将国のアルタイル第4話「犬鷲の共闘」の感想 「ロットウルムの犬鷲対策はバッチリ」

感想(ネタバレあり)

前回

反乱鎮圧に尽力したにも関わらず

将軍位から

解任されてしまったマフ。

見聞を広めるため、

犬鷲のイスカンダルと共に

旅に出ることになりますが・・・。

密偵組織の長官は同郷人

放浪の旅の最初に訪れたのは

トゥグリル村。

ここはマフの生まれ故郷であり、

最愛の母親を失った土地でもあります。

村自体は復興してますが

マフ以外生き残りはいなかったので

当然マフの知り合いはいません。

だったら訪問する必要なかったんじゃ?

とも思いますが、

再び気を引き締めるために

ここを最初の訪問地に選んだのかも

しれませんね。

さて村の中央の

水が湧き出ている場所に

やってきたマフは

そこでザガノスから貰った

密偵との連絡を取る道具を

使うことに。

その道具を水に入れると

光が空高く伸びていきます。

また派手な連絡手段ですねえ。

それにこういうやつって

密偵が見ていない時は

どうするのでしょうか?

まあ、運よくこの光を

密偵が見ていたようで、

将国のアルタイル第4話より引用

この日の夜、

密偵がマフが泊まっている部屋に

やってきます。

密偵の名前はバルバトス。

どっかのガンダムと同じ名前ですけど、

当然関係ありませんからw

さてそのバルバトスから

密偵組織の長官たるスレイマンが

マフに会いたがっていることを

聞いたマフは

スレイマンと会うことにします。

そしてスレイマンとのご対面。

将国のアルタイル第4話より引用

実はスレイマンはマフと同じ

トゥグリル村出身者。

それを聞いてマフは警戒を解きます。

やっぱり同郷の出身者だと

それまで面識がなくても

懐かしさを覚えて

警戒しなくなるようです。

スレイマンも

マフとの会話を円滑にするために

わざわざ自分の出自を

言ったのかもしれませんね。

もちろんスレイマン自身が

同郷の人間に会って嬉しくなったという

可能性も否定できませんが。

スレイマンは

自分のことや

ザガノスとの出会いの話をしながら

密偵組織のことをマフに教えます。

ただこの話って、

情報が重要ということより

どれだけザガノスが優秀かということを

強調しているように聞こえましたね。

たぶん、

マフとザガノスを対比させて

現状マフはザガノスの

足元にも及ばないことを

視聴者に認識させることを

狙っているのでしょう。

そして放浪の旅で

経験を積んだマフが

将来的にザガノスを超える

可能性があることも。

敵だって学習する

ザガノスとスレイマンによって

大陸全土に張り巡らされた諜報網。

しかしそれも帝国のルイ大臣配下の

ロットウルムの暗躍により

壊滅寸前の状態まで追い込まれています。

そしてロットウルムの魔の手は

このトゥグリル村にも。

バルバトスに迫るロットウルム。

しかしバルバトスは元カリル将軍の元で

旗持ちをやっていた手練れ。

ロットウルムの暗殺者相手でも

遅れをとりません。

つ~か、

この暗殺者って

ヒザールで扇動していた

片目をマスクで隠している

姉ちゃんじゃん。

そしてバルバトス救援のために

マフとスレイマンが駆けつけて

これで3対3。

血気盛んなマフ君、

得意技の犬鷲アタックで

一気に勝負に出ますけど、

前回犬鷲に酷い目に合わされた

片目マスクの姉ちゃんは

しっかりと対策済。

将国のアルタイル第4話より引用

まあ痛い目にあったら

対策立てるのが普通ですからねぇ。

ワンパターンの攻撃では

ダメという訳ですわ。

犬鷲で一気に勝負を付けるはずが

逆に犬鷲に襲われる羽目になったマフ。

ブザマです。

形勢は逆転、

一気に不利になったことを悟った

スレイマンは

マフとバルバトスを連れて

いったん退却します。

でもロットウルムの狙いは

密偵の暗殺。

そのためには手段を選びません。

逃げたスレイマンたちを

呼び寄せるために

村に火を放ちます。

さすがに村を見捨てる訳には

いきませんので

ロットウルムの前に出てくる

スレイマンとマフとバルバトス。

ただし今度は

マフとスレイマンが連携して

ロットウルムを追い詰めます。

しかし片目マスクの姉ちゃんは

部下を犠牲のおかげで

死地を脱出して逃亡。

これで今回のバトルは終了です。

スレイマンは

片目マスクの姉ちゃんの部下が

自発的に犠牲になったような言い方を

してましたけど、

映像見る限りそういう風には

見えませんでしたね。

確かにイスカンダルと

カテリーナ(スレイマンの犬鷲)

の攻撃から

片目マスクの姉ちゃんを

守ってますけど、

その後は一緒に逃げ出そうとして

なぜか火が体に移って、

結果的に犠牲になったとしか

見えませんでしたから。

この辺の演出は

わかりにくかったです。

すべてが終わり、

スレイマンから自分の目で

外の世界を見て来いと言われたマフは

次の町に旅立ちます。

船で向かった先は

大陸最大の港湾都市

ポイニキア。

ここでマフはどんな経験を

積むのでしょうか?

今回はここで終了。

そして残念なお知らせが。

来週から世界陸上の放送があるので

2週間放送休止となります。

第5話の放送は8月18日。

続きが気になりますが

こればっかりは仕方ありません。

先が気になる方は

原作コミックスを買って予習するのも

いいかもしれませんね。

今回のまとめ三行

・最初の訪問地は故郷の村

・スレイマンとの出会い

・マフはコンビネーションを学んだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする