ラグランシティに目を付けた地球軍は

その富を独占するために

ラグランシティに侵攻、

大虐殺を行ったのです。

まさにやりたい放題の地球軍。

しかしこのラグランシティの惨劇が

地球を敗者に導くフラグとなることに。

結局地球は滅び、地球を滅ぼした連中も

ラグランシティで地球に恨みを持った4人の男達。

4人はそれぞれの得意分野で反地球戦線を再構築。

その結果、

地球は追い詰められることになります。

2か月の包囲の末、

地球に侵攻する反地球戦線の実働部隊、

ブラックフラックフォース。

ラグランシティの惨劇は

数十倍となってそのツケを

払うことになったのです。

これで地球を滅ぼした4人組の覇権確定と

思ったら、

あっとう間に仲間割れを起こして

それから100年もの間

戦乱が続くことになったのです。

銀河連邦が成立するまで。

こうやってみると、

地球って自業自得の歴史を歩んだことが

よくわかります。

そしてユリアンはそんな場所に向かうのです。

果たして地球でユリアンは

どんな経験をするのでしょうか?

今回のまとめ三行

・熱核戦争で厭戦気分に

・地球対シリウス

・混沌の時代へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする