異世界食堂第6話「サンドウィッチ」「じゃがバター」の感想 「常連は自分の好物以外認めない」

感想(ネタバレあり)

1週間に1度の飯テロアニメ、

異世界食堂も今回で6回目。

今回のタイトルは

サンドウィッチと

じゃがバター。

じゃがバターはともかく、

サンドウィッチって

何を挟むかで争いが起こる

厄介な料理。

果たして店主は

どんなサンドウィッチを

作るのでしょうかね。

やっぱりサンドウィッチで言い争いが

ねこやの常連って、

みんな御贔屓の料理があり、

それが一番美味いと思っているので

別の料理の方が美味しいと

言われると黙っていられません。

今回もメンチカツとエビフライが

サンドウィッチにするなら

どっちが美味いか言い争いを

始めると、

他の常連客も次々に参戦し、

収拾がつかない事態に。

つ~か、

照り焼きチキンのおっさんまで

参戦するとは思ってなかったですわ。

あれはどちらかというと

サンドウィッチよりも

バーガーって思っていたので。

ただもちろん、

好物の料理がサンドウィッチの具に

できない常連たちは

言い争いを冷めた目で見ており、

自分たちの好物を楽しんでいます。

具体的に言うと

豆腐ステーキと

オムライスw

豆腐ステーキの場合は、

動物性のものは駄目なので、

バター使ったパンも当然駄目。

植物性の材料だけ使ったパンがあれば、

豆腐ステーキも論争に

参入したかもしれませんねw

あと豆腐ステーキさん、

ちゃっかり

ごはん(焼きおにぎり)の

テイクアウトを頼んでましたが、

焼きおにぎりの味気に入ったら、

ますますねこやから

離れられなくなるかも。

そういえば今回って、

今までに登場したキャラが

ほぼ総登場してましたね。

EDのクレジットに出ている声優さんの数が

凄く多かったですわ。

みんな売れっ子揃いで

今回はそっちだけで

かなり費用がかかったかもw

それと今回、

結局店主はサンドウィッチを

作りませんでした。

作ったところで

火に油を注ぐことになるので

自重するが一番の正解ですね。

まあサンドウィッチは

卵にマヨネーズまぜたのを

挟むのが一番ですけど。

 

異世界食堂第6話より引用

じゃがバターって簡単にできる?

ねこやの土曜営業は

赤さんにビーフシチューを

渡すことで終了。

これでようやく一息着けます。

そういえば今回って

OPの前にアバンがありましたね。

これまでの1話から5話までは

アバンなしのすぐOPのパターンでしたら

びっくりしましたわ。

今回はアバンからAパート、Bパート

通して、

ねこやの1日のドキュメントみたいな

作りを意図した感じがしますわ。

そうすれば無理やり

アレッタちゃんのサービスシーンを

無理なく入れることができますしw

さて、ジャガイモに

あまり良い思い出がない

アレッタちゃんのために

店主が教えたのは

ジャガイモを洗って蒸した

じゃがバター。

確かにせいろで蒸すだけ

ですので、

アレッタちゃんでも

簡単に作れそうですが、

異世界にせいろって

あるのでしょうか?

あと水だって、

キレイなやつじゃないと

いけませんし、

結構ハードル高いかも。

それはともかく、

じゃがバターの完成です。

異世界食堂第6話より引用

個人的には

皮はしっかりと剥がす派ですが、

これ剥がさない人も

結構いるみたいですからねえ。

アレッタちゃんは剥がさない派の

みたい。

そして笑顔のアレッタちゃんで

今回は終了です。

予想通り、

サンドウィッチで論争になりましたね。

あれって自分の好みこそ一番だと

みんな思うので

絶対に終結することないと思いますわ。

さて次回は

カレーライスとチキンカレー、

ようやくOPに出てくる

黒髪の子が登場するようです。

次回も楽しみですわ。

今回のまとめ三行

・今回はアバンでサービスシーンあり

・サンドウィッチで収拾付かない事態に

・じゃがバターおかわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする