異世界食堂第2話「メンチカツ」「エビフライ」の感想 「伝令も仕事を忘れてがっついてしまう美味さ」

感想(ネタバレあり)

今回のテーマは、

メンチカツとエビフライ。

どちらも夜見るには辛い

揚げ物コンビ。

ホント飯テロアニメだと

改めて思いましたわ。

爺さんの大好きだったメンチカツ

ウィリアム・ゴールドが残した日記に

書かれていた土曜の日。

それに導かれてサラ・ゴールドは

廃坑の中へ。

そこはゴブリンが住みつく

危ない場所。

サラは

ゴブリンを片付けて奥へ。

そして

昨日は確かになかったはずの

ドアを見つけるサラ。

そのドアを開けると

当然そこは洋食のねこや。

出迎えたアレッタちゃんに

ナイフを構えるサラ。

アレッタちゃんはびっくりしますが、

店主は全く動じません。

たぶんこんな客が多いのでしょうね。

変なところにドアが出現するので

誰もおっかなびっくり

警戒感モロ出しでドアを開けるので。

ここが飯屋とわかると

サラは注文することに。

メニューはしっかり東大陸語で

書かれているのでサラでも

読めるようです。

でも読めるのと

内容を理解するのは別。

そこでサラは

壁に掛かっていた黒板に書かれていた

日替わり定食を頼むことにします。

まあ無難なところですね。

どこの飯屋でも日替わり定食は

そのお店の得意な料理が

ラインナップされているのが

通常ですので。

でもこの日の日替わり定食が

まさかウィリアムが愛した

メンチカツだったとは。

これも縁というやつなんでしょうか?

そして出てくるメンチカツ。

異世界食堂第2話より引用

切った時にザクッという音が

たまりません。

ただこのメンチカツ、

中がちょっと白過ぎるような気が

しますねえ。

たぶん肉汁が溢れているのを

表現するためにかなり白く

したのでしょうけど、

メンチカツは

コショウと良く炒めた

豚肉が黒く光る料理だと

思っているので、

個人的にはもうちょっと

濃い色にしてほしかったです。

2皿平らげたサラに

メンチカツサンドを渡す店主。

サラの食べっぷりを見て

思わずウィリアムのために作っていた

お土産を作ってしまったようです。

そして店主はサラに

ウィリアムの最期について

聞くことに。

サラ曰く、

大往生だったらしいけど、

ここに来れなくなることが

心残りだったと。

ウィリアムゴールドは

サラのおじいちゃんだったんです。

ウィリアムは常連の間では

メンチカツばかり頼むので

メンチカツというあだ名が

ついていたようですが、

今回その孫がメンチカツばかり

食べていたので

どうやらサラのあだ名は

メンチカツ2世になりそうな気配。

もちろんまた来ればの話ですけど、

次の土曜の日も来るでしょうねぇ。

あの食べっぷりだと。

砦の危機>エビフライ

砦の主であるハインリヒの元に

西の大陸の剣豪タツゴロウが訪れます。

訪問した理由はハインリヒが

ねこやに置いていった剣を返すため。

そこからハインリヒの回想に。

砦の守備兵だったハインリヒは

伝令として砦の危機を城に伝える任務に

遂行しようとしますが、

途中で馬が倒れ、

さらに空腹で苦しみます。

そんな時目の前に小屋が。

でもその小屋のドアがw

まさか小屋のドアが

ねこやのドアとは。

緊急のために

料理と水を徴収しようとする

ハインリヒですが

ここが飯屋とわかり、

注文することに。

伝令として

急いでいるんじゃなかったの?

と言いたいところですが

腹が減っては云々ですからねえ。

そのハインリヒが頼んだのは

故郷でよく食べていたエビの料理、

エビフライ。

異世界食堂第2話より引用

そして一口エビフライを食べてみると。

まあ当然病みつきになりますわw

結局おかわりまで頼んで

大満足のハインリヒ。

しかしここで重大な事実に気付きます。

お金持ってないw

まさかの無銭飲食かよ。

まあ確かに鎧脱ぎ捨てた時に

金も一緒に捨ててましたもんね。

さあどうするハインリヒ?

このまま逃亡するか?

店主を脅してタダにしてもらうか?

ハインリヒの選んだ選択肢は

お金の代わりに剣を預ける。

おいおい、この先モンスターとかに

出会ったらどうする気だよ。

店主もツケでいいと

言っているのに。

変なところで生真面目ですねえ。

そしてその後、

ハインリヒは城にたどり着き、

伝令としての任を全うし、

その褒美として砦の主の地位に就きます。

これもすべて

あのエビフライのおかげ

なのでしょうか?

それはともかく

再びねこやを訪問するため

10日後あのドアがあった場所を

訪れますけど、

当然7日に1度しか出現しないドアは

ありません。

普通の人は

7日に1度の法則なんて知りませんからね。

諦め悪く毎日通った人間だけが

気付くことになるのですから。

まあ今回の場合は

ハインリヒに店主が7日に1回しか

ドアが出現しないことを

言ってましたけどw

それはともかく、

タツゴロウに誘われて

ねこやを訪れるハインリヒ。

当然注文するのは・・・。

ここで今回のお話終了です。

メンチカツとエビフライ。

洋食屋らしい料理で

どちらも音が良かったですねぇ。

今日どっとか食べようかしらと

思ってしまいますわ。

次回はミートソースと

チョコレートパフェ。

次回も飯テロになりそうな予感が

しますわw

今回のまとめ三行

・廃坑の奥にもドアが出現

・常連があだ名を付けるのが当たり前?

・ねこやはツケもOK?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする