信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~第43話「真柄無双」の感想 「最後の最後で全部久秀が持っていったわ」

感想(ネタバレあり)

秀吉の軍師、

竹中半兵衛の作戦により

追撃してくる朝倉軍を

翻弄する秀吉軍。

信長が逃げるための時間を

稼ぎますが、

とうとう朝倉軍随一の

猛将真柄直隆が今回

本気を出すことに。

どっかのアニメの主人公?

遅延戦術が決まり、

思うように追撃できない朝倉軍。

しかし山崎吉家の作戦で

朝倉軍の主力は

前線で時間を稼ぐ明智光秀の

鉄砲隊を裏道通ってスルーして

一気に秀吉の本陣を攻撃します。

ここで大活躍したのが

真柄直隆。

2mに及ぶと言われる大太刀を

振り回して

敵味方区別なくぶった切る。

その姿はどっかの漫画の主人公

みたいですわw

まあどこ大名でも

こんな脳筋一人はいますからね。

真柄無双が続けば

秀吉軍にも馬鹿にならない犠牲が

出てしまいます。

そのため、

前線から千鳥が戻ってきて

真柄と一騎打ちをすることに。

身軽な忍びと

力で押しまくる脳筋武者。

どっちが勝っても不思議では

ありませんが

千鳥は真柄に蹴られた瞬間

手裏剣を真柄の顔をめげて放ちます。

さすが忍び、

こういう遠距離攻撃で仕留めるとは。

ともかくこれで勝負あり。

これで秀吉軍が反転攻勢に・・・

と思ったら、

千鳥が投げた手裏剣を

真柄は口で噛んで防いでるw

脳筋ってこんなことまで

できるのか( ゚Д゚)

一方の千鳥は

真柄に蹴られた際に

骨を折っており、

これ以上戦うことは無理。

助蔵の煙玉に紛れて

逃走します。

一方前線では

まだ光秀が鉄砲隊を率いて

時間稼ぎをしていますが、

朝倉軍の中入りが成功しそうなので

いずれ撤退しなければいけないでしょう。

すでの秀吉の本陣も

撤退を始めていますし。

あれ?あいつ裏切った?

秀吉や光秀が

殿として時間を稼いでいる頃、

信長は松永久秀を

伴って琵琶湖西岸を進んでいましたが

朽木谷のところで

領主朽木元綱が立ちはだかります。

朽木元綱はこの当時、

浅井家に服属しており、

信長からすれば敵対していることに

なります。

当然信長としては

朽木元綱を打ち破る

必要があるのですけど、

なぜか久秀が朽木元綱の元へ。

え?

ここに来て久秀が裏切った?

前々回、

「裏切りは計画的に」

とかドヤ顔で言ってた癖に。

( ゚д゚)ハッ!

もしかしてこのルート勧めたこと自体、

全部久秀の計画通りだったとか。

確かにここで朽木元綱と一緒に

信長を討ち取れば

その功績は並ぶものがいません。

そして信長を失った織田軍は

山城国や南近江を維持できないでしょうから

大和国を治める久秀としては

領地が切り取り次第になって

勢力拡大のチャンスとなりますので。

ここで裏切れば

久秀にはメリットばかり。

そりゃあ裏切りの名人たる

久秀だったら裏切りたいと

考えても仕方ありませんわ。

今回はここで終了。

果たして久秀はホントに

裏切ったのでしょうか?

また負傷した千鳥は

どうなるのでしょうか?

次回も見逃せませんわ。

まあ歴史知っていれば

久秀が何をするかわかりますけどね。

今回のまとめ三行

・真柄無双始まる

・千鳥敗北

・久秀が裏切った?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする