NEW GAME!!(2期)第6話「あぁ……すごいなあ……」の感想 「キービジュアルを賭けた出来レースのコンペで」

感想(ネタバレあり)

前回は

キャラ班(+はじめ)の

みんなが苦悩し、

そして対話することで

克服する様子が描かれて

いましたね。

さて今回は

そろそろデッカイハプニングが

起こりそうな気がしますが。

ねねっちのゲームついに完成

開発が進む

イーグルジャンプの新作ゲーム

「PECO」。

そろそろキービジュアルを

用意しなければいけませんが

書くのは当然キャラデザの

青葉です。

キービジュアルは

消費者がゲームを知る最初の視覚情報。

売れるかどうかを

左右する重要なもの。

当然責任重大で

青葉も緊張しています。

でもここで成功すれば

コウさんみたいに

スターダムに躍り出れますからね。

さてその頃、

ねねっちはようやく

作っていたゲームを完成させます。

企画から絵からプログラムまで

アハゴンに手伝って貰ったところ

以外は全部ねねっちのお手製。

ゲーム自体は

微妙に見えますが

ほぼ全部1人でやるのは

凄いですわ。

もちろん完成したら

お披露目をしなければいけません。

そこで青葉とほたるんを

呼び出します。

NEW GAME!!第6話予告より引用

まずはほたるんに

ゲームを作った話をしようとしますが

すぐに青葉もやってきて、

全部話すことができず。

まあ青葉を驚かすために

ここでバレる訳にはいきませんから。

そしてカフェのテラス席に

移る3人。

ねねっちは心の中で

葛藤しますが

いよいよゲームをことを

青葉に話します。

ねねっちが1人で

作ったと聞いて

びっくりする青葉。

これです。

ねねっちが見たかったのは。

良かったですね、

期待していたリアクションが

見れて。

青葉とほたるんは

早速ゲームをプレー。

予想以上に難易度に

二人とも本気で攻略にかかります。

そしてクリア。

難しかったからこそ

クリアできて嬉しそうですわ。

ここら辺のシーンは

ホント癒しですえ。

今回後半が重い展開なので・・・。

売れるために手を打つのは当然

PECOの開発会議。

そこで開発資金を出している

会社がPECOを評価しており、

早いうちから宣伝に力を

入れることが報告されます。

当然宣伝にはキービジュアルが

必要となりますので、

コウさんは青葉に

キービジュアルを任せようと

しますが、

なぜか重い空気に。

明らかにコウさんと青葉

以外は何か隠している様子。

NEW GAME!!第6話予告より引用

葉月さんがまず説明しようとしますが

それを遮って

出資会社側の人間である大和さんが

説明を始めます。

PECOのキービジュアルは

青葉ではなく、

コウさんに書いてもらうと。

これに猛然と異を唱える

コウさん。

キャラデザは青葉だから

キービジュアルを書くのは

当然青葉でなければいけない。

そりゃあそうですけど、

ゲームを作るのは慈善事業でなければ

趣味の延長でもないのです。

あくまで売るために作るのですから、

売る手段を講じなければいけません。

そう考えたとき、

フェアリーズストーリーの

葉月八神コンビが手を組んだという

キャッチコピーは

インパクト絶大で

多くの消費者を引きつけるはず。

当然コウさんも

それはわかっていますけど、

やっぱり感情の上で

納得できないのでしょうね。

ただこのあと、

青葉に意見を求めるのは

駄目でしたね。

あの状態で

青葉が自分のホントの気持ちなんて

言えるはずないのに。

当然青葉は

キービジュアルを

コウさんに書いてもらうこと

に納得します。

内心どう思っていようと

それ以外のこと

言えるはずありませんので。

でもそれが

ますますコウさんを

怒らせる結果に。

あんたは青葉の味方だろ。

コウさんは

フェアリーズストーリーⅠの時の

話を持ちだして

再考を促しますが

当然ひっくり返りません。

沈黙が部屋をさらに重くする中、

おもむろに青葉が喋りはじめます。

今回のことは悔しいけど、

せめて最後に1回だけチャンスを、

コウさんとキービジュアルを賭けた

コンペをやらせて欲しいと。

当然青葉が勝っても

キービジュアルは

コウさんが書くということに

変わりありません。

開発資金を出している会社の

意向ですから。

でも勝負することで

自分の気持ちを納得させる。

青葉はそんな風に

思ったのかもしれません。

NEW GAME!!第6話予告より引用

葉月さんが言ったように

完全な出来レースですが

コンペが開催されることが

決定します。

全力で挑み、そして・・・

期限は1週間。

しかし青葉が四苦八苦する間に

どんどん時間が過ぎていきます。

そして青葉がたどり着いたのは、

楽しく描くということ。

ここで今回カットされたと思っていた

OPがかかる演出はいいですねえ。

いやがおうでも盛り上がります。

締め切りの前日、

泊まりこむことなった青葉は

コウさんが描いたキービジュアルを

見せてもらいます。

そして涙を流す青葉。

出来が素晴らしいこと、

自分では太刀打ちできないこと、

自分の絵がキービジュアルとして

日の目をみないこと、

その他いろいろな想いが

重なって涙を流したのでしょうね。

NEW GAME!!第6話予告より引用

Cパート。

コウさんが描いた

キービジュアルが

ゲーム情報誌の裏表紙を飾っており、

Bパートから時間がそれなりに

時間が過ぎたようです。

すべて納得し、

前向きに考える青葉。

ホント良い子ですわ。

発売までもう少し。

開発チームとしては

ここから地獄というところで

今回は終了です。

結構重いテーマでしたが

上手く処理したって感じですね。

やっぱり演出がいいですわ。

大きな問題も片付き、

あとは発売に向けて

頑張って開発するだけですね。

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・ねねっちのゲームが完成

・キービジュアルはコウさんが

・出来レースのコンペに全力で挑む

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする