異世界食堂第3話「ミートソース」「チョコレートパフェ」の感想 「異世界で大ヒットしているパスタソースのネタ元は?」

感想(ネタバレあり)

1週間に1度の飯テロ、

異世界食堂です。

今回のテーマは、

「ミートソース」と

「チョコレートパフェ」。

洋食屋のメニューというより

喫茶店のメニューのような気もしますが

やっぱり今回も飯テロになりましたわ。

異世界の味で大儲け

アルフェイド商会。

それはパスタソースで確固たる地位を

築いた大商会。

このアルフェイド商会が販売している

騎士のソースはアレッタちゃんでも

味を知っているくらいですから、

異世界の民の間では

ポピュラーな味なんでしょうね。

そんなアルフェイド商会を

一代で築きあげたのがトマス。

このトマスが孫のシリウスを連れて

ねこやにご来店です。

しかし商会の倉庫にねこやのドアが

現れるなんて、

ホントこのドアは神出鬼没ですわ。

さてトマスは

自分が持ってきた大きな袋を

店主に渡すと

その代わりに店主から店を売り上げを

受け取ります。

実は店主が

自分の世界と異世界との

味のギャップが開かないように

異世界の野菜をトマスから仕入れて

研究しているようなのです。

洋食屋の店主なのに

そこまでするとは。

たぶん凝り症な性格なんでしょうね。

そうじゃなきゃ、

あんな大金はたいて

異世界の野菜なんて

仕入れないでしょうから。

さて、

いつものように

野菜のお礼に

一品サービスするという

店主の言葉に甘えて

トマスが注文したのが

コーヒーとミートソース。

そして勝手がわからないシリウスも

同じものにします。

シリウスの声を担当する

声優さんは

からあげ好きで有名な方なので

ここでからあげと言って欲しいと

思った人はたぶん私だけではないと

思いたいですw

先に出されたコーヒーを飲みながら

待つことしばし、

ミートソースの登場です。

異世界食堂第3話より引用

相変わらず

食事の描写も一級品ですなぁ。

フォークを使って美味しそうに

ミートソースを食べる2人。

シリウスは食べながら

あることに気付きます。

まあ、そういうことです。

トマスがパスタソースを

開発出来た理由は・・・

今回シリウスを

このねこやに連れてきたのは

シリウスに自分が担った役割を

任せるためなんでしょう。

死期を悟ったのか?

商会の更なる発展のため

シリウスの視点で商品開発を

させるためなのか?

はわかりませんけどね。

病気はどうなったの?

弱小だった帝国を

50年かけて復興した中興の祖、

ヴィルヘルム。

その孫娘であるアーデルハイドは

祖父に連れられて1度ねこやに

行ったことがありますが

それは夢か幻か判断がつかない

おぼろげな記憶。

祖父が逝去した後、

病気療養のために

別荘のような邸宅に滞在することになる

アーデルハイドですが、

かなり大変な病気のようです。

咳をしていたのでもしかして

肺の病気なんでしょうか?

そんなアーデルハイドが部屋にいる時、

唐突にねこやのドアが

部屋の中に出現!!

怖いもの見たさで

扉を開けてアーデルハイドご来店です。

おぼろげな記憶をたどりながら

雲を注文するアーデルハイド。

雲?

なんじゃそれ?

ですけど、

それで店主に通じるのですから

凄いですわ。

つ~か、

店主は祖父と一緒に来た

アーデルハイドのことを

覚えているようですし、

店主有能過ぎですわ。

さて待つことしばし。

出てきたのがこちら。

異世界食堂第3話より引用

どこが雲やねんw

まあたぶん、

アイスの部分のことを

雲と呼んでいるのでしょうね。

そういえば回想で

ヴィルヘルムが

冷たい雪を貯めこんだ

冬の雲って言ってたか。

おしとやかにチョコレートパフェを食べる

アーデルハイド。

上品に食べてる割には

ペースが早く、

すべて平らげてしまいます。

そして今回は店主のおごりということで

そのまま帰るアーデルハイド。

雲を食べたことで

気分がよくなったアーデルハイドは

庭で花を愛でてますけど、

病気ってもしかして気分でよくなるような

病気だったの?

Cパートでも

ねこやに行って

どのパフェを注文するかで

目をキラキラさせているし。

病気は気から。

それを暗示させるような

お話だったとさ。

今回はここで終了。

ホント安定してますねえ。

作画的にも

お話的にも。

次回はオムライスと

豆腐ステーキ。

ホントねこやって

何でも出すのですねぇ。

今回のまとめ三行

・パスタソースのネタ元はねこや?

・昔のことをよく覚えている店主

・パフェで病気治った?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする