【漫画】「秋田妹!えびなちゃん」第18話&第19話(最終話)の感想(ネタバレあり) 「ハッピーエンドキタ――(゚∀゚)――!!」

感想(ネタバレあり)

前回第17話が更新されたのが6月。

それから早3か月。

ようやく更新されたと思ったら

第18話と第19話が一緒に更新されちゃって

えびなちゃんの漫画終わってしもた。

でも完全なハッピーエンドだったので

良かったかも。

http://www.tonarinoyj.jp/manga/ebinachan/

叶課長はもしかしてタイヘイに興味ない?

アパートの前での出会い。

本編ではタイヘイに惚れている(?)

叶課長と鉢合わせするえびなちゃん。

ライラインは繋ぎっぱなしなので

その様子は秋田にいる3人組にも。

もちろんアパートの前で会っただけなので

叶課長がタイヘイの知り合いかどうかは

えびなちゃんを始め

秋田の3人組もわからないはず。

でも流れ的に

タイヘイの彼女に違いないと

断言する蜜代ちゃん。

そんなメタ発言してはいかんでしょw

まあタイヘイに関係ある人であるのは

確かですけどね。

そしてなぜか修羅場になるかもと

期待する圭ちゃんと蜜柑ちゃん。

ホント女の子って

こういうシチュ大好きですねえ。

そしてそこの現れるタイヘイ。

何というバッドタイミングw

こういう場合は

ヒロインはさっさと立ち去るものですが

そこはそこらのヒロインとは

異なるえびなちゃん。

待っ正面から聞いてみます。

「お二人は恋人同士ですか?」と。

それに対する叶社長の答えは・・・。

ただの同僚

まあそう答えますね。

それに胸をなでおろす

えびなちゃんを含む3人。

これで一件落着と思ったら、

ごはん時、

なぜか泣きだしてしまうえびなちゃん。

タイヘイと叶課長は

何の関係もなかったようですけど、

タイヘイと叶課長の親密な姿を見ただけで

自信を喪失してしまったのです。

大好きな人を独占したい。

恋をしている子だったら

誰でも思うこと。

ヤキモチを焼いたり、

怒ったり、

人によってどういう行動を取るか

変わってきますが

えびなちゃんの場合は

まさかの自信喪失。

第18話はここで終了。

大好きなごはんが食べれないくらい

悲しくなってしまったえびなちゃんは

どうなってしまうのでしょうか?

まさかの10年後のえびなちゃんが

タイヘイを独占したいはずなのに

叶課長や他の人に負けたくないという

気持ちになれない。

泣きながらそのことを

秋田の3人組に

ライラインで伝えるえびなちゃん。

みんなに背中を押してもらったのに。

えびなちゃんホント良い子ですねえ。

こんなこと一々伝える必要ないのに。

もちろんえびなちゃんの言葉を

黙って受けいれる3人ではありません。

それぞれの言葉で

えびなちゃんを元気づける3人。

そして・・・。

来ちゃった東京にw

えびなちゃんママの知り合いに

飛行機用意してもらって。

さすがえびなちゃんママ、

男を手玉に取っていた頃の

人脈を利用するなんて。

ちなみに飛行機を用意してくれた男性は

たぶん第15話で高級レストランで

御馳走してくれた男性と同一人物だと

思います。

それにしても

いいですねえ、

友達って。

そこから一気に10年後。

すっかり美人さんになった3人組。

とあるレストランを訪れます。

レストランの名前は

TAIHEI

人生ゲームでの名前が

キッカケでこの名前になったとか。

そういえばアニメで

ありましたよね。

うまるとタイヘイと切絵ちゃんの

3人で人生ゲームやった回。

確かあの時、

脱サラしたタイヘイが

レストランのコックになって。

3人がレストランに入ると

一人の女性が対応してくれます。

対応してくれた女性は

もちろんえびなちゃん。

奥にはコックス姿のタイヘイも。

つまり・・・。

はい、

ここで秋田妹!えびなちゃん終了です。

優しいストーリーに

相応しいハッピーエンド。

読者がみんな待ち望んでいた

終わり方でよかったです。

ただここに至る過程を

しっかりと描いて欲しかったですね。

特に第10話でえびなちゃんの告白に対する

タイヘイの答えとか。

今回のハッピーエンドの終わり方みれば

ある程度予測できますが

やっぱりに直に見たかったです。

あと今回の終わり方、

タイヘイと一緒だから

ハッピーエンドだとは思いますが、

タイヘイと結婚したかどうかまでは

わかりませんからね。

単にタイヘイの店でアルバイトしているだけ

という可能性だってゼロではありませんから。

まあそこは敢えて

ボカシたのでしょうけどね。

テレビアニメのうまるちゃんが面白かったので

読み始めた本作。

大変楽しめたと思います。

サンカクヘッド先生、

楽しく癒される作品を描いて頂き

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする