【漫画】Spotted Flower 第3巻の感想(ネタバレあり) 「やられたと言うよりやっちゃった」

感想(ネタバレあり)

読者の(たぶん)9割以上が

げんしけん2代目のアナザーストーリーと

思っていた本作。

ところがどっこい、

この3巻では雲行きが怪しくなってきました。

何と2巻で生まれた赤ちゃんを

「咲」と名付けたのです。

え?

だって咲という名前は・・・。

このことで

げんしげんのファン層の一部は

激おこしているらしいですね。

まあわかんなくもありません。

みんな班目と咲さんのお話だと

思ってたのに

その子供の名前が咲なんて。

これで奥さん=咲さんという

可能性が消失したのですから。

まあこの辺は

読者がどう取るかに関わってきますが

私は今でもげんしけんのアナザーストーリーと

思っています。

別の世界線だから

名前がげんしけんの世界と異なることだって

ありえるだろうと。

ただそっちはそれでいいですけど、

この3巻に関しては

もう一点賛否両論なところが

あるのですよね。

個人的にはそっちが問題だと

思います。

元カレと一緒のところを見てしまうと

無事出産した奥さんを

見舞うために

大学時代の友人たちがやってきます。

そしてその中には

奥さんの元カレの姿も。

とっくの昔に切れているでしょうけど、

旦那さんとしては

心中穏やかではないでしょうね。

元カレと旦那さんが

未だにオタクの友情で繋がっているから

元カレも見舞いにきたのでしょうから、

旦那さんの自業自得とも言えなくもありません。

まあ旦那さんの気持ちを察した

奥さんと元カレはいろいろと旦那さんに

気を使ってあげますが

返ってそのことが旦那さんの心を

掻き乱すことに。

変な同情されると

逆に惨めになってしまうことって

ありますよね。

旦那さんはまさにそんな感じなんでしょう。

惨めな気持ちを消してくれるのは・・・

帰宅した旦那さんは

BL作家で大学時代に旦那さんを慕っていた

後輩君に電話を掛けます。

家にやってくる後輩君。

身なりは完全にキレイな女性ですけど、

元々後輩君は男。

そして胸は豊胸手術して膨らんでいますけど、

下の方には男の象徴がついたままの状態です。

夜遅く、

旦那さんしかいない家に

呼ばれた以上、

後輩君も覚悟はできています。

というか、

第2巻であれだけきなをかけていたので

後輩君にとっては想いを遂げる

千載一遇の機会なはず。

そして繋がる二人・・・

と言いたいところですが、

ここで旦那さん、

まさかのフニャ〇〇状態。

後ろからやろうとしても

後輩君に上になってもらっても

やっぱりフニャ〇〇を

脱することができないのです。

自虐気味に

奥さんの気持ちがわかった?

と後輩君に話す旦那さん。

その言葉に切れた後輩君は、

予定を変えて違うアプローチを

することにします。

後輩君の中では

旦那さんは「受け」のポジション。

そして後輩君にはまだ付いているのです。

まあいわゆる、

「あッ~」状態にw

事が終わり、

お腹に手を置いている旦那さんが

妙にリアルです。

その一方痕跡を消すために

消臭剤をベッドルームに撒く後輩君。

こういうところはしっかりしてますね。

そして後輩君は帰っていきます。

あ~あ、

とうとうやりやがったなあって

感じですね。

まあストーリー上、

アリと言えばアリですけど、

これやるとギスギスしか

残らないような気がするのですよねえ。

旦那さん隠しごと下手そうだし、

奥さんは勘がするどそうですし。

そして今回の不倫が奥さんにバレた場合、

どういう風になるか?

一番可能性が高そうなのは

仕返しに奥さんが元カレとの不倫して

喧嘩両成敗になって

そのまま仮面夫婦関係へってパターン。

(もちろん雨降って地固まるとなり、

元通りに再生する可能性もありますが)。

班目と咲さんの幸せな生活を

見たかった読者としては

最悪な展開ですわ。

まあね、

原作者の木尾士目先生も

そういう読者の願望をわかった上で

このストーリーを考えたのかも

しれませんけど、

げんしけんが好きだった者からすれば

かなりキツイです。

メインストーリーとサイドストーリーが半々

メインストーリーは

子供の名付け、

元カレとの居た堪れない空気感、

そして後輩君の不倫って

感じで進んでいきますが、

この3巻ってこのメインストーリーと同じくらいの分量で

後輩君とそのマネージャーさんが主役の

サイドストーリーが掲載されています。

こっちは漫画家として生活メインで

こっちはこっちで興味深いです。

でもやっぱりメインストーリーが

今度どうなるか気になりますよねえ。

次巻が早く読みたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする