【漫画】銀の匙第14巻の感想(ネタバレあり) 「ようやく主人公とヒロインが・・・と思ったら」

感想(ネタバレあり)

長期休載が続き、

サンデー買っていないうちに

連載が再開され、

そしてそれに気付いたら

また休載になっていた本作。

今巻で14巻となります。

今巻のメインストーリーは当然、

八軒と御影の恋の行方。

つ~か、両想いは確定しているので

それを阻む障害、

つまり御影の大学合格さえ成れば。

さあ、御影の大学入試(推薦入試)本番。

御影は合格するのでしょうか?

馬鹿OBの良いところと悪いところ

みんな進むべき道を決め、

それに向けて進みたいところですが

まずは目の前の課題を

片付ける必要があります。

八軒の場合、

御影の大学入試と同じ日に

競馬場で開催するピザの販売会のことで

頭がいっぱい。

それ以外の面々も

みんな悩みを抱えています。

ああ、確かみんな悩んでいるのに

一人だけ悩みがないことを悩んでいる

馬鹿のOB(大川先輩)いましたね。

でもこの馬鹿OBが開発した

移動式石窯が八軒の会社の

貴重な収入源になるなんて。

大川先輩って最初登場した時は

普通の先輩って感じでしたけど、

かなり変わってしまいましたね。

良い意味でも悪い意味でも。

しっかり仕事をこなす良い人なのに

どうしても悪ふざけというか

真顔でショーモナイことをしてしまいますから。

今回で言えば、

移動式石窯を作ったと思えば、

ピザの売上金を競馬に全部つぎ込むし、

九州に視察に行ったと思えば、

クリスマスに八軒の予定を

勝手に決めるし(長いも農家でバイト)。

そして最後の最後で

八軒の運命を大きく変えてしまうことを

決めてしまいますからね。

ただ確かに大川先輩の言う通りした方が

八軒の会社にためにはベストですから。

八軒と御影の恋は成就した?

運命の当日、

御影は大学の推薦入試に挑みますが

面接でまさかの圧迫面接気味な質問が。

ここは上手く逃げるべきなんですけど、

真正面からその質問に答える御影。

まあ御影自身は真正面から

答えているつもりでしょうけど、

普通に見れば完全にズレてます。

ただ試験官も面白がって

御影に全部話させますけど、

これでかなり高評価になったんでしょうね。

普通の学生はそんなこと

まず言いませんから。

合格発表日。

自分のことじゃないのに

胃痛で苦しむ八軒を他所に

合格発表を見に行く御影。

そして・・・。

この辺は上手いと思いますわ。

いろんな邪魔が入って

お互いに言いたいことが

電話で言えないのですから。

普通余計なものを挟むと

テンポが悪くなって

印象が悪くなるのですけど、

空いている部分に

ポンポンとブロックを入れ込む感じで

上手く繋がり

テンポも悪くなっていないのですよ。

さすがは荒川先生だと思います。

ああ、一応御影はしっかりと

合格しました。

これで外的障害はクリア。

残るは儀式のみ。

馬に乗って遠出する八軒と御影。

見渡す限り銀世界。

そこで意を決して八軒は

プロポーズをします。

もちろん答えはOK。

さあ、遮るものはありません。

ヘタレリア充から真のリア充へ。

ようやく二人は結ばれました。

ああ、結ばれたと言っても

キス止まりですからね。

高校生だから清い交際でなければいけません。

少年誌の連載ですから

ここが精いっぱいなんでしょうね。

さあこれで後は卒業するのみ。

と思ったら新しい問題・・・というか

会社のためにあることを

しなければいけなくなった八軒。

御影とのイチャイチャ生活が一変、

暗く苦しい生活を卒業まで続けることに。

また今年失敗すれば来年も同じことをすることに

なるかもしれません。

今巻はここで終了です。

結局八軒もそういう風になりましたね。

あれだけ勉強できるのですから、

この道の方がしっくりきます。

会社の方はなんとかなるでしょう。

馬鹿ですけど、

頼りになる社長(大川先輩)いますから。

早く続きを読みたいですけど、

次の巻出るのいつになるのでしょうかねえ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする