がっこうぐらし!第6話「ようこそ」の感想 「めぐねぇがどうなったのかようやく語られる」

感想(ネタバレ)

先週で終わると思った過去の回想。

何と今週も続きます。

そして原作未読の視聴者が

一番気になっていたことも

今回明らかに。

薄々そうなんじゃないかと思ってたけど、

信じたくなかった。

その話が明かされます。

スポンサーリンク

ゆきちゃんの横には・・・

学園生活部の面々に救出されたみーくん。

まだいろいろ引きずっているようです。

そりゃあそうです。

親友に圭ちゃんがどうなったのか、

もしかして圭ちゃんがまたあそこに

戻ってくるかもしれないのに

自分だけ救出されて。

いろいろ頭に浮かんで当然です。

ただ圭ちゃんはたぶん・・・。

浮かないみーくんに対して、

全く空気を読まず(読めない?)

みーくんを連れまわす

ゆきちゃんとめぐねぇ。

しかしここである事実が

明らかになります。

みーくんには

めぐねぇが見えない

え?

そして唐突に語られる事実。

もうめぐねぇは

この世にいない・・・

まあそうではないかと

思っていましたが、

めぐねぇは学園生活部の面々を救うために

自分を犠牲になっていたのです。

でもその事実を

受け入れらないゆきちゃん。

そのためりーさんとくるみは

めぐねぇが生きているていで

ゆきちゃんに接しているのです。

くるみとりーさん優しいです。

ゆきちゃんの存在は大きい

そんなこんなで

みーくんも学園生活部のことについて

わかったところで、

ゆきちゃんがいきなり

体育祭をすることを提案。

でもこれも

「学園の行事を大切にすべし」という

学園生活部心得第5条に沿っているので

みんなで用意して参加します。

「考えてもダメ

身体を動かすのもダメダメ

そんなときに答えをくれるのがゆき」、

このくるみの言葉が心にしみてきます。

ゆきちゃんがいろいろ面倒事を

作っている一方、

ゆきちゃんのおかげで

みんなに笑顔が生まれる、

絶望の中でも

学園生活部の面々が精神崩壊せずに

生きていけるは

そんなことが影響しているのですね。

そして学園生活部に入部する

みーくん。

ここに学園生活部のメンバーが

そろったのでした。

EDで切なさと悲しさがこみ上げる

今回はここで終わり。

いつものようにED

と思ったら特殊EDです。

EDの最後で消えて行くめぐねぇ。

次回予告で

ゆきちゃんがめぐねぇに話しかけても

何もしゃべらないめぐねぇ。

何か寂しく悲しいです。

でも良い演出だと思います。

今回はみーくんメインの話だったはずですが、

めぐねぇのことの方が

印象に残った感じです。

次回は「おてがみ」。

どんなお話になるのでしょうか。

今から興味津々です。

今回のまとめ三行

・太郎丸に嫌われるみーくん
・めぐねぇはもういない
・みーくんが学園生活部へ入部

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする