異世界食堂第1話「ビーフシチュー」「モーニング」の感想 「週一14時間労働で銀貨10枚は高待遇」

感想(ネタバレあり)

さあ始まりました異世界食堂。

ハッキリ言って声優さん目当てで

見るの決めた作品です。

一応コミックス1巻買って

予習済みですが

コミックスの順番とは異なる順番で

進むようですね。

原作小説の順番なんでしょうか?

コミックスだと

ビーフシチューのやつは

コミックスでは後半ですし。

それと細かい設定は

今回ほとんど触れられず。

たぶん第2話以降

少しずつ明らかになっていく

手法なんでしょうね。

ナレーションとかで

一気に説明終わらせる方法も

ありますが

個人的にはストーリーの中に

少しずつ設定説明を入れてもらう方が

好きなので

できればそうやって欲しいですわ。

ビーフシチュー

普通の営業が終わった洋食のねこや。

なぜか変わった客たちが

いろいろな料理を食べています。

しかしこのシーン出てくるキャラの

声を担当する声優さん、

ホント豪華です。

変なところに金かけ過ぎですわ。

でもこのお客さんたち、

意外と後に

メインになったりするのかも?

さて他の客が帰った後、

一人の美女がねこやを訪れます。

名前は赤の女王。

前のシーンで映っていた通り、

巨大な赤い竜です。

大きな竜から人間の美女に変身するシーンが

ものすごくエロいですね。

声が伊藤静さんなので

さらにエロさに引き立ちという好循環。

キャスティングした人グッジョブですわw

さてこの赤の女王、

他の客がいる時に自分が入ってくると

他の客が驚愕するので

他の客が帰るまで待っていたようです。

意外と律儀ですねえ。

そんな彼女の目当てはビーフシチュー。

異世界食堂第1話より引用

これのために彼女は

窮屈なドレスを着て

ねこやにやってくるのです。

ホント美味しそうに食べますねえ。

そして1杯だけ足りる訳もなく、

でっかい鍋を持参している彼女。

それにいっぱいのビーフシチューを

詰めてもらいお持ち帰りですw

自分の住処に戻った彼女は

すぐに変身を解き

いつもの姿に。

そして長い舌で

チョビチョビビーフシチューを楽しみます。

うん、滑稽ですけど

微笑ましいですわ。

モーニング

午前4時。

店主が仕込みのために

店に出てきます。

店主って店の上に住んでいるのですね。

基本店と居住部分の行ったり来たりの

生活なんでしょう。

飲食店の店主は重労働で

休んでいる暇がないイメージがありますが

たぶんこの店主もそうなのかもしれませんね。

だから家に帰るのが面倒で

店の上の階を居住部分にしていると。

さてそんな店主が店に来ると

見なれない女の子が床に転がってます。

あれ?

空き巣?

と思ったらこの女の子、

自分の住処に突如現れたドアを

開き、

中からスープの良い匂いに釣られ

そのまま入ってきたようです。

そしてあろうことが

仕込んであったスープを

一人で平らげる暴挙にw

おいおい、

いくら美味しくても

全部はないだろw

さすがに太るし、

女の子には無理だと思いますけどねえ。

完全に窃盗ですが

この女の子、

アレッタちゃんの身の上話を

聞いた店主は

彼女を朝食に誘います。

誘うといっても

店主が作るのですけどね。

優しすぎですね店主。

でもアレッタちゃんの話を

聞いたら同情したくもなりますわ。

魔族というだけで

忌避されてウエイトレスの仕事を

追われて今は屋根のない廃墟を

住処にしているのですから。

さて、朝食のメニューは

いわゆるモーニングセット。

手際よく料理を作る店主に

目を身張るアレッタちゃん。

やっぱり異世界でも

料理ができる男子はモテるのでしょうか?

そして完成。

異世界食堂第1話より引用

なんかパンの縮尺間違っているような

気もしますが

美味しそうなのには変わりありません。

すぐにがっつくアレッタちゃん。

そりゃあお金なくて廃墟に住んでいるような

状態ですから仕方ありません。

その姿をみて不憫に思ったのでしょうか。

店主はこのアレッタちゃんを

雇用することにします。

条件は、

・週一14時間労働

・制服などは支給

・給料は1日銀貨10枚

・3食付き

異世界では破格の条件らしく

アレッタちゃんはすぐに飛びつきます。

そしてすぐに研修開始。

の前に、

さすがに汚れた服のままでは

飲食店で働かせるわけにはいけないので

シャワーを浴びさせることに。

前半に引き続き、

後半でもまさかのサービスシーンがw

飯で惹き付けるより

サービスシーンで惹き付ける気かよ。

そして店主が用意した

制服と靴をきて準備OK。

アレッタちゃん似合い過ぎですわ。

たぶんこれから店のマスコットガールとして

人気急上昇しそうな予感がします。

研修が終わって

寝床に戻ってきたアレッタちゃんは

疲れたのかすぐに寝てしまいます。

そんなアレッタちゃんの寝床の上空に

赤の女王さんが現れて

アレッタちゃんに加護をかけてあげます。

赤の女王は

アレッタちゃんが洋食のねこやで

働くことになった以上、

彼女も赤の女王の財産の一部になった。

だから他の奴がチョッカイださないように

アレッタちゃんに加護を掛けたのでしょうねぇ。

さて今回はここで終了。

テンポがいいのでストレスなく視聴できました。

私は録画したものを

朝見るのでいいのですけど、

深夜見るには酷な作品だと思います。

飯テロという意味で。

ありふれた洋食ですけど、

だからこそどこでも手に入り

食べたくなるのですよね。

これがソーマみたいに

簡単に作れそうにない料理だったら

ある程度我慢できますけど、

モーニングなんて材料があれば

誰でも作れますから、

余計大変ですw

次回はコミックス第1巻の最初に登場する

サラさんが登場するみたいですね。

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・料理が美味しくて客がいざこざをおこす

・ビーフシチューを独り占め

・異世界営業のためのバイトゲット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする