NEW GAME!!(2期)第5話「や、変なとこ触らないでよ!」の感想 「対話でアイデアが浮かぶこともある」

感想(ネタバレあり)

前回、

コウさんに代わって

ひふみさんがキャラ班のリーダーとなり、

また出資会社から

新作開発のゴーサインが

出たので

今回から本格的に

新作の製作が始まりますが

スンナリとは進まないでしょうね。

今回はどんなことが

起こるのでしょうか?

キャラ班リーダーとして

キャラ班リーダーとなった

ひふみさんは

その仕事の多さに

へこたれそうになりますが

気合を入れて

リーダーとしての

お仕事をやってきます。

そして最初の仕事は

キャラ班のスケジュール管理。

ゆんさんや青葉に

進ちょく情報を確認しますが、

コミュ障気味のひふみさんには

大変きついそうです。

こういうことこそ

メールで聞けばいいのに

と思わずにはいられません。

メールでは

人が変わったように

流暢な返しができるのだから。

さて、

ひふみさんから

進ちょく状況を聞かれた

ゆんさんは

仕事が終わりそうないのに

終わるようなことを

言ってしまいます。

結構こういうこと

言う人いますね。

実社会にも。

こういう風に言うことで

自分を追い込み、

そして奮い立たせ、

自分の宣言通り

仕事を終わらせる人もいますから、

非難しにくいのですよね。

その後、

間が悪くホントのことを言う

機会を悉く潰してしまいますし、

ホントのことを言えば

ひふみさんを悲しませると

余計なことを考えてしまうし。

NEW GAME!!第5話予告より引用

一応、

ゆんさんも

一生懸命頑張りますが

やっぱり駄目。

結果、

ひふみさんを失望させることに・・・

ならず、

逆にひふみさんに助言して貰ったり、

仕事の能率を上げるために

ショートカット教えてもらったり

至れり尽くせりに。

さらにある意味ご褒美も

貰ったし。

NEW GAME!!第5話予告より引用

しかしこういうことされると

ゆんさんは

さらに申し訳なくなって

結構つらい気持ちに

なっているようです。

何かゆんさんって

こういうことの繰り返しですね。

少しづつ変わってきているとは

思いますが。

さて、モーション班に在籍したまま、

企画にも携わっているはじめ。

今日も葉月さんから再考を

促されて意気消沈。

NEW GAME!!第5話予告より引用

葉月さんからは

身近な人間と話し合えばと

言われますけど、

言いだしにくいようです。

この辺はさっきのゆんさんと

重なりますが、

はじめは躊躇しながらも

ゆんさんや青葉に相談して

結果より良い企画を作ることに

成功します。

こういうところを見ると

はじめの方が

ゆんさんよりも柔軟で

仕事で成功するタイプだと

思えてきますわ。

そういえば、

青葉もキャラのデザインで

だいぶん困っていましたが

りんさんや葉月さんと

お話するうちにデザインが

浮かんでいきましたね。

結局良い仕事するには

対話が大事であるという

メッセージを

視聴者に伝えたいのでしょうか?

青葉はやっぱり悪魔だった

青葉やねねっちの同級生で

フランスに留学していたほたるんが

帰ってくることになり、

3人で温泉にいきます。

まさかこんな唐突に

サービスショットが入るとは。

NEW GAME!!第5話予告より引用

イーグルジャンプでは

自分が一番下っ端なため、

いつも一歩引いた感じの青葉ですが、

同級生の前では

ガラッとイメージ変えてきますね。

時々ひふみさんが想像する

イメージの中の青葉みたいにw

もしかして青葉って

ひふみさんがイメージするような

悪魔っ子なのかもw

まだ学生であるねねっちとほたるん。

それに対して社会人である青葉。

しっかりと夢を目標を変えた

青葉が一歩も二歩も先に進んでいるような

感じが出ていましたね。

もし自分がほたるんの立場だったら

嫉妬するかも。

青葉が眩しすぎて。

今回はここで終了。

今回は各キャラのらしさが

出ていて良かったですわ。

大きなハプニングも起こらなかったし。

でも次ぐらいで

大きな問題が起こりそうな気もしますね。

すんなり進んではストーリー的に

平凡すぎるので。

まあ、萌え系だから

すんなり平凡に進んだ方が

ハラハラせずに良いことは

良いのですけど、

同時に本作は

お仕事系でもありますからね。

今回のまとめ三行

・ひふみん、リーダーとして頑張る

・対話は重要

・青葉とねねっちの同級生が登場

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする