信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~第47話「生還なう」の感想 「浅井家は名将の誕生を手助けしただけ」

感想(ネタバレあり)

今回こそ金ヶ崎撤退戦の

終わりのようです。

まあ前回朝倉勢が

追撃を終了した時点で

終わりといえば終わり

なんでしょうけど、

遠足とかと同じで

帰宅するまでがイベントなので。

黒幕は将軍さま?

徳川勢の加勢もあって

朝倉軍の追撃を止めた秀吉軍は

無事京の都に到着。

これにて殿の任務も終了です。

京の都では

信長自ら秀吉軍を迎えて、

秀吉の苦労を労います。

まあ、口に餡子がついたままで

言われても何だかなぁって

感じですけど。

信長旗下の武将たちも

秀吉を褒めたたえますが、

一人松永久秀だけは

秀吉に目もくれず、

千鳥にセクハラ三昧w

たぶんこの人なりに

千鳥の帰還を称えているのでしょうね。

さて信長は今回の大敗した件を

名目上の上役となる

将軍足利義昭に報告します。

最近関係悪化している義昭のことですから

皮肉の1つでも言うかと思ったら、

逆に慰労するような言葉を信長に

かけてあげます。

夜も寝られなかったと。

夜寝れなかったのは事実ですが、

信長を心配したので寝れなかった

のではありません。

(信長の死を)期待して

寝れなかったのです。

さすがに側近の細川藤孝が

窘めますが、

将軍さまはどこ吹く風です。

将軍さまにとって、

信長は将軍位に就けて

くれた功労者だったのですが、

次第に口煩く

言ってくるようになったので

感謝がいつの間にか

憎悪に変わったという訳。

ちゃらんぽらんな見た目なので

それが表に出ていませんが。

もしかして浅井家の裏切りも

意外と将軍さまの策だったりして。

だってあの馬鹿殿の

朝倉義景が

浅井家を裏切らせるという策を

自分で思い付けたとは考えられないので。

浅井家は余計なことをしただけ?

秀吉軍の追撃を止めた

山崎吉家が指揮する朝倉軍は

浅井久政が率いる浅井軍と合流します。

信長を逃がしたことは

残念だが

まだまだやる気いっぱいの久政に

対して、

吉家は故朝倉宗滴が言った言葉を

口にして後悔の念を露わにします。

大敗は名将を産むことになると。

今回の金ヶ崎の戦いは

信長の首を取る最大のチャンスでした。

もし信長を倒すことができれば

ちゃんとした後継者がいない織田家は

混乱して、

それこそ浅井家も

勢力拡大できたかもしれなかったのです。

しかし首を取れなかった以上、

信長はこの復讐を果たすため、

がむしゃらに攻めてくることになります。

さらに大敗したことで

今まで以上に事を慎重に進めるでしょうから、

間隙を縫うことも著しく困難となるのです。

吉家はそのことが

わかっているので

久政に苦言を言ったのでしょう。

今回はここで終了。

次回からは新しいお話になるようですね。

今回のまとめ三行

・秀吉軍帰還

・将軍さまは夜も眠れない

・名将の誕生の手助け

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする