それが声優!第6話「PV撮影」の感想 「キャスト変更でどん底の双葉は先輩の話で復活す」

感想(ネタバレあり)

今回のメインの話は

新曲のPV撮影のはずですが、

どうしてもスパイラルカフェの

キャスト変更の方に目が行ってしまいますね。

この作品はずっと双葉が関わってい他作品。

ずっと原作を買っていて

双葉はアニメ化することを

ずっと夢見てましたからね。

それが自分の役だけキャスト変更。

まだ他の役の人も総とっかえなら

まだ双葉も納得したかもしれませんが

変更されたのは双葉だけ。

さらに追い打ちをかけたのが

結果的に双葉の役を奪った形に

なったのがりんちゃん。

そうとは知らず

双葉の前で自分が役を貰った話を

してしまって・・・。

売るためにはキャスト変更も当たり前

このキャスト変更の話って確か

原作者の浅野さんの実体験が元ネタと

どっかで読んだ気がしますけど、

ホントにきついですね。

制作側としては

売れるためにキャスト変更していると思いますが、

声優側としたら自分が育てた自分の分身が

奪われる気分だと思いますので。

実際私もサラリーマンしているときに

立ち上げから関与している仕事を同僚に渡したとき、

業務命令なのに奪われたって気持ちに

なったことがありますから。

またりんちゃんの方もきついです。

だって親友の役を奪った形ですから。

「こんなこと普通」と思える

メンタルだったら良いのですが、

優しいりんちゃんでは無理。

案の定双葉だけでなく

りんちゃんもおかしくなります。

その一方でいつも通りのいちごw

どうやら食品工場を首になった後

ガードマンのバイトについたみたい。

ガードマンって時間経つのが

遅く感じますので

結構苦痛なんですよね。

声優は夢を見せる側である(名言)

さて落ち込んで

新曲の自主練習も休んでしまった双葉ですが、

事務所の先輩の汐留ヒカリさんに相談します。

汐留さん曰く、

夢を見るのはお客さん。私たちは夢を見せる、それが声優

だそうです。

まさにプロのお言葉。

名言頂きました。

この名言のおかげで双葉が立ち直ります。

双葉が声優として一段階成長した感じがしますね。

そしていつの間にか終わっているPV撮影。

ついでに8月発売が延期。

こういうのも業界ではよくあるのでしょうね。

そういえば今回の本人キャストは

釘宮理恵さんでした。

さらっとした出演で

もう少しメインの人達に

絡んでほしかったです。

あと今回EDが

いつものやつでは無かったです。

個人的にはラジオ風のEDが

毎回楽しみだったのでちょっと残念。

今回のまとめ三行

・デビュー曲の曲名は耳の中へ

・アニメとドラマCDではキャストは変わる?

・双葉がやっていた役がりんちゃんに変更

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする