特番「ノーラジオ・ノーライフ」 “さぁ――生でゲームをはじめよう”第2回の感想 「ラーメンの具と言ったらメンマ」

感想(ネタバレあり)

ノゲラジのニコ生特番2回目です。

今回もかやつぐコンビが登場という話ですが

今日(6月23日)の昼に更新された

ノゲラジ3回目を聞いた限り、

ゲストが来るのがほぼ確定。

果たして誰が来るのでしょうか?

と思ったら、

番組始まる前にゲストさんが

バラしているやんw

https://twitter.com/Suzuki_Konomin/status/878139522424291333

そして劇場版の公式さんも

まあ第1回のリアクションから

まずゲスト来るなら鈴木さんだと

思っていましたけどねw

嫌な思い出はつぐつぐが塗り変える

いつものようにゲーム対決から。

今回のゲームは棒取り(?)ゲーム。

ルールをあんまり把握してない松岡さんは

勢いだけでプレーし、

当然ごとく敗北です。

もうこの流れ何回目だw

そしてそのままオープニングトークへ。

お話は今日の昼に更新された

ノゲラジ3回目のことになりましたが、

「ゆかちとのラジオどうだった?」という

茅野さんの質問に対して、

松岡さんは一瞬の沈黙を作ってしまい

すぐに茅野さんにツッコまれます。

別にラジオの感が鈍ったという訳でなく

どう言えばいいのか

本当に迷ったのでしょうね。

変なことを言えば井口さんに

迷惑かかるかもしれないので。

その流れで今回のニコ生特番の前に

かやつぐでノゲラジ撮ったことが

明らかに。

前回のニコ生以降に起こったことが

トークされているそうで

ホント楽しみです。

配信はどうやら7月14日、

劇場版の公開前日になりそうです。

話はまたノゲラジ3回目の話に

戻って井口さんからの申し送りのことに。

井口さん、

このニコ生特番で

松岡さんと茅野さんが

それぞれ愛称で互いを呼び合うことを

申し送りとして残していたのです。

さっそくどういう呼び方にするか

話し合いますが

その間コメント欄には視聴している人が

好き勝手に呼んで欲しい愛称を書いて

すごいことにw

不倫理くんとか絶対にダメだろw

結局井口さんが候補として挙げていた

「つぐつぐ」と「あいあい」に落ち着きますが

茅野さん、

このあいあいのという

呼び方に嫌の思い出があるそう。

茅野さんの名前は愛衣。

だからあのお猿さんの歌に引っ掛けて

いろいろ言われたらしいのです。

そういう話があったので

茅野さんがあいあいを拒絶するかと思ったら

今回松岡さんがあいあい呼びをすることで

嫌な思い出を良い思い出に

塗り変えてほしいと。

松岡さん信頼されていますね。

でもできればこのセリフ、

松岡さんの方から聞きたかった。

裏話という名の失礼な過去の話

さて冒頭のゲーム対決に敗北した

松岡さんには

いつもように敗者のルールが課されます。

今回のルールは、

「ゲストにとっておきの質問をする」

これは松岡さんでも

大丈夫な気がしますわ。

松岡さんもすぐに

YESボスと言ってましたから。

そしてここで小規模な

インフォメーションコーナーが入ります。

いしづか監督が

アメリカでアニメエキスポに出るとか、

7月15日舞台挨拶があるとか、

第1周目の来場者特典が

書きおろし小説+漫画だとか、

ノゲの原作6巻のカバーが

劇場版仕様になるとか

そういう話が出ていました。

詳しくは公式サイトで確認してください。

インフォメーションが終わったら

ジングル挟んで今回のゲスト、

劇場版の主題歌を歌う鈴木このみさんが

登場です。

かやつぐとは

某さくらのアニメからの

お付き合い。

かやつぐがどんどん人気声優に

なっていくのに合わせて

鈴木さんも

若手アニソンシンガーとして

不動の地位を築きましたよね。

そんな鈴木さんは今年20歳。

自分と10歳差であることの驚く松岡さん。

この後、

自分は涙腺が弱くなったおじさんと

自分を卑下してましたが

これがきっかけだったのでしょうね。

ちなみにそれに合わせて

茅野さんも自分のことをおばさんと

自称してました。

さて松岡さん、

なぜか鈴木さんに昔言った

ことをここで明らかにします。

さくら荘のイベントの時、

バックヤードで松岡さんは

鈴木さんに対して、

「本当に歌上手いですね」

と聞いたらしいのです。

もうプロデビューしていた

鈴木さんに対してよくそんなこと

言えたもんだ。

さすがに松岡さんもその後

反省したそうです。

この話、

鈴木さんも覚えていたらしく、

あの松岡さんの質問で

緊張が解けたとしっかりフォロー

してくれてました。

鈴木さん、良い人ですねえ。

そこから鈴木さんが

テレビアニメ版の主題歌であるThis gameや

劇場版の主題歌THERE IS A REASONのことを

話すことに。

THERE IS A REASONは

鈴木さん歌う曲の中で

あんまりないタイプの曲であることや

愛がテーマであることを話していました。

そして鈴木さんが十分に曲のことを話したと

判断した茅野さんは

ここで松岡さんに質問するように振ります。

それに応えて松岡さんが質問しますが

ちょっと漠然としてて

どう答えたらいいか迷うようなものに。

そこですかさず分かりやすいように

茅野さんがサポート。

さすが元祖介護役。

タイミングばっちり、

意訳ばっちりですわ。

そして鈴木さんが話始めるですが

いつの間にか端っこに寄っていっている

松岡さんを茅野さんが窘めます。

ここはホント母と息子って感じです。

いつものやつ

ジングル挟んで

いつものレギュラーコーナーです。

まずはコミュ障脱却プログラム。

今回は松岡さんも

それほど嫌がっていないような気がします。

もしかして

この特番の前に撮った

ノゲラジで上手くいって

上機嫌なんでしょうか?

1本目は該当インタビューを

上手く終わらせる方法。

これは女子つぐならぬ、

カマつぐを楽しむことができますので

是非自分で視聴してください。

そして2本目。

お題はストリートミュージシャンの

CDを買おうとしたら持ち合わせが

少なくて買えない場合どうするかというもの。

ここで茅野さん、

何を血迷ったのか

退場した鈴木さんを呼んで

即席の路上ミュージシャンコンビを

結成します。

なぜかギャル語で喋ってますけどw

さてこのお題に松岡さんは

どうしたかというと

最初ファンであることを強調し、

さらにお金で応援するのは

ファンじゃないとか言いだして

そのまま逃げきろうとします。

しかし松岡さんの意図を察知した

茅野さんが逃げ道を塞ぐような

ことを言いだします。

この辺は茅野さん上手いですわ。

長年コンビ組んでいるので

松岡さんが意図していることが

手に取るようにわかるのでしょうね。

困った松岡さん、

最後の手段とばかりに

大声だして

誤魔化すパターンを発動w

近所迷惑過ぎるわw

さらに鈴木さんと茅野さん、

完全に引いてますw

でも引くぐらいのことを

しでかすまで追い込んだの

茅野さんですからねw

次は空白は二人の一つのコーナー。

今回も5問出題されましたが

一致したのは全部4問。

今回も惜しかったですね。

そういえば2つ目か3つ目の問題で

ラーメンの具と言ったら?という

問題が出たのですけど、

二人の答えはメンマ。

やっぱり二人ともあの作品を

思い浮かべたのでしょうねえ。

あとこのコーナーの終わりに

パンダの赤ちゃんがすくすく育ってくれればいいと

茅野さんが言ってましたが

これは問題の中にパンダと答えるものが

あったからですからね。

別に何か深い意図とかありませんからね(たぶん)。

鈴木さんはやっぱり上手い

次はライブパート。

何と鈴木さんが生で

This game歌ってくれたのです。

流石プロのシンガー、

生歌なのにホント上手いです。

かやつぐの二人も

自分たちの番組だということ忘れて

楽しんでいましたし、

最後には来て良かったとまで

言ってましたw

あと鈴木さん、

歌い終わった後に

ちゃっかりコンプリートアルバムの宣伝を

自然な形で入れ込んでましたね。

違和感なく宣伝入れてくるのも

上手いと思いましたわ。

終わりに

今回はここで終了。

前回のニコ生特番より

二人の距離がだいぶん近くなっていて

見ていて楽しかったです。

コーナーの爆発力は

第1回目に譲りますけど、

かやつぐの親しいところが

見れた今回の方が

個人的に満足感が高かったです。

タイムシフト予約している方は

是非もう一度視聴しましょう。

また予約してない方も

ニコニコの有料会員の方は

1週間タイムシフトで視聴することが可能。

どうしてももう1度視聴したい方は

有料会員になりましょう。




まあ今月は

松岡さんが出演する

エロマンガ先生の特番もありますので

追い出されて

また入るのが面倒と思うなら

有料会員になってもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする