信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~第44話「朽木の谷のモトツナ」の感想 「朽木元綱が寝返らなければ・・・」

感想(ネタバレあり)

前回、

朽木元綱の軍勢が出現し、

退却中の信長の前に立ちはだかります。

さらに信長と一緒に逃げてきた

松永久秀が一人朽木元綱の元へ。

もしかして

久秀裏切る気か?

今回はこの続きからです。

利家ちょろすぎw

一人朽木元綱の軍勢に向かう久秀。

どう見ても

信長を見限って

元綱の方に寝返るようにしか

見えません。

信長の配下である前田利家は

久秀に「裏切るのか?」と

直接聞いてみますが、

久秀の答えは

「元綱を説得しに行くだけ」

今までいろんな人間を裏切ってきた

久秀の言葉ですので、

さすがに利家も馬鹿正直に

信じたりはしません。

しかし久秀は

「わしは裏切らぬ。

利家の妻であるまつさんに誓おう」

と言ったら、

それを信じてしまう利家。

妻の名前まで出されて宣誓されたら

信じない訳には・・・って

利家ちょろすぎるだろw

久秀は東大寺の大仏殿焼いても

何とも思わない奴なのに。

さすがに信長が

ツッコミいれてましたがw

しかしここは信長も

久秀に掛けるしかありません。

信長軍は

バラバラで退却中のために

兵は少なく疲労しています。

とても朽木軍と正面切って

戦っても勝てる見込みがありませんし、

この朽木谷は

元綱の庭のようなところ。

元綱がどこに伏兵を忍ばせているか

わかりませんから。

久秀は元綱を説得(脅迫)することに

さて元綱と対面する久秀。

久秀はかなり親しげですが、

元綱は将軍家に仕えていたので、

先々代の将軍足利義輝を

操っていた久秀とも

面識があったのだと思います。

久秀と対面した

元綱は久秀に

浅井家の命令で

信長を討つつもりあると

話しますが、

それに対して久秀は

権威を用いて説得(脅迫)

を始めます。

信長は今回の朝倉攻めに

出陣する前に

帝と将軍に挨拶している。

つまり信長の後ろには

帝と将軍がついていると。

だから信長=官軍である。

もしここで信長を元綱が討てば、

元綱は帝と将軍に盾突いたことになり、

討伐の対象になるだろうと。

まあ冷静に考えれば、

挨拶だけで官軍はね~よw

せめて錦の御旗が信長に

与えられたとかなら

話は別ですけど。

でも都の情報に精通している

久秀が言っているので

田舎もんである元綱は

久秀が言っていることは

本当かも?と信じてしまいます。

そして最後のダメ押し、

久秀は当主と大事なのは

朽木家の家名を守ることではないかな

言って、

浅井家への義理に拘る元綱を

押し切ります。

これで信長は最大の危機を脱しました。

でも久秀が言った、

当主として大事なのは

家名を守るということは

そのまま久秀にも当てはまります。

最後の場面、

久秀は息子の松永久通に

もし元綱が寝返らなかった場合

どうしていたか?と問わると

顔色一つ変えず、

元綱に加勢して信長を裏切っていた

答えます。

松永家の家名を守るには

そうするしかないでしょうね。

今回はここで終了。

そういえば今回千鳥が

全く出ませんでしたわ。

次回は秀吉軍のことが

メインになりそうなので

千鳥は出てくると思いますけど、

怪我はどうなっているのでしょうかねえ。

今回のまとめ三行

・利家ちょろい

・元綱を説得(脅迫)

・信長は最大の危機を脱する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする