それが声優!第7話「「吹き替え」の感想 「アニメのアフレコ以外にも声優さんの仕事はいっぱいある」

感想(ネタバレあり)

今回は主役3人が同じスタジオで

全く違う仕事をやるというお話でしたね。

あのボサツオンを撮っていたスタジオ

意外と活用されているみたいです。

見た目はボロいですけど

中は良い設備があるのか、

使用料が安いのかどっちかだと思いますが

たぶん後者の方でしょう(偏見)。

双葉の前に天敵家守さん降臨

双葉は吹き替えをお仕事でしたが、

その現場には一話に出ていた

双葉の天敵?中堅声優の家守さんの姿も。

ただ今回の話を見ていると

双葉が一方的に家守さんを

怖がっていたようにも見えますね。

確かに一話での家守さんは

感じ悪かったですけど。

あと家守さんって今回本人役ゲストの小山力也さんを

呼び捨てできるぐらいの声優だったみたいです。

見た目よりも歳を食っているのでしょうか。

同じアフレコでも全然違う

今回外画の吹き替えの仕事を

初めて見ましたが、

アニメとだいぶん違うみたいですね。

ヘッドホンであっちの俳優さんの声を聞きながら

アフレコしていましたし。

今まで吹き替えもアニメのアフレコと

おんなじことやっていると思っていたので、

大変興味深かったです。

あと双葉はだいぶん上達していましたね。

まあそれなりに上手くなっていないと

吹き替えのお仕事なんかに

呼ばれるはずないですけど。

力也さんも褒めていたし、

あの家守さんも上達していると

認めていましたし。

着実に声優の階段を上っている感じです。

そういえば今回の吹き替えって

ゾンビものでしたが、

双葉の声をやっている高橋さんって

「がっこうぐらし!」で

みーくんの声やっていましたね。

これは原作者の浅〇さんがあえてゾンビものを持ってきたと

思われても仕方ありませんね。

さすが金のためなら何でもやりそうな原作者w

ゲームの仕事も辛いよ(報酬はいいけど)

一方いちごはオーディオブック、

りんちゃんはゲームのお仕事をやっていましたが、

どっちもやっぱり苦労していました。

特にりんちゃんがやっていたゲームのお仕事は、

自分で想像して声を出さなければいけないし、

同じようなセリフを

何パターンもやらなければいけないので、

そのうちパニくってくる感じがします。

あとブースは一人だけ。

掛け合いのシーンも相手の間合いを

考えてセリフを言わなければいけないので

それなりに実力ないと無理そうです。

でもその代わり、

ゲームの仕事はランクにより報酬制限がないので

アニメのアフレコより

かなり身入りがいいそうですけどねw

さて最後はED。

前回はイヤホンズの特殊EDでしたが、

今回は通常EDに戻り

なのはの水樹奈々さんの曲がかかりました。

次回はりんちゃんメインの回みたいです。

白皇学院が出てくるみたいですし、

そろそろ別作品の主人公が

登場するかもしれませんね(つ~か出て欲しい)。

今回のまとめ三行

・三者三様違うタイプのお仕事へ

・双葉意外と上手くなっている

・双葉が少しだけ家守に褒められる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする