ナイツ&マジック第9話「Force & Justice」の感想 「商品(ティラント―)を狩ろうぜ!!」

感想(ネタバレあり)

前回エーテルリアクタの

製造方法を習得し、

専用シルエットナイト「イカルガ」

を完成させたエル。

今回からは

舞台を西方諸国に移して

銀鳳騎士団が大暴れすることに

なります。

そういえば

今回からOPに効果音ついてましたね。

最初見た時びっくりしましたわ。

クシャペリカ滅亡

西方諸国の1国である

ジャロウデク王国は

他の西方諸国に宣戦布告。

そして瞬く間に多くの国を征服し、

その矛先はジャロウデク王国と並ぶ

大国であるクシャペルカ王国に向けます。

ジャロウデクの新型シルエットナイト

ティラント―の性能は

クシャペリカのシルエットナイトの性能を

遥かに超えており、

クシャペリカは国境での

進撃阻止に失敗すると、

シルダ・ユクシアに戦力を集中。

これに対してジャロウデク軍も

進撃を停止しにらみ合いになります。

ティラント―の頭部って

見れば見るほど、

パトレイバーのブロッケンや

ガンダムXの宇宙革命軍のMSに

似ているような気がしますわ。

さて、

ここが勝敗を決する天王山と見た

クシャペリカ軍は後方の予備戦力まで

動員しシルダ・ユクシアの守りを固めます。

まあ戦力的には妥当な判断ですね。

戦力の集中は基本中の基本ですから。

しかしこれが命取りとなります。

何とジャロウデク軍は

飛空船を所有しており、

クシェペリカの王都に

空艇攻撃を仕掛けてきたのです。

ナイツ&マジック第9話予告より引用

つまり進撃を停止したのは

陽動だったという訳。

そして空艇攻撃を仕掛けてきた

部隊の中にあの片目の姉ちゃんが。

ナイツ&マジック第9話予告より引用

敗戦を覚悟した

クシェペリカ国王は

クシャペリカの再建の火を残すため、

一人娘であるエレオノーナを

逃がそうとします。

国王の義理の妹であるマルティナと

その娘であるイサドラと共に。

ナイツ&マジック第9話予告より引用

しかし結局3人とも捕虜とされて

クシェペリカは滅亡とあいなりました。

展開早すぎ。

盗まれた技術で作られたのだから所有権を主張する

旧クシェペリカ国境に向かう

馬車とカーゴ。

持ち主は銀鳳商会。

どうやらクシェペリカへ

商談に向かうようですけど、

馬車もカーゴもデカすぎw

はい、当然銀鳳商会の正体は

銀鳳騎士団。

どうやら西方諸国で戦乱が

起こっていると聞いて

駆けつけたようです。

実はジャロウデク軍に捕まった

マルティナはフレメヴィーラ現国王の妹。

つまり若旦那ことエムリスの叔母に当たるのです。

そのために銀鳳騎士団がやってきたという訳。

国境を守っていたジャロウデク軍は

銀鳳商会の一団を臨検しようとしますが、

エムリスのゴルドリーオと

エルのイカルガに対抗できる訳もなく

瞬く間にバトルが終了。

ナイツ&マジック第9話予告より引用

大破した

ジャロウデク軍の

シルエットナイトである

ティラント―も銀鳳商会の

手に落ちます。

そしてその機体を詳細に見て

びっくり。

そう、このティラント―の

兵装などがカザトシュ事変で

強奪された

テレスターレそっくりだったのです。

つまりテレスターレを強奪したのは

ジャロウデクであったということ。

この事実にエドガー先輩やディ―先輩は

怒りを露わにしますが、

団長は怒らず、

それどころか独自の理論を披露します。

このティラント―は

テレスターレの技術を元にして

作られているのだから、

大破したティラント―はうちらのもの。

だから貰っていいでしょうと。

え?

そんなこと考えていたの?

さらに一応商談という理由で

やってきているのですから、

商売するために商品を

集めることにします。

商品の名前はティラント―。

これ以降、

国境ではティラント―が

正体不明の鬼面に狩られる事件が

頻発します。

銀鳳商会、

商品の仕入れ方が

乱暴すぎますわw

皇女奪回作戦の前に

捕らえられたエレオノーラが

ジャロウデクの第2皇子である

クリストバルと

無理やり結婚させられると知った

銀鳳騎士団の女性陣とエムリスは

怒り心頭。

こういうことを女性は

一番嫌いますからねえ。

そこでエルは

皇女を奪回する作戦を立案します。

その一方、

国境付近で暴れまわる銀鳳商会を

討伐するために

討伐軍が組織されます。

そして銀鳳商会の

一団を発見した討伐軍は

空艇降下して戦闘が開始されます。

討伐軍の将であるグスターボは

ディー先輩と一騎打ちを始めますが

決着がつく前に

あの片目の姉ちゃんが介入して戦闘終了。

引きあげることになります。

まあ、あのまま戦いが続けば

たぶんディ―先輩が勝ちそうでしたからね。

それが分かっていたので

グスターボは片目の姉ちゃんに感謝します。

つ~か、

この2人の中の人達って

オルフェンズの

ガエリオとカルタやんw

まあそれはいいとして、

今回はここで終了。

うん、これまで以上に

駆け足でしたね。

展開早すぎて

新キャラを掘り下げが

足りないような気がしますわ。

あとジャロウデク側の

キャラデザ・・・というか

髪型はあれでいいの?

どうみても世紀末に

ヒャッハーっていいそうな

髪型なのですが。

まあ、ジャロウデク自体、

暴力で他国を支配しようとしているので

ヒャッハーと言っている奴らと

あんまり違いはないか。

次回は皇女奪回がメイン。

ようやく某キャラの活躍するところが

見れますね。

今回のまとめ三行

・戦争が始まる

・クシェペリカ滅亡

・銀鳳商会が暗躍

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする