信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~第40話「激震!!浅井家」の感想 「妻の実家より古くからの盟邦を選ぶ?」

感想(ネタバレあり)

今回から

第2期2クール目に突入した本作。

OPがリニューアルしましたが・・・。

うん、微妙。

今までのイメージと

曲も映像も

だいぶん変わってしまいましたわ。

たぶんこれから織田家が

大変なことになり、

内容が悲惨になっていくので

OPぐらいは楽しい雰囲気に

しようと考えたのかもしれませんが

イメージ壊し過ぎて

逆に興ざめしそうですわ。

次にリニューアルするときは

以前のような雰囲気の曲と映像で

お願いします。

まあ毎回聞いているうちに

慣れてくるでしょうけどね。

どうする浅井家?

織田家が越前国に

攻め入ったことを知った

浅井家。

浅井家は織田家と婚姻を

結ぶ際に

越前国を攻める場合は

浅井家の許可を得るようにという

条件を付けていたのですけどね。

たぶん信長とすれば、

浅井家に許可を求める段階で

情報が朝倉家に筒抜けになって

守りを固められると犠牲が増えてしまうこと。

また浅井家が許可を出さない可能性があること。

この2点を考えて、

浅井家に知られる前に

電光石火のごとく

一気に朝倉家を滅ぼそうとしたのでしょう。

滅ぼしてしまえば、

許可も何にも関係ありませんから。

それに信長は以前長政と対面した

印象から、

こいつは自分を裏切らないと

考えたのかもしれません。

ただ信長は浅井家と朝倉家の関係は

甘く見過ぎていましたね。

もともと南近江の六角家に

圧迫されていた浅井家が独立を

保てたのは朝倉家の支援があったから。

そのため浅井家の中には

未だに朝倉家を崇拝する勢力が

存在したのです。

そしてその頭目が

前当主である長政の久政。

前々の当主だった亮政や

現当主の長政に比べて

能力が残念だと言われている久政

ですが、

その権力は未だ健在。

長政の意向とは関係無く

朝倉家を助けるために

織田軍の後背を

攻めるつもりのようです。

そして自分がそれに反対を続ければ

浅井家が親織田派と親朝倉派に

別れて混乱してしまう。

悩んだ末、

浅井家を割らないため、

長政は久政の行為を黙認することに

決めます。

これにより浅井家と織田家の

手切れが決定的となったのです。

千鳥の報告で信長が動く

丁度浅井家を訪問していた

千鳥と助蔵。

どうやらこの2人も

朝倉攻めの話は

聴かされていなかったようです。

そんな二人に

お市さんは布に小豆を入れて

両端を縛ったものを渡そうとします。

いわゆる袋のネズミならぬ

袋の小豆で信長に危険を知らせようと

したのです。

でもそれを送るのを止めるお市さん。

甘いものが大好きな信長だったら

お市さんの謎かけを考えるよりも早く

小豆だけ食べてしまうだろうと

咄嗟に思ったのです。

まあ史実で有名な

この袋の小豆の話、

現在の研究では創作の可能性が

濃厚らしいですからね。

この辺は原作者さんが

上手く落としどころを見つけた

と思いますわ。

織田家の危機を

信長に伝えようと

小谷城を出ようとする

千鳥と助蔵。

しかし情報漏えいを恐れる久政は

近くにいた若い侍に

二人の殺害を命じます。

命じられた若い侍の名前は

藤堂高虎。

何度も主君を変えて

最後には大名にまで成り上がった

藤堂高虎がまさかこんな形で

出てくるとは。

ただ殺害は失敗します。

なぜなら織田家の心服する

遠藤直経が藤堂高虎を

吹っ飛ばして千鳥達が

逃げることができるように

手引きしたから。

遠藤直経からすれば

朝倉家に味方するなんて

愚の骨頂と思っているでしょうけど、

主家の決定を覆すことは

できません。

この後、遠藤直経は

浅井家の武将として

織田家と戦うことになります。

さて千鳥と助蔵は

越前国にいる信長の元へ

浅井家の裏切りを知らせます。

すぐに撤退の準備に入る織田軍。

さあ盛り上がってまいりました。

次回からいよいよ金ヶ崎の撤退戦が

始まります。

次回も楽しみですわ。

今回のまとめ三行

・朝倉と織田のどっちを選ぶ?

・小豆を贈ったら考えずに食べてしまう恐れが

・撤退を始める織田家

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする