信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~第45話「家に帰るまでが殿(しんがり)です」の感想 「秀吉が鼓舞して大変なことにw」

感想(ネタバレあり)

前回は

撤退する信長の前に現れた

朽木元綱を

松永久秀が説得(脅迫)して

味方にするお話でしたが、

今回は信長が無事撤退するために

朝倉軍の追撃を防いでいる

秀吉軍のお話です。

乱世は残酷

浅井家が裏切り、

信長が大敗したという知らせが

ようやく岐阜城にも届きます。

浅井家が寝返った結果、

琵琶湖東岸の情報網が寸断されて

おそらく琵琶湖西岸経由で

来たので遅れたのかもしれませんね。

そしてその知らせを聞いて

涙を浮かべる帰蝶さん。

たぶん浅井家に輿入れしている

義理の妹のお市さんのことを

自分の過去に重ね合わせたのかも

しれません。

帰蝶さんも

実の父である斎藤道三が

兄である斎藤義龍に討たれ後、

実家の斎藤家と敵対関係になったという

苦い過去があるので。

浅井家の裏切り、

信長の京都への撤退の報

と合わせて

秀吉が殿の大将を務めている

という情報が

前田利家の妻である松さん経由で

秀吉の妻であるねねさんの

耳にも入ってきます。

その話を聞き、

絶望したような眼になる

ねねさん。

ねねさんも武家出身であり、

殿の意味がわかっています。

殿は重要な仕事ではあるけど、

生還が望めない

人柱であることを。

さすがのねねさんも

秀吉はもう帰ってこないと

思ったのかもしれませんね。

殿の話を聞いた後、

軽口を叩くことさえ

できませんでしたから。

秀吉が珍しい事するから・・・

残った柵はあと1つ。

もう後がない秀吉軍。

軍師である竹中半兵衛は

まだ粘るか

それとも一気に逃げるかの

2者択一を提案します。

現在朝倉軍は

半兵衛の火計で

足止めをくらっており、

逃げようと思えば

逃げられなくもありません。

ただし1回逃げると

立て直すは不可能であり、

仮に朝倉軍に追い付かれた場合、

全滅は確実です。

思案する秀吉ですが

すぐに答えを出します。

逃げずに後1日踏ん張ると。

もしここで逃げてしまっては

本来の目的である

信長が逃げる時間を稼ぐということが

できなくなるかもしれないし、

ここまで粘ったのだから、

胸を張って帰れるように

頑張ると。

秀吉らしくない

良い言葉です。

でもらしくないことを言ったせいで

雨が降ってきてしまい、

朝倉軍を足止めしていた火が

消えてしまいます。

やっぱりギャグ要員が

真面目で良いこと言ったらダメですねw

進軍を開始する

朝倉軍。

大将である

山崎吉家と

真柄直隆は余裕が出て来たのか

自分たちの主君である朝倉義景のことを

褒め合います。

一般的に暗愚と言われている

朝倉義景ですが、

真柄が言う通り、

一向宗が多い越前国を治める手腕は

なかなかのものです。

実際朝倉家が滅んだあと、

義景に代わって統治した奴らは

一向宗の暴発を止めることができず

滅んでいますからね。

さあ、いよいよ最後の戦いです。

柵の後ろから攻撃する秀吉軍に対して

真柄は柵をぶっ壊し、

強行突入していきます。

そして真柄の前に立ちはだかる千鳥。

千鳥も忍者刀で応戦しますが

強烈な真柄の攻撃に

忍者刀がガラスの様に砕けてしまい・・・。

さあ千鳥の運命は如何に?

というところで今回は終了です。

前々回、

千鳥は真柄の蹴りを受けて

骨を折ったような描写がありましたが

あれは治ったのでしょうか?

次週、

いよいよ金ヶ崎撤退戦も終わりのようです。

さあ千鳥は無事帰還することができるのか?

次回も楽しみです。

今回まとめ三行

・浅井家裏切りの知らせがようやく岐阜へ

・秀吉のせいで火計がおじゃんに

・千鳥危機一髪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする