【漫画】賭ケグルイ第1巻の感想(ネタバレあり) 「欲しいのはゾクゾクする刺激?」

感想(ネタバレあり)

本日(2017年7月1日)からアニメが始まる

賭ケグルイ。

丁度Amazonで無料配布していたので

読んでみました(現在無料配布は終了しております)。

学校自体が狂ってる

物語の舞台は

私立百科王学園。

この学校では

お金を賭けたギャンブルが

奨励されており、

ギャンブルに敗北し

莫大な借金を負ったら、

人権さえもなくなってしまうという

狂った設定です。

まあ人権云々は

漫画やアニメでは

よくある設定ですけどね。

冒頭、

鈴井涼太はクラスメートの

早乙女芽亜里とポーカー勝負の

真っ最中。

でも馬鹿正直な涼太はあっさり

敗北して

家畜階級に転落決定です。

それからは苦難の日々。

涼太は

芽亜里だけでなく

学校中から人と扱われなくなり、

パシリ、カツアゲ、そして人間椅子と

何でもかんでもやらされる毎日。

そんなところに転校してきたのが

本作の主人公

蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)さん。

笑顔が素敵な

ほんわか系の美女。

ラノベに良く出てくる

テンプレみたいな優しい

ヒロインタイプの子ですね。

見た目は。

一応対外的には学級委員長である

涼太は学校を案内する過程で

夢子さんとお近づきになります。

まあこれで涼太も少しだけ

運が向いてくることに

なるのですけど。

次々とギャンブル勝負が

笑顔が素敵なほんわけ系の転校生。

おそらくクラスメートは

鴨が葱を背負ってやってきたと

考えたはず。

見た目だけは良い

芽亜里はさっそく

夢子さんに近づき、

ギャンブル勝負をする機会を得ます。

この芽亜里、

すでにクラスメートの3分の2を

自分の影響下に置いており、

その力を使って夢子さんに

痛い目見せるつもりでしたが

ギャンブル勝負の中盤に差しか掛かった時、

夢子さんの本性を目撃することに

なります。

お嬢様のにこやかな笑顔が

ゾクゾクするようなお顔に変身。

夢子さん、

勝つか負けるかわからない

勝負をすることに執心する

生粋のギャンブラーだったのです。

わざと隙を見せて

芽亜里がどのような

イカサマをしているか

看破した夢子さん。

それを利用して芽亜里に

あっさり勝利。

哀れ芽亜里。

それからは転落の人生に

陥ることになります。

高飛車なお嬢様タイプの

芽亜里がどんどん転落している姿は

私たちの中に潜む

S心を大いに満足させてくれると

思いますわ。

さて芽亜里に勝利した夢子さんの噂は

瞬く間に広まります。

出る杭は打たれる

という訳ではないでしょうけど、

この後夢子さんは

生徒会役員とギャンブル勝負を

連戦することに。

第1巻は西洞院百合子との勝負が終わり、

どんなイカサマがなされたのか

夢子さんが推理したところで終了です。

終わりに

下手すれば天然系にも

見える夢子さん。

でもギャンブル勝負始めたら

ドS全開で相手を煽ることを

躊躇しません。

天性の勝負運と感で

勝利する姿(顔)は

見てるこっちもゾクゾクしてきます。

どっかの感想で

この漫画は顔芸漫画だというのが

ありましたが

確かにその通りですね。

勝つ方も負ける方も

良い顔してくれますよ。

あと夢子さん、

完全無敵ではありません。

第1巻では大勝負で負けてますし。

単純な俺つえ~っという訳ではないので

ハラハラドキドキ感味わえると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする